2018年10月28日

「あいあい傘」25年行方不明の父、探す娘との再会物語 宅間孝行、劇場映画監督3作目

1 (2).jpg


 恋園神社がある小さな田舎町。年に1度の祭が近づいた日、さつき(倉科カナ)は25年前に姿を消した父の六郎(立川談春)を探しにやって来た。宿に向かう途中、偶然六郎を知るテキ屋の清太郎(市原隼人)と出会ったさつきは、「祭を取材したい」と嘘をつき、町を案内してもらう。父の暮らしぶりを知ったさつきは、父の新しい家族、妻の玉枝(原田知世)、娘(入山杏奈)に会いに行こうとする──。

 宅間孝行が主宰する劇団「東京テレソンデラックス」が07年に上演し、再演がなく「幻の作品」だった同名舞台劇の映画化。宅間自身が監督、脚本を担当している。

2.jpg

 25年前。六郎は仕事で責任を押し付けられ、電車に乗り、小さな田舎町をさまよい歩き、恋園神社にたどり着いた。思い詰めた表情の六郎を見たお茶屋「恋園庵」の女将・玉枝は後を追い、そっと傘を差し出す。美しいモノクロ無声映画のワンシーンのようだ。六郎の過去が回想として描かれた後、舞台は今に移る。

 車にテキ屋道具を詰め込んだ清太郎は、カメラマンを名乗るさつきと知り合い有頂天。町で皆から慕われ、新しい家族と幸せに暮らす父の様子を知り、さつきに怒りと憎しみ、嫉妬が混じった複雑な感情がわきあがる。

3.jpg

 テキ屋の男が美しいヒロインに一方的に思いを寄せ、物語が動き出す。山田洋次監督「男はつらいよ」シリーズを思わせる設定だ。寅さんの笑いの底には落語が流れているが、「あいあい傘」は舞台劇のハイテンションなリズム感が生きている。清太郎と仲間夫婦の台詞のキャッチボールが典型だ。さつきの本当の目的を知った清太郎は、六郎とうまく引き合わせようとする。

 宅間監督の劇場映画3作目。ワンカット、ワンシーンで人物の心の動きを丁寧に掘り下げていく。冒頭の白黒映像と対照的に感情の起伏の激しい舞台劇的なドラマが展開し、最後はしっとりした家族の話に着地させる。変幻自在な演出だ。

 さつきと六郎はなかなか会えないが、再会シーンは6分間の長回し撮影。父を前にあふれる感情を抑えた倉科。朴訥とした立川談春。2人の演技は化学反応を起こし、親子の思いがつながる名シーンに仕上がった。脇に徹した原田知世のしおらしさをはじめ、キャストの一体感が心地良い感動を生み出している。

(文・藤枝正稔)

「あいあい傘」(2018年、日本)

監督:宅間孝行
出演:倉科カナ、市原隼人、立川談春、原田知世、入山杏奈

2018年10月26日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://aiai-gasa.com/

作品写真:(C)2018映画「あいあい傘」製作委員会

posted by 映画の森 at 14:25 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする