2019年02月10日

「洗骨」沖縄に残る弔いの風習、ゴリこと照屋年之監督が映画化

1.jpg

沖縄の離島・粟国島に住む新城家。母・恵美子(筒井真理子)が亡くなり、島を離れていた息子と娘が帰ってきた。東京の大企業で働く長男の剛(筒井道隆)と、名古屋で美容師をしている長女・優子(水崎綾女)だ。恵美子の葬儀は終わったが、父・信綱(奥田瑛二)は酒を飲んで悲しみを忘れようとし、剛に愛想を尽かされている。島に残る習慣「洗骨」が近づき、家族はそれぞれの思いを抱いていた──。

 お笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリこと照屋年之が監督・脚本を担当した「洗骨」。25分の短編「born、born、墓音。」(16)の長編化だ。「洗骨」は、土葬や風葬で遺体が骨となった後、海水や水、酒で洗い、再び埋葬する風習という。

2.jpg

 照屋監督は06年、短編「刑事ボギー」でデビューした。短編8本と長編「南の島のフリムン」(09)を経て、満を持して演出したのが「洗骨」だ。沖縄県出身の照屋にとって必然に向かい合うべきテーマだったのだろう。ドラマは葬式で幕を開け、悲しみに暮れる家族とは対照的に、ほのぼのとしたご近所さんとのやり取りが笑いを呼ぶ。笑いの間合いが良く、楽しいシーンはコントのようだ。

 苦労人の長男・剛、妊婦の長女・優子、酒浸りで無職の父・信綱。葬儀の4年後、再び家族は島に集まった。剛は父を許せず、父と息子の軋轢は家族崩壊の危機さえ予感させる。

3.jpg

 しかし、監督は険悪な空気を和らげるように、鈴木Q太郎演じる美容師・神山を投入する。優子を妊娠させた張本人で、信綱に結婚を認めてもらうため島に来たのだ。Q太郎はお笑いコンビ「ハイキングウォーク」の芸人。ロン毛に口ひげをたくわえ、島では浮きまくる。空気が全く読めない男だが、憎めないキャラでガス抜き的な存在になる。

 バラバラになりかけた家族をつなぎ、物語を引き締めるのが信綱の姉・信子役の大島蓉子だ。どこまでも情けない信綱に代わり、場を仕切り、おろおろする男たちを大声で叱咤する。たくましい叔母さん役の大島が、情けない奥田の演技を引き立てた。

 家族は感情をぶつけ合い、荘厳な「洗骨」を迎える。親族が集まり、風葬された美恵子がいる場所まで道具を運ぶ。しかし、厳かな儀式は、予想外のハプニングで、とんでもない展開になってしまう。

 離島に伝わる風習を通して、家族という名の命のバトンがつながれる。監督はユーモアを交え、笑いと涙をバランス良く配合。感動的なドラマに仕上げた。

(文・藤枝正稔)

「洗骨」(2018年、日本)

監督:照屋年之
出演:奥田瑛二、筒井道隆、水崎綾女、大島蓉子、坂本あきら

2019年2月9日(土)、丸の内TOEIほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://senkotsu-movie.com/

作品写真:(C)「洗骨」製作委員会


posted by 映画の森 at 22:18 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする