2019年01月31日

「バーニング 劇場版」村上春樹の原作、韓国イ・チャンドン監督が映画化 探究心くすぐる濃密推理劇

1.jpg

 運送会社アルバイトのジョンス(ユ・アイン)はある日、幼なじみのへミ(チョン・ジョンソ)と再会した。二人は一度だけ肉体関係を持ち、へミはアフリカへ旅行に行き、ジョンスは猫の世話を頼まれる。帰国したヘミは青年ベン(スティーブン・ユァン)を連れていた。裕福で日々遊んでいるとうそぶくベンは、ジョンスに秘密の趣味を打ち明ける──。

 村上春樹の短編小説「納屋を焼く」を脚色し、映画化した「バーニング 劇場版」。韓国の巨匠、イ・チャンドン監督が「ポエトリー アグネスの詩」(10)以来、8年ぶりにメガホンを取った。昨年末、NHKで95分版の「ドラマ バーニング」が放送され、今回の「劇場版」は148分に拡大されている。地方から小説家を夢見て都会に出たジョンス、幼なじみのヘミ、謎多きベンの奇妙な関係を、ジョンスの視点で描いた。

2.jpg

 非常にミステリアスで難解な話だ。いくつかのセリフや小道具が伏線のように散りばめられている。ジョンスとヘミが再会した時に景品としてもらった「女物のチープなピンク腕時計」。ヘミがジョンスに見せる「見えないミカンを食べるパントマイム」。ヘミが飼っている「姿を見せない猫」。ほかにも多くのキーワードが配置されている。

 後半に最も重要なキーワード「ビニールハウス」が登場する。原作の「納屋」が「ビニールハウス」へ変えられ、話は核心に近づく。ジョンスの実家を訪れたベンとヘミは、ワインと大麻を楽しみ、開放的な夕暮れのベンチでまったり過ごす。ベンはジョンスに秘めた趣味を語り出す。それは「他人の古いビニールハウスを、2カ月に1度焼く」ことだった。ベンは「下見に来た」と言い、それを境にヘミが姿を消す。

3.jpg

 ジョンスの心理と行動をもてあそぶように、ベンは謎かけをする。ヘミのアパートの部屋は主を失い、ジョンスの想像と創作の場所となる。ジョンスの妄想は膨らみ続け、衝撃のラストが導かれる。テレビ版ではヒントを投げただけで終わったが、劇場版は行く末をきっちりと描いた。

 思わせぶりな描写とセリフが積み重ねられ、観客の探究心と好奇心がくすられる。映画ファンをうならせる濃密なミステリーだ。

(文・藤枝正稔)

「バーニング 劇場版」(2018年、韓国)

監督:イ・チャンドン
出演:ユ・アイン、スティーブン・ユァン、チョン・ジョンソ

2019年2月1日(金)、TOHO シネマズシャンテほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://burning-movie.jp/

作品写真:(C)2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved

posted by 映画の森 at 23:45 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

「この道」北原白秋と山田耕筰 珠玉の童謡を生んだ名コンビ あふれる人間味と固い友情

1.jpg

 昭和27年(1952年)、神奈川県小田原市で「北原白秋 没後十周年記念コンサート」が開かれ、白秋が作詞した「この道」が、少女合唱隊とオーケストラによって披露された。指揮は作曲した山田耕筰。コンサート終了後、若い女性記者に「白秋はどんな人だったか」と尋ねられ、耕筰は出会いと交流を回想する──。

 詩人・歌人で童謡作家の北原白秋と、作曲家・指揮者の山田耕筰の友情を描いた「この道」。白秋役を「ハゲタカ」の大森南朋、山田耕筰役にEXILEのパフォーマーで、映画「沈黙 サイレンス」(17)などに出演したAKIRA。監督は「半落ち」(04)、「夕凪の街 桜の国」(07)の佐々部清。

 佐々部監督は白秋を偉人として描かない。観客が抱くイメージを壊す人物造形に驚かされる。過去に一緒に仕事をしたことがあるチェコ出身のミロス・フォアマン監督が、作曲家・モーツァルトを下品な人物として描いた「アマデウス」(85)を参考にしたという。

2.jpg

 白秋と耕筰は全く性格が異なり、水と油のように交わらなかった。大正7年(1918年)に「赤い鳥」創刊者の鈴木三重吉(柳沢慎吾)の仲介で知り合ったものの、反発し合いけんか別れする。大正12年(1923年)に関東大震災後、耕筰が白秋を案じて会いに行く。耕筰が「僕の音楽と君の詩で、傷ついた人々の心を癒す歌ができるはず」と言い意気投合。二人はコンビを組み、数々の童謡を生み出すことになる。

 白秋は「女好き、酒好き、泣き上戸の遊び人」として描かれる。大森は「破天荒な白秋」を喜怒哀楽を全開に、愛すべき人物として演じる。耕筰は逆に真面目な勤勉家の堅物。AKIRAはりりしい若き日、特殊メイクの晩年の双方を演じる。硬さの残る演技が、遊び人に徹した大森の演技を引き立てた。

3.jpg

 ドラマ演出に定評のあるベテラン佐々部監督らしく、白秋の人物像をじっくり掘り下げながら、日常生活を通して見た情景や聞こえる音から詩が生まれる瞬間を軽妙に描く。耕筰との最悪の出会いから、震災を境に友情が育まれていく。

 二人のあふれる人間味、友情を通じ、歴史に残る「からたちの花」、「この道」など数々の名曲が生み出された。笑いと涙のバランスもほどよく、親しみやすい作品だ。

(文・藤枝正稔)

「この道」(2019年、日本)

監督:佐々部清
出演:大森南朋、EXILE AKIRA、貫地谷しほり、松本若菜、小島藤子

2019年1月11日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://konomichi-movie.jp/

作品写真:(C)映画「この道」製作委員会

posted by 映画の森 at 15:43 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする