2018年10月10日

「スカイライン 奪還」エイリアンと人間、地球をめぐってガチンコバトル

1.jpg

 ロサンゼルスの刑事マーク(フランク・グリロ)は、電車で息子トレント(ジョニー・ウェストン)と帰宅する途中、奇妙な青い光が広がるのを見た。人々が巨大な未確認飛行物体に吸い込まれていたのだ。急停車した運転手オードリー(ボヤナ・ノヴァコヴィッチ)ら生存者を率い、マークは安全地帯を探す──。

 「スカイライン 奪還」は、「スカイライン 征服」(11)から7年後の世界を描く続編。前作を監督したストラウス兄弟は製作にまわり、前作で製作・脚本を担当したリアム・オドネルが初メガホンを取った。

2.jpg

 「スカイライン 征服」は、突如現れた謎の生命体が地球を征服する3日間を、ロサンゼルスのマンションに集まった市民の視点で描いてスマッシュヒットした。一方、今回の「スカイライン 奪還」は、ロサンゼルスに再び謎の飛行体が現れ、青い光を放って人々の吸引を始め、吸引から逃れた人たちが、未確認生命体に戦いを挑む。

 前作はマンションという限定された場所で展開し、謎を多く残したラストシーンが賛否を呼んだ。今回は人々が吸引される設定を引き継ぎながら、ロスの街を移動し、最終的に舞台はラオスに飛躍する。

3.jpg

 前作の反省からか、刻々と状況は変化する。ラオスに至る後半は、まるでSFバトルアクションだ。変貌のヒントはキャストで納得する。主人公のマークに「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」(16)で敵役を演じた肉体派フランク・グリロ。後半はインドネシアのアクション映画「ザ・レイド」シリーズのイコ・ウワイスとヤヤン・ルヒアンがクローズアップされる。ウワイスはスタント演出も担当し、エイリアンと人間が地球奪還をめぐってガチンコバトルする。

 前作の最後に登場した「ハイブリット型エイリアン」の話も掘り下げられる。マークとトレント父子の奇妙な親子愛が、物語の隠し味となった。

 前作でエイリアンにやられっぱなしだった人間たち。屈辱を晴らすがごとく、知恵と肉体を駆使した壮大なバトルを展開。エンドロールはSF作品では珍しく、NGシーンをつないだメイキング映像が流れる。貴重なのであわてて席を立たぬよう。

(文・藤枝正稔)

「スカイライン 奪還」(2017年、英・中・カナダ・インドネシア・シンガポール・米)

監督:リアム・オドネル
出演:フランク・グリロ、ボヤナ・ノバコビッチ、ジョニー・ウェストン、カラン・マルベイ、アントニオ・ファーガス

2018年10月13日(土)、 新宿バルト9ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://skyline-dakkan.jp/

作品写真:(C)2016 DON'T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

posted by 映画の森 at 14:32 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする