2018年06月13日

「ワンダー 君は太陽」人と顔が違う少年オギー 友情と葛藤、成長の物語

1.jpg


 オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)は遺伝子の疾患で、人と異なる顔で生まれてきた。何度も手術を受け、自宅で勉強を続けてきたが、両親は息子を外の世界へ送り出すと決める。学校でオギーはいじめや裏切りに合うが、ありったけの勇気と知恵で立ち向かい、周囲の人々が変わり始める──。

 R・J・パラシオの原作小説を、「ウォールフラワー」(12)のスティーブン・チョボスキーが監督した作品。「ルーム」(15)の名子役ジェイコブ・トレンブレイ、「エリン・ブロコビッチ」(00)のジュリア・ロバーツ、「ミッドナイト・イン・パリ」(11)のオーウェン・ウィルソンが出演。

2.jpg

 宇宙飛行士用のヘルメットをかぶった少年が、一人で遊ぶシュールな幕開け。少年オギーは顔が変形しており、外出時は常にヘルメット姿。両親と高校生の姉、ペットの犬とニューヨークで暮らし、自宅学習をしてきたが、5年生で初めて小学校に入る。

 入学を前に、オギーは母と校長に会い、クラスメート3人に学校を案内してもらう。3人のうちジャックは良き理解者となり、唯一の親友になる。期待と不安の登校初日は、挑戦と試練の日々の始まりでもあった──。

3.jpg

 デリケートな題材で、一歩誤れば重苦しくなる恐れがある。監督は病を隠さず、ユーモアを交えながら正面から描いている。オギーは差別や偏見と戦いながら、学校に通い始める。クラスメートとの友情、いじめや裏切り。一つ一つきっちり描き、成長と葛藤の物語をつむぐ。

 オギーが現実逃避するような脳内世界は、ポップで幻想的。大好きな映画「スター・ウォーズ」の人気キャラクターが登場する凝りようだ。家族の物語と並行して、姉のヴィア(イザベラ・ヴィドヴィチ)の悩みと友情、恋愛を描き、物語に膨らみを持たせる。

 オギーを演じたトレンブレイは、感情が出し辛い特殊メイクで難役に挑み、観客の心をつかむ。両親を演じたロバーツとウィルソンは脇に徹して好演。両親の無償の愛、クラスメートとの温かい友情。オギーが勇気を与えられ、成長する姿に感動する。

(文・藤枝正稔)

「ワンダー 君は太陽」(2017年、米)

監督:スティーブン・チョボウスキー
出演:ジュリア・ロバーツ、ジェイコブ・トレンブレイ、オーウェン・ウィルソン、マンディ・パティンキン、ダビード・ディグス

2018年6月15日(金)、TOHO シネマズ日比谷ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://wonder-movie.jp/

作品写真:(C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 00:13 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする