2019年05月21日

「貞子」中田秀夫監督、14年ぶりに貞子の恐怖を描く 「リング」シリーズ原点回帰

1.jpg

 心理カウンセラーの秋川菜優(池田エライザ)のもとに、記憶喪失の少女が入院してくる。少女は、1週間前の公営団地放火事件の容疑者・祖父江初子(ともさかりえ)が、人知れず生み育てた子供だった。少女と真摯に向き合う菜優だったが、次第に周囲で奇妙なことが起き始める──。

 鈴木光司原作の映画「リング」シリーズ最新作「貞子」。「リング」(98)、「リング2」(99)、ハリウッド版「ザ・リング2」(05)の中田秀夫監督が14年ぶりに貞子の恐怖を描いた。原作は鈴木の「タイド」だが、映画版はほぼオリジナルストーリー。

 「そのビデオ映像を見た者は7日後に死ぬ」。都市伝説「呪いのビデオ」の恐怖を描いた「リング」シリーズ。時代が進み映像技術は進歩し、ビデオは姿を消して動画配信へ変化。「撮ったら呪われる」に変わった。さらに「見た7日後に死ぬ」もなくなり、一度貞子に見入られた者は死から逃れられない。呪いの「新ルール」のもとで物語は展開する。

2.jpg

 注目すべきは中田監督の帰還に加え、「リング」、「リング2」で貞子の呪いを逃れた佐藤仁美が、同じ倉橋雅美役で20年ぶりに登場したことだ。「リング2」で雅美は呪いから逃れたものの、精神を病んで病院に幽閉された。今回は雅美のその後が描かれる。高校生だった雅美は中年になり、病院の心理カウンセラー・菜優に執着。ストーカー患者として現れる。新作が旧作とリンクする仕掛けだ。

 さらに、貞子と対になる少女(姫嶋ひめか)が登場する。放火事件で助かった少女は、貞子と同様に戸籍がなく、名前も言えぬ記憶障害。怒りの力で物を動かす超能力・テレキネシスを持っていた。怒りの念力で人を殺す子ども時代の貞子を彷彿させる。ここ数年の「リング」シリーズの焦点は、貞子の恐怖に特化していたが、久々にその原点になる超能力者が現れた。

3.jpg

 少女が暮らした公営団地の部屋は、放火事件後にネットで心霊スポットと名指しされた。一攫千金を目論む菜優の弟でユーチューバーの和真(清水尋也)は、肝試し動画を撮るために放火現場に無断侵入。しかし、無人の部屋で自撮りする和真の背後に、髪が長く白いドレス姿の貞子が写り込んでいた。その後、和真は行方不明となり、菜優は和真の相談相手だった石田(塚本高史)と弟の行方を探す。

 98年にスタートした「リング」シリーズは、続編「らせん」(98)、映画版続編「リング2」と展開。前日譚「リング0 バースディ」(00)、ハリウッド・リメイク版3本も派生させながら、最近では「貞子3D」シリーズや「貞子vs伽耶子」(16)などイベント的な作品も生まれた。いわば貞子の独り歩き状態だったが、今回の「貞子」は中田監督が本領発揮。時代を象徴するSNSを物語に取り入れながら、派手なCGを使わず、アナログ的な王道演出。観客を恐怖に陥れる正統な作風だ。

 物語の根底に流れるのは家族愛だ。「リング」では家族の呪いを回避するため主人公があがいた。「貞子」では呪いで行方不明となった弟を救うため姉が苦しむ。一方、超能力を持ってしまった少女の苦しみと悲しみ、貞子生誕の地・伊豆大島の洞窟内“賽の河原”のクライマックスも必見。長きに渡る「リング」シリーズが本道に戻り、原点回帰を試みた作品である。

(文・藤枝正稔)

「貞子」(2019年、日本)

監督:中田秀夫
出演:池田エライザ、塚本高史、清水尋也、姫嶋ひめか、桐山漣

2019年5月24日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://sadako-movie.jp/

作品写真:(C)2019「貞子」製作委員会
posted by 映画の森 at 14:03 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする