2018年12月25日

「家(うち)へ帰ろう」アルゼンチンからポーランドへ ナチス迫害から逃れた老人、恩人へ感謝を伝える旅

1.jpg

 アルゼンチンの仕立て屋・アブラハム(ミゲル・アンヘル・ソラ)は88歳。自分を施設に入れようとする家族から逃れ、ポーランドへ旅に出る。70年前、ドイツによるホロコースト(大量虐殺)から救ってくれた親友に、自分で仕立てた「最後のスーツ」を渡すためだ。しかし、絶対にドイツを通りたくなかった。パリからポーランドへドイツを抜けずに列車で行けないか。四苦八苦するアブラハムを、旅の途中で出会った人たちが手助けする──。

 アルゼンチンからポーランドへのロードムービー。出演するのは「タンゴ」(98)のミゲル・アンヘル・ソラ、「シチリア! シチリア!」(09)のアンヘラ・モリーナ。監督、脚本は今回が長編2作目のハブロ・ソラルス。

 監督の祖父はポーランド生まれ。家族の中では「ポーランド」と口にすると沈黙が生まれ、禁句だった。監督の幼少期の記憶は、成長するに伴いポーランドへの探求心に変わっていく。

2.jpg

 アブラハムの旅はトラブル続きとなり、行く先々で見知らぬ人々に助けられる。飛行機で隣に座った青年、マドリッドのホテルの女主人。「ドイツ」という言葉さえ口にしたくないアブラハムは、列車内の筆談で「ドイツを通りたくない」と伝えるが通じない。助けてくれたのは皮肉にもドイツ人の女性文化人類学者だった。妥協するアブラハムだったが、ドイツ人だらけの列車でストレスはピークに。ナチスの幻影まで見てしまう。

 ポーランドへの旅で、アブラハムの辛い過去はわずかに回想で描かれる。会いに行きたい親友は、ホロコーストから逃れ、廃人状態だったアブラハムを、家族の反対を押し切って救ってくれた。ずっと心の支えだったのだろう。戦時中にドイツに迫害されたユダヤ人の心は今も傷つき、恐怖は心の奥深くに入り込んでいる。

3.jpg

 ナチス迫害の悲痛な過去を、他人に助けられて移動するロードムービーとして描く。アイデアが秀逸で、クライマックスは山田洋次監督「幸福の黄色いハンカチ」(77)を彷彿させる。万国共通の温かい幕引きが光る作品だ。

(文・藤枝正稔)

「家(うち)へ帰ろう」(2017年、スペイン・アルゼンチン)

監督:パブロ・ソラルス
出演:ミゲル・アンヘル・ソラ、アンヘラ・モリーナ、オルガ・ボラズ、ユリア・ベアホルト、マルティン・ピロヤンスキー

2018年12月22日(土)、シネスイッチ銀座ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://uchi-kaero.ayapro.ne.jp/

作品写真:(C)2016 HERNANDEZ y FERNANDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

posted by 映画の森 at 14:40 | Comment(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする