2018年02月02日

「苦い銭」中国ドキュメンタリー監督ワン・ビン最新作 急発展支える底辺の人々

c.jpg

 中国・雲南省出身の少女シャオミンは15歳。縫製工場で働くため、バスと列車を乗り継ぎ、遠く離れた浙江省湖州へ向かう。出稼ぎ労働者が80%を占める街にも、胸に響く一瞬がある。初めて街で働き始める少女たちのみずみずしさ。稼げず酒に逃げる男。仕事がうまくいかず、ヤケになって工場を移る青年──。

 「三姉妹 雲南の子」(12)、「収容病棟」(13)などの中国ドキュメンタリー映画監督、ワン・ビンの「苦い銭」は2016年、第73回ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門で脚本賞、人権の重要性を問う最も優れた作品に与えられる「ヒューマンライツ賞」を受賞した。

2.jpg

 故郷・雲南省を離れて出稼ぎに向かうシャオミンら3人の若者たち。約2200キロ離れた浙江省の省都・杭州まで列車で20時間。カメラは縫製工場に着いたシャオミンを追いながら、同じ工場で働く他の出稼ぎ労働者を、枝分かれするように並行して写し始める。

 子供を故郷に置き、夫と出稼ぎに来た25歳のリンリン。夫のアルゾは工場で右手を切断してしまい、今はインターネットや麻雀ができる雑貨店を経営しているが、商売は芳しくない。そこへリンリンが「金を入れてほしい」と言い出し、店内で壮絶な夫婦喧嘩が始まる。

3.jpg

 真っ当な妻の言葉を、夫は頭ごなしに否定。怒りを露わに反論を続けた挙句、暴力をふるう。店の外から監督は撮影を続ける。仲間が仲裁に入るが、アルゾの怒りは収まらない。ほかにも出稼ぎの低賃金に嫌気がさし、マルチ商法に興味を示す者。酒やギャンブルに溺れる者。カメラは出稼ぎ労働者の人間模様を収め続ける。

 説明的な描写は一切ない。観客は映像から判断する。長回しを多用した撮影スタイルで、低賃金で働く人たちの過酷な労働環境や人間関係が見えてくる。低賃金でも黙々と縫製作業を続ける少女たちと対照的に、嫌気がさしてぼやく男たち。歯に衣着せぬ出稼ぎ労働者の正直な姿。長回しでの夫婦喧嘩の映像。外から聞こえる鳴りやまない車のクラクション。観客も劣悪な労働環境を疑似体験させられ、相当なストレスと忍耐を強いられる。

 急速に発展する中国を、底辺で支える出稼ぎ労働者たち。富裕層の夢の生活とは無縁の人々の人生を、映像として明確にとらえたことに感心する。

(文・藤枝正稔)

「苦い銭」(2016年、仏・香港)

監督:ワン・ビン

2018年2月3日(土)、シアター・イメージフォーラムほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.moviola.jp/nigai-zeni/

作品写真:(C)016 Gladys Glover-House on Fire-Chinese Shadows-WIL Productions

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 12:33 | Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする