2019年06月15日

「女の機嫌の直し方」男女脳の違い研究、トラブル解決 結婚式コメディー

1.jpg

 大学で人工知能(AI)を研究する真島愛(早見あかり)は、「男女脳の違いによる女の機嫌の直し方」をテーマに卒業論文を執筆している。データを集めるため、結婚式場でアルバイトをスタート。上司のウェディングプランナー・青柳誠司(平岡祐太)とある結婚式を担当し、控室に顔を出すと、新郎・北澤茉莉(松井玲奈)と新郎・悠(佐伯大地)の間にトラブルの予感──。

 黒川伊保子の同名ベストセラーが原案のコメディー作品。全3回のテレビドラマを、劇場映画版として再編集した。監督は日本テレビでバラエティー番組を中心に担当する有田駿介。

2.jpg

 結婚式場を舞台に、式直前にトラブルを抱えた新郎新婦。火種は招待客、新郎の母らに飛び火し、最悪な状態に陥るが、「男女脳の違い」を最新AIで研究した愛が次々と問題を解決していく。

 時間を上手に前後させ、ほぼ全編式場内だけで話を進める構成が秀逸だ。結婚式が進む様子をメーンに、トラブルの原因が回想として織り込まれる。トラブルのエピソードはそれぞれよく練られている。

3.jpg

 披露宴の直前に汚れてしまったウェディングドレス。新郎の同僚・小早川梓(水沢エレナ)の突然の余興拒否。めでたい席で熟年離婚の危機に陥る新婦の叔父(金田昭雄)と叔母(原日出子)。優柔不断な新郎・悠のせいで起きる新婦・茉莉と新郎の母・晴美(朝加真由美)の女性同士のバトル。さまざまなパターンで男女脳の違いを示す。

 バラエティー番組で培われた有田監督の演出は、ツボを押さえて小気味良く、笑いと涙のバランスもいい。アイドルグループ「ももクロ」の早見あかり、「SKE48」の松井玲奈が、女優としてめざましい成長を見せる。朝加真由美、原日出子、金田明夫らベテランがドラマをうまく引き締めている。

(文・藤枝正稔)

「女の機嫌の直し方」(2019年、日本)

監督:有田駿介
出演:早見あかり、平岡祐太、松井玲奈、佐伯大地、水沢エレナ

2019年6月15日(土)、ユナイテッドシネマアクアシティ台場ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://kigen-movie.official-movie.com/

posted by 映画の森 at 10:36 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする