2019年02月14日

「女王陛下のお気に入り」18世紀イングランド王室、女3人の愛憎劇 古典的な物語、斬新な撮影技術で

1.jpg


 18世紀初頭、イングランド。ルイ14世のフランスと戦争中の女王のアン(オリビア・コールマン)を、女王の幼なじみのレディ・サラ(レイチェル・ワイズ)が操っていた。そこにサラの従妹の没落貴族、アビゲイル(エマ・ストーン)が、召使いとしてやってくる。サラに気に入られ、侍女に昇格したアビゲイルに野望が芽生える──。

 気まぐれで病弱、頑固に国を守るアン女王。女王の寵愛を受けるサラ。サラの立場を奪おうとするアビゲイル。女3人の争いを、きらびやかな衣装と豪華な宮廷セットで描く。監督は「ロブスター」(15)、「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」(17)のヨルゴス・ランティモス。ギリシャ生まれの奇才だ。

2.jpg

 史実をベースにしつつ、女王の威厳ある話は描かない。取り巻く侍女たちの腹黒い思惑をシニカルに表現する。女王の気まぐれに振り回されながら、サラは裏で彼女を操り、愛人にもなっている。二人の絶対的な関係に割って入るのがアビゲイルだ。若さと美貌でサラに取って代わろうと、裏工作をしながらタイミングをうかがい、ついにチャンスが訪れる。

 古典的なストーリーに対し、撮影方法は斬新だ。自然光やろうそくの明かりを使い、観客が宮廷内部をのぞき見るしかけになっている。画角が180度を超える魚眼レンズや広角レンズ。360度の撮影技法「ヴィプ・パン」により、素早い平行移動でカメラをパン。カット割りはせず、複数の人物が向き合う様子を、ワンカットでとらえている。

3.jpg

 さらに、カメラの振動を抑える特殊な装置「ステディカム」で、宮廷や屋外を左右対称な構図でとらえる。「シャイニング」(80)の移動シーンで、スタンリー・キューブリック監督が用いたことで知られる技法だ。動きのある移動が、幻想的で浮遊感を持つようになる。古典的な物語から古臭さを払拭したのは、そんな技術にあるだろう。

 主役の女性3人のうまさも際立つ。わがままで気難しく、病弱な女王役のコールマン。クールな美貌と気品で女王に愛されるワイズ。若さ、野心、行動力、計算高さを併せ持ったストーン。アンサンブルが絶妙である。

 年明けから米ゴールデングローブ賞、英アカデミー賞と、賞レースで快進撃を見せてきた。2月下旬の米アカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演&助演女優賞など10部門で候補になっている。豪華絢爛な愛憎劇に注目だ。

(文・藤枝正稔)

「女王陛下のお気に入り」(アイルランド・英・米)

監督:ヨルゴス・ランティモス
出演:オリビア・コールマン、エマ・ストーン、レイチェル・ワイズ、ニコラス・ホルト、ジョー・アルウィン

2019年2月15日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.foxmovies-jp.com/Joouheika/

作品写真:(C)2018 Twentieth Century Fox

posted by 映画の森 at 15:21 | Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする