2018年02月08日

「サニー 32」実際の事件モチーフに 白石和彌監督の犯罪サスペンス

1.jpg

 「ずっと会いたかったよ、サニー……」。そう言って柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)は女性を拉致し、雪深い山の廃屋に監禁した。連れ去られたのは24歳の中学校教師・藤井赤理(北原里英)。「サニー」は「史上最も可愛い殺人犯」と呼ばれた11歳の少女の名で、ネットで神格化されていた。柏原と小田はサニーの狂信的な信者だった──。

 アイドルグループ「NGT48」から卒業を発表した北原里英が映画初主演。俳優やスタッフは白石和彌監督の「凶悪」(13)のメンバー再集結。脚本・高橋泉、主演のピエール瀧、リリー・フランキーで、衝撃的なサスペンス映画だ。

3.jpg

 まずは「サニー事件」の説明から始まる。11歳の小学生女児が、同級生の女児の首をカッターナイフで切り付けて殺害した。加害者少女のかわいい容姿、3本指と2本指の決めポーズから“32=サニー”と名付けられ、ネットで神格化された。事件から14年。狂信的サニー・ファンの柏原と小田は、女性を拉致監禁する。

 「サニー 32」は、北原主演のアイドル映画を装っているが、紛れもなく白石監督による犯罪映画の流れをくむ。監禁には途中から参加者も増え、予想外のいざこざも発生。監禁場所が何者かに突き止められたため、廃屋から海の家に女性を移す。集団心理は悪い方向に動き、「自己批判」や「集団リンチ」などの陰惨な暴力にエスカレートしていく。

2.jpg

 そんな中、ごく一般的な女性だった藤井が「サニー」と祭られて教祖へと神格化していく。監督と脚本家は1970年代以降に起きた実際の凶悪事件をなぞりながら、新たなドラマとして再構築した。

 作品のスーパーバイザーを務めた秋元康が要求した「北原主演映画を撮る」ことから企画が始まったという。白石作品ファンの北原は、劇中の藤井のように、白石組に放り込まれ、一皮むけた演技を見せる。ピエール瀧とリリー・フランキーの立場は「凶悪」と逆。力関係が面白い。

 中学生のいじめ、ネットの闇などさまざまなネタを使い、現代社会の暗部を大胆に料理した。白石組のぶれない姿勢が素晴らしい。アイドル映画と経験するのも、うっかり手を出すのも難しい。実際の事件をモチーフにした衝撃の犯罪サスペンスだ。

(文・藤枝正稔)

「サニー 32」

監督:白石和彌
出演:北原里英、ピエール瀧、門脇麦、リリー・フランキー、駿河太郎

2018年2月17日(土)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://movie-32.jp/

作品写真:(C)2018「サニー 32」製作委員会
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 15:48 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

ゆうばり映画祭がラインアップ発表 オープニングは「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」

180202yubari.jpg

 2018年3月15日〜19日に開かれる北海道夕張市の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」は2日に札幌市内で記者会見を開き、ラインアップを発表した。オープニング作品はジェイク・カスダン監督の「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」。1995年に公開された「ジュマンジ」の続編で、ビデオゲームの中に閉じ込められた高校生たちの冒険を描く。期間中は市内の「合宿の宿ひまわり」をメーン会場に、計114件の映画上映とイベントが行われる。

 招待作品部門はオープニング作品のほか、実話を元にしたインド映画「ダンガル きっと、つよくなる」、米国の日系三世監督スティーブン・オカザキが三船敏郎の映画人生に迫るドキュメンタリー「MIFUNE:THE LAST SAMURAI」など5本を上映する。

シ_ュマンシ_.jpg

 新人監督を発掘するファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門には計9本がノミネート。国内353本、海外103本の合計456本の応募作から日本作品7本、海外作品2本を選んだ。瀬々敬久監督を審査委員長とする5人の審査員がグランプリや審査員特別賞などを選出する。

 企画上映「HKT48×48人の映画監督たち」では、アイドルグループHKT48のメンバーひとりひとりのために48人の監督が作った短編映画の中から19本を上映。“18歳未満お断り”のセクション「フォービデンゾーン」もますますパワーアップしてお目見えする。

180202ゆうばりキービジュアル.jpg

 今年のキービジュアルは、映画監督としてゆうばりを訪れたこともあるクリエイター、宇治茶氏の「はじめての映画祭」。映画祭キャラクターの「シネガー」や夕張市のご当地キャラ「メロン熊」も登場している。

(文・芳賀恵)

<招待作品>
「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」【オープニング】
「ダンガル きっと、つよくなる」
「モリーズ・ゲーム」
「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」(原題)
「MIFUNE:THE LAST SAMURAI」

写真1:映画祭関係者の記者会見後のフォトセッション
=札幌市内で2月2日、芳賀撮影

作品写真:「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」=2018年4月6日(金)公開

キービジュアル:「はじめての映画祭」宇治茶

posted by 映画の森 at 20:27 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

「苦い銭」中国ドキュメンタリー監督ワン・ビン最新作 急発展支える底辺の人々

c.jpg

 中国・雲南省出身の少女シャオミンは15歳。縫製工場で働くため、バスと列車を乗り継ぎ、遠く離れた浙江省湖州へ向かう。出稼ぎ労働者が80%を占める街にも、胸に響く一瞬がある。初めて街で働き始める少女たちのみずみずしさ。稼げず酒に逃げる男。仕事がうまくいかず、ヤケになって工場を移る青年──。

 「三姉妹 雲南の子」(12)、「収容病棟」(13)などの中国ドキュメンタリー映画監督、ワン・ビンの「苦い銭」は2016年、第73回ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門で脚本賞、人権の重要性を問う最も優れた作品に与えられる「ヒューマンライツ賞」を受賞した。

2.jpg

 故郷・雲南省を離れて出稼ぎに向かうシャオミンら3人の若者たち。約2200キロ離れた浙江省の省都・杭州まで列車で20時間。カメラは縫製工場に着いたシャオミンを追いながら、同じ工場で働く他の出稼ぎ労働者を、枝分かれするように並行して写し始める。

 子供を故郷に置き、夫と出稼ぎに来た25歳のリンリン。夫のアルゾは工場で右手を切断してしまい、今はインターネットや麻雀ができる雑貨店を経営しているが、商売は芳しくない。そこへリンリンが「金を入れてほしい」と言い出し、店内で壮絶な夫婦喧嘩が始まる。

3.jpg

 真っ当な妻の言葉を、夫は頭ごなしに否定。怒りを露わに反論を続けた挙句、暴力をふるう。店の外から監督は撮影を続ける。仲間が仲裁に入るが、アルゾの怒りは収まらない。ほかにも出稼ぎの低賃金に嫌気がさし、マルチ商法に興味を示す者。酒やギャンブルに溺れる者。カメラは出稼ぎ労働者の人間模様を収め続ける。

 説明的な描写は一切ない。観客は映像から判断する。長回しを多用した撮影スタイルで、低賃金で働く人たちの過酷な労働環境や人間関係が見えてくる。低賃金でも黙々と縫製作業を続ける少女たちと対照的に、嫌気がさしてぼやく男たち。歯に衣着せぬ出稼ぎ労働者の正直な姿。長回しでの夫婦喧嘩の映像。外から聞こえる鳴りやまない車のクラクション。観客も劣悪な労働環境を疑似体験させられ、相当なストレスと忍耐を強いられる。

 急速に発展する中国を、底辺で支える出稼ぎ労働者たち。富裕層の夢の生活とは無縁の人々の人生を、映像として明確にとらえたことに感心する。

(文・藤枝正稔)

「苦い銭」(2016年、仏・香港)

監督:ワン・ビン

2018年2月3日(土)、シアター・イメージフォーラムほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.moviola.jp/nigai-zeni/

作品写真:(C)016 Gladys Glover-House on Fire-Chinese Shadows-WIL Productions

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 12:33 | Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

「スリー・ビルボード」娘が殺された 孤軍奮闘する母、田舎町を揺るがす

1.jpg

 最愛の娘が殺されて数カ月。犯人逮捕の気配がなく憤る母親のミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は、捜査の遅れに抗議するため、町はずれに巨大な広告看板を設置し、警察と激しく対立する──。

 昨年のベネチア国際映画祭で脚本賞、トロント国際映画祭観客賞、先日の第75回ゴールデン・グローブ賞でも作品賞など主要4部門を獲得。3月の第90回米アカデミー賞も作品賞ほか7部門で候補となっている話題作「スリー・ビルボード」。監督・脚本・製作は「セブン・サイコパス」(12)のマーティン・マクドナー。

2.jpg

 米ミズーリ州の田舎町エビング。さびれた道路脇に立つ朽ちかけた広告看板を、車の運転席から中年女性が見つめている。女性はミルドレッド。7カ月前、娘がレイプされて殺されたのだ。その足で看板を管理するエビング広告社に出向き、前金で1年間の広告契約を結ぶ。

 ミルドレッドは警察に不満をぶつけるように、赤地に黒文字で掲げる。「レイプされて死亡」、「なぜ? ウィロビー署長」、「犯人逮捕はまだ?」。すべて警察署長のウィロビー(ウディ・ハレルソン)に向けていた。パトロール中のディクソン巡査(サム・ロックウェル)が看板に気づき、ウィロビー署長に報告する。

3.jpg

 看板をめぐる出来事をシリアスに描きつつ、黒い笑いを塗したクライム・サスペンスだ。静かだった田舎町に波紋が広がり、町全体を揺るがす一大事へ発展する。信念だけ警察と戦う母親を演じたマクドーマンド。筋が通ったぶれない姿勢がポイントだ。

 対照的にぶれまくるのが、暴力巡査を演じたロックウェル。母親と2人暮らしの単細胞で、ことごとくミルドレッドの挑発に乗り、事を大きくする。ハレルソン演じる署長は、ミルドレッドとディクソン巡査、事件の板挟みとなる。穏健派で町の人々の信頼も厚く、父性を持った存在で、揺れる町の均衡をかろうじて保つ。

 後を絶たないレイプ事件を、当事者ではなく、遺族と警察の視点で描く。きっかけとなる事件そのものは描かない。被害者が死亡したため、犯人は闇へと消えた。

 ミルドレッドと警察の対立から始まる物語は、犯人探しの推理劇に発展する。孤軍奮闘するミルドレッドは、西部劇の主人公のごとく、自力で決着を付けようとする。先の見えない運命を暗示する極上の幕引きが、力強く、深い余韻をもたらした。

(文・藤枝正稔)

「スリー・ビルボード」(2017年、英)
監督:マーティン・マクドナー
出演:フランシス・マクドーマンド、ウッディ・ハレルソン、サム・ロックウェル、アビー・コーニッシュ、ジョン・ホークス

2018年2月1日(木)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.foxmovies-jp.com/threebillboards/

作品写真:(C)2017 Twentieth Century Fox

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 22:10 | Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする