2018年11月16日

「アウト&アウト」元ヤクザの探偵と少女、巻き込まれる難事件 遠藤憲一主演の犯罪エンタメ作品

 1.jpg

 小学2年生の少女、栞(白鳥玉季)と探偵事務所を営む元ヤクザの矢能(遠藤憲一)のもとに依頼の電話が入る。指定された場所に向かうと、依頼人は銃で撃たれて死体となっていた。矢能は容疑者にされかねない状況に、素早く対応を始めるが、事態は思いもよらぬ方向へ転がっていく──。

 漫画「ビー・バップ・ハイスクール」の原作者で、映画監督として「カルロス」(91)、「JOKER」(96)、「鉄と鉛」(97、)「共犯者」(99)を監督したきうちかずひろが、自作の同名小説を映画化した。三池崇史監督の「藁の楯」の原作者でもあるマルチな才能の持ち主だ。

2.jpg

 危ない事件に巻き込まれた矢能は、ヤクザ時代の人脈をフルに使い、真相を突き止めようと動く。事件の背後には与党議員の鶴丸(要潤)と、鶴丸のトラブルを裏で解決してきた武道家の堂島(成瀬正孝)、弟子の数馬(岩井拳士朗)が絡んでいた。

 ドラマ、CM、映画と引っ張りだこの遠藤憲一主演で、Vシネマの遺伝子を感じる犯罪エンターテインメント映画だ。強面の探偵と少女のコンビは、手塚治虫の漫画「ブラック・ジャック」とピノコを思わせる。2人は不思議な疑似親子のよう。怖いものなしの矢能にとって、幼い栞はアキレス腱のような弱点となる。栞は裏社会どっぷりの男臭いドラマで、清涼剤の様な役割を果たす。栞を演じた白鳥は、西川美和監督の「永い言い訳」(16)に出演した注目の子役だ。

3.jpg

 きうち監督作品常連の竹中直人を筆頭に、渋川清彦、要潤、高畑淳子ら人気俳優が出演。監督の「鉄と鉛」に出演した成瀬正孝が、事件のカギを握る堂島を演じている。成瀬は1970年代東映ヤクザ映画の常連で、悪役が集まった「ピラニア軍団」に所属。同じ軍団の室田日出男、川谷拓三、志賀勝、片桐竜次らと画面の中を暴れまわっていた。往年の名脇がいぶし銀のごとく鈍く輝き、画面を引き締め、貫禄の演技で他を圧倒する。
 
 演出はやや稚拙ところもあるが、漫画でつちかった無駄のない場面運び、リズム感が観客の意表を突く。事件の謎解き、血のつながらない矢能と栞の絆を描いたサイドストーリーが物語に膨らみを持たせた。犯罪エンタメ作品として申し分のないクオリティーだ。

(文・藤枝正稔)

「アウト&アウト」(2018年、日本)

監督:きうちかずひろ
出演:遠藤憲一、岩井拳士朗、白鳥玉季、小宮有紗、中西学

2018年11月16日(金)、TOHOシネマズ 新宿ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://out-and-out.jp/

作品写真:(C)2017「アウト&アウト」製作委員会
posted by 映画の森 at 23:51 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする