2017年12月08日

第18回東京フィルメックス ジャック・ターナー特集「私はゾンビと歩いた!」「夕暮れのとき」

ゾンビ縮小.jpg

 第18回東京フィルメックス(2017年11月18〜26日)「ジャック・ターナー特集」では、没後40周年を迎えたターナー監督の「私はゾンビと歩いた!」(43)と「夕暮れのとき」(56)が、ともに35ミリフィルムで上映された。

 「私はゾンビと歩いた!」は、「キャット・ピープル」(42)に続きターナー監督が再びヒットさせたホラー映画。南国ハイチの豪邸で住み込みの看護婦として働くことになったカナダ人のヒロインが、病に伏せる当主の夫人を治療する過程で経験する不気味な出来事を、美しいモノクロ映像の中に描いた作品だ。 精神を患った夫人の奇怪な行動、当主と弟との確執、当主の母親とブードゥー教との関わりなど、ミステリアスな要素が絡み合い、サスペンスを盛り上げていく。

 雪の降り積もるカナダと、太陽の降り注ぐハイチ。支配する白人と、隷属する黒人。寡黙で内向的な兄と、饒舌で社交的な弟。そして生と死。ストーリーは決して単純ではないものの、二項対立の構成にインパクトがあり、最後まで緊張が途切れない。タイトルの意味がついに不明である点など、解明されない謎も多いが、そこがまた魅力でもある。不思議な作品だ。

夕暮れ縮小.jpg

 ホラー映画で有名なターナー監督だが、「過去を逃れて」(47)などフィルム・ノワールにもすぐれた作品がある。「夕暮れのとき」はその1本。レストランで美しい女と知り合った主人公が、怪しい2人組に連れ去られる。彼らは何者なのか。主人公はなぜ襲われたのか。物語が進行するにしたがって、主人公と2人組との因縁が明かされ、女の素性も分かってくる。

 冒頭シーンで主人公に話しかける男は、味方なのか敵なのか。主人公と女の運命はどうなるのか。予断を許さぬ展開、小気味よい演出、キレのあるアクション。ターナー円熟期を代表する傑作だ。

(文・沢宮亘理)

「私はゾンビと歩いた!」(1943年、米国)

監督:ジャック・ターナー
出演:フランシス・ディ、トム・コンウェイ、ジェームズ・エリソン、エディス・バレット

「夕暮れのとき」(1956年、米国)

監督:ジャック・ターナー
出演:アルド・レイ、ブライアン・キース、アン・バンクロフト、ジョスリン・ブランド、ジェームズ・グレゴリー

作品の詳細は公式サイトまで。

http://filmex.net/2017/

posted by 映画の森 at 15:48 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

「ビジランテ」地方の閉鎖社会と深い闇 父の暴力に支配される三兄弟 入江悠監督、地元を舞台に渾身の作品

1.jpg

 幼い頃に失踪した長男・一郎(大森南朋)。市議会議員の次男・二郎(鈴木浩介)。デリヘル雇われ店長の三男・三郎(桐谷健太)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟が、父親の死を機に再会。運命は交差し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、凄惨な方向へ向かう──。「SRサイタマノラッパー」の入江悠監督がオリジナル脚本で挑む渾身の新作。監督の地元・埼玉県深谷市で撮影された。

 兄弟の子供時代。暴力で息子たちを支配してきた父・武雄(菅田俊)を3人がナイフで切りつけ、逃げるように川を渡り、凶器のナイフを小箱に入れて埋める。追いついた父は力づくで自宅に連れ戻し、容赦なくせっかんする。耐えられなくなった一郎は弟2人を残し、行方不明となる。

2.jpg

 それから30年。二郎は地元の有力者だった父の跡を継ぐように議員となり、街の自警団のリーダーも兼任していた。議会最大会派に所属し、妻・美希(篠田麻里子)の尻に敷かれつつ、出世コースを這い上がろうともがいていた。三郎は地元暴力団が経営するデリヘルの雇われ店長として、裏社会を渡り歩いていた。

 そんな矢先、父の武雄が亡くなった。地元市議会は、武雄の所有地にモールの建設を計画。了承すれば二郎の出世は約束される。あとは三郎が同意するだけだった。三郎は二郎を思い、父の遺産と相続を一任する。しかし二郎の計画は、30年ぶりに現れた一郎が持つ「遺産相続に関する公正証書」で狂い始める。

3.jpg

 入江監督は「SRサイタマノラッパー」(09)、続編「SRサイタマノラッパー 女子ラッパー☆傷だらけのライム」(10)で、遊び半分だったラップが魂の叫びに変わる瞬間をエモーショナルに描いた。3作目「SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」(12)でコミカルなタッチは影を潜め、暴力と焦燥感が作品を支配。方向性の変化が感じられた。続く「22年目の告白 私が殺人犯です」(17)がヒットし、今回初心に立ち返り、地元を舞台に勝負に出た。

 「ビジランテ」とは「法や正義が及ばない世界。大切なものを自ら守り抜く集団」を意味するという。父の暴力に支配され育った三兄弟。閉鎖的な地方都市を舞台に、痛く息苦しい暴力描写を交え、人生の悪循環を描き出す。外国人住民と地元自警団との摩擦と抗争。街を支配する市議会の黒い闇。三郎が生きる裏社会。地方の濃密な社会が映し出される。

 大森、鈴木、桐谷の熱演もさることながら、二郎を陰で操る妻役の篠田が一皮むけ、悪女をあやしく演じる。暴力で息子たちにトラウマを植え付けた父役の菅田は、インパクト絶大な凄みのある演技。鈍いボディブローを長時間打たれ続けたように、体に衝撃が残る渾身の一作だ。

(文・藤枝正稔)

「ビジランテ」(2017年、日本)

監督:入江悠
出演:大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太、篠田麻里子、嶋田久作

2017年12月9日(土)、テアトル新宿ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://vigilante-movie.com/

作品写真:(C)2017「ビジランテ」製作委員会

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 23:36 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする