2017年11月05日

「おじいちゃん、死んじゃったって。」本音を爆発させる家族 死について考えるヒロイン

ojiichan-main縮小.jpg

 夏の終わり。若い男女がセックスをしている。主人公の吉子とボーイフレンドの圭介だ。自宅の2階、吉子の部屋である。階下で電話が鳴り始めた。行為を中断し、受話器を取る吉子。祖父が死去したとの知らせだった。「おじいちゃん、死んじゃったって」。吉子はベランダに出ると、庭にいる父親の清二に向かって叫んだ。

 早速葬儀の準備が始まる。喪主は長男である叔父の昭男。サポート役が父親の清二だが、2人の意見はなかなか折り合わない。もともと仲が悪いのか、何かにつけていがみ合い、怒鳴り合う。未亡人となったハルは認知症。子や孫の顔も認識できず、夫の死も理解できない。彼女を預けるホームの手配もしなければならない。

ojiichan_sub1縮小.jpg

 そうこうしているうちに、次々と親族が集まってくる。離婚した昭男の妻と娘。東京の大学に進学した弟。大学浪人中で引きこもりの従弟。故人を悼むというより、浮き世の義理を果たすため一堂に会した家族たち。

 昭男と清二の兄弟げんかが呼び水となり、家族は長年ため込んできた鬱積を爆発させる。颯爽と赤いフェラーリで乗り付けた叔母の薫が、車上荒らしで高額の香典を奪われるなど、予想外のアクシデントも発生。厳粛であるべき祖父の葬儀は、罵詈雑言飛び交う喧騒と混乱の場と化す。

 そんなドタバタ劇をちょっと冷めた眼差しで眺めているのが吉子だ。「なぜみんな悲しそうじゃないんだろう」。「死後の世界って、天国か地獄しかないのかな」。祖父が死んだときセックスをしていたことに罪悪感を抱きつつ、吉子は人の死について真剣に考える。

ojiichan_sub2縮小.jpg

 全体はコメディー仕立て。昭男と清二が遺体の上で取っ組み合いをしたり、はげ隠しに吹きかけたスプレーが葬式の挨拶中に溶けて昭男の顔が真っ黒になったり。爆笑を誘うシーンが目白押しだ。昭男に扮した岩松了がはまり役。認知症のハルには「恋の罪」(11)の怪演などで知られる大方斐紗子が扮し、強烈な存在感を放っている。

 ヒロインの吉子にはNHK大河ドラマ「真田丸」で注目を浴びた実力派で、映画初主演となる岸井ゆきの。クールさとウェットさを併せ持った現代っ子の立場から、家族の見届け役をしっかり演じ切った。

 新鋭・山崎佐保子のオリジナル脚本、CM界で活躍する森ガキ侑大監督がメガホンを取った初長編。どんなにいがみ合っても家族は家族。誰かが死んでも、また誰かが生まれ、延々と家族は続いていく――。シンプルな真実を、美しい田園地帯に浮かび上がらせた。第30回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門公式出品。

(文・沢宮亘理)

「おじいちゃん、死んじゃったって。」(2017年、日本)

監督:森ガキ侑大
出演:岸井ゆきの、岩松了、美保純、岡山天音、水野美紀、光石研

2017年11月4日(土)、テアトル新宿、テアトル梅田、Denkikanほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。
http://ojiichan-movie.com

作品写真:(c)2017「おじいちゃん、死んじゃったって。」製作委員会
posted by 映画の森 at 10:58 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする