2018年02月28日

「シェイプ・オブ・ウォーター」冷戦時代に描く人間と異生物の愛 ギレルモ・デル・トロ監督、シンプルに独創的に

1.jpg

 1962年、米政府の極秘研究所で清掃員として働くイライザ(サリー・ホーキンス)は、秘かに運び込まれた不思議な生き物を見てしまう。アマゾンの奥地で神のように崇められていた“彼”は、奇妙だがどこか魅力的。イライザは周囲の目を盗んで会いに行くようになる。子どもの頃のトラウマで声が出ないイライザだが“彼”との間には言葉はいらなかった──。

 ギレルモ・デル・トロが監督、脚本、製作、原案のラブファンタジー「シェイプ・オブ・ウォーター」。ベネチア国際映画祭で金獅子賞(最高賞)、ゴールデングローブ賞で監督賞を受賞、3月発表の米アカデミー賞では作品、監督、主演女優賞など13部門にノミネートされている話題作だ。

2.jpg

 日本のマンガやアニメ、特撮作品をこよなく愛するデル・トロ監督。「ミミック」(97)、「ヘルボーイ」(04)、「パンズ・ラビリンス」(06)、「パシフィック・リム」(13)と、マニア心をくすぐるダーク・ファンタジーを送り出してきたが、今回は愛すべき小品といえよう。米国とソ連が科学技術開発でしのぎを削った冷戦時代、人間の女性と半魚人系クリーチャーの禁断の愛を描いた。

 話せないイライザは、自宅と職場を往復するだけ。寂しい日常を反復して描き、愛を知らない孤独を観客の脳裏に焼き付け本題に入る。巧みな演出だ。イライザが出合った生き物は、実験対象としてアマゾンで捕獲された。生き物に過酷な仕打ちをするエリート軍人のストリックランド(マイケル・シャノン)、研究チームの新任ホフストラー博士(マイケル・スタールバーグ)は、イライザや清掃員の同僚ゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)を厳しく見張っている。イライザはすきを狙って研究室に忍び込み、生き物と交流を始める。

 人間と異生物と友情といえばスピルバーグ監督の「E.T.」(82)を思い出す。今回は友情より難易度の高い愛情だ。監督はファンタジーの魔法を使い、生き物を知能ある神秘的な存在に位置付け、主人公の孤独な心を埋める様子を描いた。

3.jpg

 イライザは話せないため、生き物と手話でやり取りする。ゆで卵や音楽で親密になる過程が、違和感なく描かれる。ホーキンスはほぼセリフがないが、内面からにじみ出る感情表現が秀逸だ。イライザの代弁者となる勝気な相棒のゼルダを演じたスペンサー。隣人でよき理解者のジャイルズを演じたリチャード・ジェンキンス。悪役を一手に引き受けたストリックランド役のシャノン。デル・トロ作品の常連で数々のクリーチャーを演じた生き物役のジョーンズが、スーツアクターとして素晴らしい演技を見せている。

 動きを止めない流麗な映像、琴線に触れるシンプルな音楽。ダーク路線から一皮むけた監督が、新たな一面を見せる愛の物語だ。

(文・藤枝正稔)

「シェイプ・オブ・ウォーター」(2017年、米国)

監督:ギレルモ・デル・トロ
出演:サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン、リチャード・ジェンキンス、ダグ・ジョーンズ、マイケル・スタールバーグ

2018年3月1日(木)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.foxmovies-jp.com/shapeofwater/

作品写真:(C)2017 Twentieth Century Fox
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 23:57 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする