2018年01月14日

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」視力を失っても 夢をあきらめなかった青年の実話

1.jpg

 ドイツ人の母、スリランカ人の父の間に生まれたサリア・カハヴァッテ、“通称サリー”(コスティア・ウルマン)。両親と姉の4人家族、夢は立派なホテルマンになること。しかし、先天性の病気で網膜剥離になり、手術後に残ったのは5パーセントの視力だった。父は「障害者の学校へ転入しろ」と言うが、夢をあきらめたくないサリーが取った行動は──。

 実話を基にしたドイツ映画で、監督は「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々」(05)のマルク・ローテムント。主人公のサリアは15歳で視力の95パーセントを失い、高校卒業後はホテルで見習いとして働き、接客業などのキャリアを積み、15年間も目が見えないことを隠していたという。

2.jpg

 学生時代はまだ目が見えていたサリー。レストランで見習いをしながら、家族に料理をふるまうなど明るい未来が開けていた。しかし、突然の病で一度は絶望的な状態に。それでも夢をあきらめない。驚異的な記憶力、わずかに残った視力、聴力を駆使し、猛勉強して学校を卒業する。目のことを隠し、母と姉の助けを借りながら、憧れの一流ホテルの面接を受けて合格する。

 実話ものの映画だが、最初の設定の難易度が高く、映画として興味深い展開になる。主人公が絶望をはねのけ、ポジティブに希望へ向かう姿は、サクセス・ストーリーに近い感触だ。ホテルでの接客の仕事は、人への対応から建物内の移動、食べ物や飲み物、食器の扱いまで、さまざまな作業を覚えなければならない。

3.jpg

 いくたの困難に立ち向かうサリーを、同期見習いのマックス(ヤコブ・マッチェンツ)が助ける。いち早く視力が弱いことを見抜き、サリーにとって心強い相棒になる。出入り配送業者の女性クララ(アンナ・マリア・ミューエ)との淡い恋、指導教官クラインシュミット(ヨハン・フォン・ビューロー)の厳しい監視もアクセントに。さらに、アフガニスタン移民で外科医のハミデ(キダ・コドル・ラマダン)が、キャリアを生かせず皿洗いとして働いている点に、ドイツの現状に対する風刺をしのばせている。

 幸運と不運がともに訪れるサリーの人生。実話がもとであることで真実味が増した。サリーを演じたウルマンは好演で、ローテムント監督の演出は絶妙。誰もが共感できる軽快な作りで、心地よく感動できる作品だ。

(文・藤枝正稔)

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」(2017年、ドイツ)

監督:マルク・ローテムント
主演:コスティア・ウルマン、ヤコブ・マッチェンツ、アンナ・マリア・ミューエ、ヨハン・フォン・ビューロー、アレクサンダー・ヘルト

2018年1月13日(土)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://5p-kiseki.com/

作品写真:(c)ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 11:13 | Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする