2017年12月08日

第18回東京フィルメックス ジャック・ターナー特集「私はゾンビと歩いた!」「夕暮れのとき」

ゾンビ縮小.jpg

 第18回東京フィルメックス(2017年11月18〜26日)「ジャック・ターナー特集」では、没後40周年を迎えたターナー監督の「私はゾンビと歩いた!」(43)と「夕暮れのとき」(56)が、ともに35ミリフィルムで上映された。

 「私はゾンビと歩いた!」は、「キャット・ピープル」(42)に続きターナー監督が再びヒットさせたホラー映画。南国ハイチの豪邸で住み込みの看護婦として働くことになったカナダ人のヒロインが、病に伏せる当主の夫人を治療する過程で経験する不気味な出来事を、美しいモノクロ映像の中に描いた作品だ。 精神を患った夫人の奇怪な行動、当主と弟との確執、当主の母親とブードゥー教との関わりなど、ミステリアスな要素が絡み合い、サスペンスを盛り上げていく。

 雪の降り積もるカナダと、太陽の降り注ぐハイチ。支配する白人と、隷属する黒人。寡黙で内向的な兄と、饒舌で社交的な弟。そして生と死。ストーリーは決して単純ではないものの、二項対立の構成にインパクトがあり、最後まで緊張が途切れない。タイトルの意味がついに不明である点など、解明されない謎も多いが、そこがまた魅力でもある。不思議な作品だ。

夕暮れ縮小.jpg

 ホラー映画で有名なターナー監督だが、「過去を逃れて」(47)などフィルム・ノワールにもすぐれた作品がある。「夕暮れのとき」はその1本。レストランで美しい女と知り合った主人公が、怪しい2人組に連れ去られる。彼らは何者なのか。主人公はなぜ襲われたのか。物語が進行するにしたがって、主人公と2人組との因縁が明かされ、女の素性も分かってくる。

 冒頭シーンで主人公に話しかける男は、味方なのか敵なのか。主人公と女の運命はどうなるのか。予断を許さぬ展開、小気味よい演出、キレのあるアクション。ターナー円熟期を代表する傑作だ。

(文・沢宮亘理)

「私はゾンビと歩いた!」(1943年、米国)

監督:ジャック・ターナー
出演:フランシス・ディ、トム・コンウェイ、ジェームズ・エリソン、エディス・バレット

「夕暮れのとき」(1956年、米国)

監督:ジャック・ターナー
出演:アルド・レイ、ブライアン・キース、アン・バンクロフト、ジョスリン・ブランド、ジェームズ・グレゴリー

作品の詳細は公式サイトまで。

http://filmex.net/2017/

posted by 映画の森 at 15:48 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする