2018年05月24日

「ガチ星」転落した四十男の再起、競輪テーマに熱く 江口カン監督初の劇場作品

1.jpg

 テレビ西日本で2016年に放送された競輪ドラマ「ガチ★星」(全4話)を、映画用に追加・再編集した作品。江口カン監督にとって初めての劇場映画で、主演に安部賢一、共演に「デメキン」(17)の福山翔大、「キッズ・リターン」(96)のモロ師岡、芸人の博多華丸ら。

 福岡、小倉を舞台に戦力外通告、不倫、ギャンブル、借金と崖っぷちの四十男・濱島浩司の再起を描く。元プロ野球選手の濱島は戦力外通告を受けて辞め、転落の人生をたどっていた。町を歩けばいやみを言われ、カッとなって手を出して警察のお世話に。妻にも愛想をつかされ、実家に逃げ帰り、友人の妻に手を出し、友人と絶縁。パチンコに酒とどん底の濱島だったが、「40歳でも入学できる」と聞いて競輪学校に入る。

2.jpg

 しかし、学校で濱島は浮いていた。息子ほど年の離れた生徒にオッサンとからかわれ、年下の教官にしごかれ、心身ともにぼろぼろになり、地べたに這いつくばって嘔吐する。痛々しく無様な姿は、ドキュメンタリーを見ているようだ。濱島は一度競輪の道を挫折するが、黙々と鍛える同郷の同級生・久松(福山翔大)を見て、再び戻ることを決意する。

 中盤までは転落男のかっこ悪い生き様。後半はスポーツ映画の片鱗が見えてくる。JKA(日本競輪選手会福岡支部)が協力したシーンはリアルで、濱島のデビュー後のレース場面は、現役選手も参加して撮影したという。闘争心むき出しの選手たちが自転車の上で頭突き、流血する様子は鬼気迫る。

3.jpg

 重々しい展開から一転、クライマックスはシルベスター・スタローン主演の「ロッキー」(76)ばりに、スポーツ映画の高揚感に包まれる。濱島の挑戦のほか、久松と母の介護、同僚選手たちの人生も盛り込み、ドラマに深みを与えている。

 濱島にはオーディションで役をつかんだ映画初主演の安部賢一。体重を10キロ増やし、自堕落な姿から再起する様子を体当たりで見せた。天才肌の久松を演じた福山は、ストイックで一途な演技。濱島と対照的なキャラクターで影の功労者となった。ドラマ4本の再編集とは微塵も感じさせず、四十男の再起を一気に見せる演出だ。

(文・藤枝正稔) 

「ガチ星」(2018年、日本)

監督:江口カン
出演:安部賢一、福山翔、林田麻里、船崎良、森崎健吾

2018年5月26日(土)、新宿K's cinemaほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gachiboshi.jp/

作品写真:(C)2017 空気/PYLON

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 13:23 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする