2018年01月23日

クァク・ジェヨン監督新作「風の色」 一人二役の古川雄輝「頑張った分、楽しんで」

風の色2.jpg

 「猟奇的な彼女」(01)、「僕の彼女はサイボーグ」(08)のクァク・ジェヨン監督(韓国)が日本で撮影した映画「風の色」が、1月26日から全国で公開される。主演の古川雄輝が都内をはじめ各都市で上映記念イベントやキャンペーンに参加。ロケ地の札幌市で行われた先行上映会にも登場した。

 劇中でマジシャンを演じる古川は、Mr.マリックの指導を受けて見事な手さばきを披露している。舞台あいさつでは、一部のマジックを除き、本番直前に練習しただけでリハーサルなしで演じたエピソードを紹介した。観客役エキストラのダイレクトな反応を撮るためにクァク監督が取った演出方法だったが、「マジックは初めてなので所作も難しく、緊張した」と振り返った。クライマックスの海中イリュージョンのシーンでは、長時間の水中撮影がたたり低体温症と酸欠で倒れたことを明かし「これよりも大変な作品はなかったし、これからもないだろう(笑)。頑張った分、楽しんでもらいたい」と詰めかけたファンに呼びかけた。

風の色1.jpg

 クァク監督ら韓国のスタッフを迎えて東京や北海道で撮影した日韓合作映画。古川は国際合作映画への出演も多いが、今回の現場は特に興味深かったという。「独特なセリフ回しや演出に、文化や感覚の微妙な違いが出ている。普通の日本映画ではなく、海外の映画の吹き替えのつもりで見ると面白いと思う」と話していた。

 「風の色」は、同じ容貌の二組の男女が織りなす、ミステリーが加味されたラブストーリー。東京に住む涼(古川)は恋人ゆり(藤井武美)の死を知らされるが、旅先の北海道で彼女とうり二つの彩(藤井・二役)に出会う。彩は恋人のマジシャン隆(古川・二役)を海中イリュージョンの事故で失っていたが、隆は涼とそっくりだった。マジシャンを目指した涼はやがて「隆のドッペルゲンガー」と呼ばれるようになる。涼は隆が失敗したイリュージョンを再現するため真冬の知床に向かう。

640.png

(文・写真 芳賀恵)

「風の色」(2017年、日本)

監督:クァク・ジェヨン
出演:古川雄輝、藤井武美、石井智也、袴田吉彦、小市慢太郎

2018年1月26日(金)、TOHOシネマズ日本橋ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://kaze-iro.jp/

写真1と2:古川雄輝=札幌市で2018年1月16日
作品写真:(C)「風の色」製作委員会
posted by 映画の森 at 14:53 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする