2018年03月28日

復活11回目のゆうばり映画祭、「出会いの場」として盛況のうち幕

1.jpg

 北海道夕張市で3月15日から19日まで開かれた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」は昨年をやや上回る1万2522人を動員した。例年同様に多くの映画人が集い、映画ざんまいの5日間を過ごした。市の財政破たんによる中断を経て復活してから今年で11回目。会場の選定やスポンサーの確保などでは手探りが続く中、「出会いの場」としての映画祭は盛況のうちに幕を閉じた。

 期間中は国内外の長短編約110本を上映。メーンのコンペ部門、ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門はグランプリに「EDあるいは(君がもたらす予期せぬ勃起)」(西口洸監督)を選出した。大阪芸術大学を卒業後、同大学で機材係として働きながら映画製作を続ける西口監督は、「学生時代は“いけてない方”だった。賞を取れるとは思っていなかったがうれしい」と、控えめに喜びを語った。審査委員長の瀬々敬久監督は審査が最後までもつれたことを明かしつつ、「(グランプリ作は)弱者への目配りや優しさを持っている点がよかった」と評した。

2.jpg

 これに先立つ15日のオープニングセレモニーで発表された期待の映画人を選定する「京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード」は、俳優部門で葉山奨之と川栄李奈が受賞。葉山は「日本映画界に必要とされる俳優を目指して精進したい」とコメントした。クリエーター部門は、脚本家としてキャリアを積み、このほど長編アニメーション「さよならの朝に約束の花をかざろう」で監督デビューした岡田麿里が受賞した。

 今年の映画祭は昨年より半月遅く始まった。オープニング当日は気温が上がり、雪景色の夕張にも雨が降った。真冬の開催にこだわってきたゆうばり映画祭。運営に長年携わるスタッフは「期間中に雨が降るなんて初めてのこと」とつぶやいた。

3.jpg

 開催時期の変更は、市内の宿泊施設とスキー場の経営権所有者が変わったためだ。売却先を探していた施設を東京の不動産会社が昨年買収し、中華圏のスキー客誘致を優先する方向に転換した。夕張の3月はまだスキーのハイシーズン。書き入れ時に映画祭があると集客に響くとの判断があったのだろう。

 参加者の立場に立てば、映画祭に向かう交通手段が年々不便になっていることが気にかかる。夕張は公共交通の衰退が著しい。この冬は新千歳空港と市内スキー場を結ぶバスが廃止され、JR石勝線夕張支線の廃止も決まった。

 夕張を取り巻く厳しい状況が映画祭にも影響を及ぼすなか、今年は上映会場を合宿施設「ひまわり」に集約したほか、札幌市内にサテライト会場を開設するなど新しい取り組みが目を引いた。映画祭が30回目となる2020年を見据え、関係者の模索が続いている。

(文・写真 芳賀恵)

<受賞作>

・ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門

グランプリ 「EDあるいは(君がもたらす予期せぬ勃起)」(西口洸監督)

審査員特別賞「温泉しかばね芸者」(鳴瀬聖人監督)

北海道知事賞「キュクロプス」(大庭功睦監督)

シネガーアワード(批評家賞)「キュクロプス」(大庭功睦監督)

・インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門

グランプリ 「ぱん。」阪元裕吾監督・辻凪子監督

優秀芸術賞 「NO LINE」(川中陸監督)

      「父の日」マット・ジョンズ監督

      「Black Dog」ジョシュア・ディーン・タットヒル監督

・アニメーション企画優秀賞

「ドントクライ」(高嶋友也監督)

・その他

ゆうばりファンタランド大賞(観客賞)「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)

写真
1:参加者によるフォトセッション
2:ファンタスティック・オフシアター・コンペティション グランプリ「EDあるいは(君がもたらす予期せぬ勃起)」の西口洸監督(右)と瀬々敬久審査委員長
3:ニューウェーブアワードを受賞した(左から)葉山奨之、川栄李奈、岡田麿里監督
posted by 映画の森 at 23:16 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

「ザ・キング」チョ・インソン×チョン・ウソン、悪に染まった検事熱演 極上の韓国犯罪エンターテインメント 

1.jpg

 けんか好きの貧しい青年パク・テス(チョ・インソン)は、権力で悪を制する検事に憧れ、猛勉強の末に夢を実現。新人検事として地方都市で多忙な日々を送るが、ソウル中央地検のエリート部長ガンシク(チョン・ウソン)と出会って人生が一変する。ガンシクは他人を踏み台に成り上がり、大統領選を利用して権力をつかんだ「1%の成功者」だった──。

 テス役に「露花店(サンファジョム)運命、その愛」(08)以来の映画出演となるチョ・インソン。ガンソクに「愛のタリオ」(14)、「アシュラ」(16)のチョン・ウソン。テスの先輩検事役にペ・ソンウ。監督・脚本は「観相師 かんそうし」(13)のハン・ジェリム。

2.jpg

 1980年〜2010年の韓国現代史をバックに、テスの激動の半生を描く。監督の語り口は軽妙で饒舌。韓国事情にうとい日本の観客をうまく作品世界へいざなう。まず成功したテスの姿を見せる。さかのぼって貧しい少年が検事を目指す道のりを、スローモーションや静止画像、ナレーションを多用して紹介する。マーティン・スコセッシ監督「グッドフェローズ」(90)を思わせる。緑がかったスタイリッシュな映像は「セブン」(95)のデビッド・フィンチャー監督の影響か。

 歴史的事実の裏で、権力を握った検事たちが、裏工作で国民をあざむき、社会を動かしていく。史実と創作のさじ加減が絶妙でリアルだ。フィクションのはずが、見ているうちに真実味が増してくる。脚本と演出のなせる技だろう。

 ガンソクと出会い、悪事のうまみを知るテス。一方、テスの幼なじみのチェ・ドゥイル(リュ・ジョンユル)は、暴力団員として裏街道まっしぐら。スタートラインは一緒だった二人が交差する瞬間、運命が動き出す。

3.jpg

 俳優たちが実に魅力的だ。10代から40代まで、髪型と衣装を変えて柔軟に演じ分けたチョ・インソン。ダンディーで渋い二枚目のチョン・ウソンは、怒りやダンス、歌と静と動を自在に使い分け、二面性ある腹黒い男を魅力的に演じている。欲に染まった男二人と対照的に、正義の道を突き進む女性検事のヒヨン(キム・ソジン)。達観した視点が物語のスパイスになっている。

 小刻みなテンポでリズムを作り、大きなうねりにつなげる監督のセンス。極上の韓国犯罪エンターテインメントだ。

(文・藤枝正稔)

「ザ・キング」(2017年、韓国)

監督:ハン・ジェリム
出演:チョ・インソン、チョン・ウソン、ペ・ソンウ、リュ・ジュンヨル、キム・ウィソン

2018年3月10日(土)、シネマート新宿ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://theking.jp/

作品写真:(C)2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & WOOJOO FILM All Rights Reserved.

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 00:09 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする