2018年12月24日

「こんな夜更けにバナナかよ」前田哲監督が札幌で撮影秘話 当時の状況、再現に腐心

バナナトーク.jpeg


 大泉洋主演の「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の前田哲監督がこのほど、撮影地の札幌市でトークイベントに参加し、撮影秘話を語った。

 人工呼吸器を使いながら車いすで「自立生活」を送る筋ジストロフィー患者と、彼を24時間体制で支える介助ボランティアたちの交流と葛藤を描く。実在のモデルは2002年に42歳で亡くなった鹿野靖明さんで、作家の渡辺一史氏のノンフィクションが原作。鹿野役を大泉洋が演じるほか、鹿野が心を寄せる新人ボランティア役を高畑充希、美咲の恋人の医大生ボランティア役を三浦春馬が演じている。

 前田監督は原作を読んで、「感動を売り物にしているのでは」という先入観が覆され衝撃を受けたという。鹿野さんをスクリーンによみがえらせたい、との思いで映画化の企画が始まった。鹿野役は大泉洋しか考えられないと、監督とプロデューサー、脚本家の意見が一致。本人も快諾した。

 ロケは幸運続きだったと監督は振り返る。映画の中の鹿野の自宅は、鹿野さんが実際に暮らしていたケア付き住宅。クランクイン直前に「たまたま」空室になり、当時を再現することができたという。鹿野さんのかかりつけの病院や実際に旅行に行った美瑛のペンションも快く撮影スケジュールを調整してくれた。

 1994年の物語であるため、当時の医療環境の再現には気を使った。鹿野さんの使用していたものと同タイプの人工呼吸器が入手できたのも幸運だった。

 大勢のエキストラを集めた野外ジンギスカンのシーンで、撮影前に大泉が始めたあいさつが10分以上にも及び、エキストラを喜ばせたというエピソードも披露された。

バナナ場面写真.jpg

原作はノンフィクション

 原作の「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」は渡辺氏が2003年に発表した作品。渡辺氏は鹿野さんのボランティアの一員となり、美談では済まされない「重度障がい者の自立」という問題を内部から見つめた。その視点は高く評価され、大宅壮一ノンフィクション賞などを受賞した。

 タイトルは、鹿野さんが夜中に「バナナが食べたい」と言ってボランティアに買いに行かせたエピソードがもとになっている(映画の序盤にも主人公のキャラクターを象徴するものとして描かれる)。ボランティアの若者たちに介助の仕方を指導し、言いたいことは遠慮なく口に出し、アメリカに行く夢を持って英語の勉強を続ける鹿野さん。その姿は時に反発を呼びながらも、多くのボランティアたちの人生に多大な影響を与えた。

 鹿野さんは生前、メディアにたびたび登場していた。障がい者は「肩身の狭い」存在ではなく、ボランティアは「崇高」な行為ではない。人間は対等で、互いに助け合って生きるものだと身をkもって訴えてきた。その思いを、映画はあらためて観客に差し出す。

(文・写真 芳賀恵)

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」
12月28日(金)より全国ロードショー。作品の詳細は公式サイトまで。
http://bananakayo.jp

写真:トークイベントに参加した(右から)前田哲監督、石塚慶生プロデューサー=札幌市で12月16日
作品写真:(c)2018映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会

posted by 映画の森 at 11:04 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする