2018年01月24日

「ジュピターズ・ムーン」空中に浮く難民少年 大金がほしい医師 「信頼」テーマの人間ドラマ

1.jpg

 医療過誤訴訟で訴えられている医師・シュテルン(メラーブ・ニニッゼ)は、難民キャンプで違法に難民を逃がして金を稼いでいた。ある日、被弾し瀕死の重傷を負った少年アリアン(ゾンボル・ヤェーゲル)が運び込まれる。シュテルンはアリアンが重力を操り、浮遊する能力を持ち、傷を自力で治癒できると知る──。

 ハンガリー出身のコーネル・ムンドルッツオ監督が「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」(14)に続き「信頼」について描いた「ジュピターズ・ムーン」。第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、審査員を務めた俳優のウィル・スミスが絶賛して話題となった。

2.jpg

 すし詰めの列車に乗せられ、ハンガリー国境にたどり着いたシリア難民たち。警備隊に阻まれながら、一斉に国境を越えようと森へ走り出す。アリアンは父とはぐれて一人で走り続けるが、警備隊のラズロに銃で撃たれてしまう。

 地面に倒れたアリアンの傷口からあふれた血は、玉状となって宙を舞う。アリアンの体も空中に浮かび、一定の高さまで上昇して止まり、地上に落下する。その後、運び込まれた難民キャンプの医師がシュテルンだった。

 登場人物はみな一癖ある者ばかりだ。訴訟の賠償金でお金が必要なシュテルン。弾を受けて特殊な能力を身につけたアリアン。アリアンを撃った事実をもみ消したいラズロ。3人が追いつ追われつ、負の連鎖が重なるように物語は展開する。

3.jpg

 空中に浮く人間をめぐり、シリアスで現実的な人間ドラマが描かれる。SFの概念では測れない、揺れ続ける世界情勢に、翻弄される人々。生死をかけて欧州を目指す難民たち。訴訟で巨額の賠償金が必要な医師。事件を消したい国境警備隊員。さらに列車で自爆を画策するテロリスト。不穏な現実と裏腹に、非現実的な少年の存在。特殊能力の理由は示さず、観客にゆだねた形だ。

 現実を見つけたリアルな演出、幻想的な空中浮揚シーン。カーチェイスに長回しの多用。撮影技術が素晴らしいだけに、現実と非現実のバランスの悪さに違和感が残る。宣伝コピーの「SFエンターテインメント作品」に惑わされず、信頼を描いた人間ドラマとして、作品に真摯に向き合うことをお勧めする。

(文・藤枝正稔)

「ジュピターズ・ムーン」(ハンガリー・ドイツ)

監督:コーネル・ムンドルッツォ
出演:メラーブ・ニニッゼ、ゾンボル・ヤェーゲル、ギェルギ・ツセルハルミ、モーニカ・バルシャイ

2018年1月27日(土)、新宿バルト9ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://jupitersmoon-movie.com/

作品写真:2017 (C) Proton Cinema - Match Factory Productions - KNM

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 15:12 | Comment(0) | ハンガリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする