2018年01月17日

「消された女」彼女はなぜ監禁され、精神異常者にされたのか 鋭く饒舌な社会派サスペンス

1.jpg

 大都会の真昼間、通りを一人歩いていたカン・スア(カン・イェウォン)は、突然誘拐され、精神病院に監禁された。待っていたのは強制的な薬物投与、無慈悲な暴力、非現実の世界だった。狂気の中、スアは病棟での出来事を手帳に記録し始める──。

 韓国で実際に起きた拉致監禁事件がモチーフの「消された女」。主演はカン・イェウォンとイ・サンユン。監督は「愛なんていらない」(06)、「廃家」(10)のイ・チョルハ。

2.jpg

 韓国には保護者2人、精神科医1人の同意があれば、本人の同意なしで強制的に「保護入院」させられる法律があるという。スアはこの法律を根拠に精神病院に監禁された。一方、干されかけのテレビプロデューサー、 ナ・ナムス(イ・サンユン)に1冊の手帳が届く。手帳の内容に驚き、送り主のスアに会いに行くナムス。スアが巻き込まれた事件の背景にある衝撃の事実、渦巻く闇を暴くために動き始める。

 再起をかけたテレビプロデューサーが、精神異常者にされた女性の記録・証言をもとに、法律の矛盾に真正面から切り込む。シャープで饒舌な社会派サスペンスだ。スアの手帳をきっかけに、ナムスのジャーナリスト魂が目覚め、事件を暴く原動力になる。

 分かりやすい設定、テレビの制作現場の裏側を軽妙に描いた導入部。観客の心をつかんだうえで、事件の真相に切り込んでいく。知的好奇心をくすぐる構成がうまい。並行して描かれる精神病院の悪行は、嫌悪感を誘う醜悪さ。暴力描写も徹底的で、法の矛盾と社会の闇を暴き出す。

3.jpg

 韓国映画でよく見られる実際の事件を下敷きにした作品。「殺人の追憶」(03)、「殺人の告白」(12)、「トガニ 幼き瞳の告白」(11)など秀作が多く作られてきた。コンパクトな91分の上映時間に、あっと驚くラストのどんでん返し。一気に見せる手腕が光る。

(文・藤枝正稔)

「消された女」(2017年、韓国)

監督:イ・チョルハ
出演:カン・イェウォン、イ・サンユン、チェ・ジノ

2018年1月20日(土)、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.insane-movie.com/

作品写真:(C)2016 OAL, ALL RIGHTS RESERVED

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 21:24 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする