2017年10月24日

「星空」思春期の少女の心象風景 ファンタジックな映像で 台湾トム・リン監督名作

メイン/縮小.jpg

 裕福な環境で育った13歳の少女。はた目には恵まれているように見えるが、両親の仲は冷え切っていて、家庭にぬくもりはない。寂しさを紛らわすように、少女は幸せだった幼い頃の思い出にふける。祖父とともに過ごした山の中で見た満天の星。もう一度、あの星空を見たい。祖父に会いたい。しかし、夢はかなわぬまま、祖父は亡くなってしまう。

 そんな少女の前に、1人の少年が現れる。少女の家の真向かいに越してきた転校生だった。少年はいつもスケッチブックを持ち歩き、卓越した画才の持ち主だ。しかし、描いているのは裸婦像ばかり。たちまち少年はクラスで浮いた存在となる。

サブ1/縮小.jpg

 同級生にいじめられる少年。加勢した少女はけがを負い、二人は意識し合う仲となる。ところが、少年は突然母親から転居を告げられる。DV(ドメスティック・バイオレンス)が原因で別れたはずの父が、居場所を突き止め、追ってきたのだ。一方、少女も両親から離婚を宣言される。少女は「星を見に行かない?」と少年を誘う。森、湖、山小屋、そして星空。古い思い出が蘇り、新しい思い出がつむがれる――。

 親しくなった少年と少女が、親の都合で引き離される。成瀬巳喜男監督の名作「秋立ちぬ」(60)を思い出す。少年の視点から、大人の身勝手さに翻弄される子どもの切なさ、やるせなさを、リアリズムの手法で描いた成瀬作品に対し、トム・リン監督は、少女の視点からファンタジー色強く描いている。

サブ2/縮小.jpg

 駅の待合室に降り積もる雪。巨大化して少女に付き従う木彫りの動物たち。星の瞬く夜空を疾走する列車。残酷な現実に抗するように表れる少女の心象風景が美しくも悲しい。

 エピローグには、成長した少女の役でグイ・ルンメイが登場。直前に投げかけられる謎と、ラストのサプライズをお見逃しなきよう。

(文・沢宮亘理)

「星空」(2011年、台湾・中国)

監督:トム・リン
出演:シュー・チャオ、リン・フイミン、レネ・リウ、ハーレム・ユー、ケネス・ツァン、ジャネル・ツァイ、シー・チンハン、グイ・ルンメイ

2017年10月28日(土)、K's cinemaほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://hoshizora-movie.com/

作品写真:(c)HUAYI BROTHERS MEDIA CORPORATION TOMSON INTERNATIONAL ENTERTAINMENT DISTRIBUTION LIMITED FRANKLIN CULTURAL CREATIVITY CAPITAL CO., LTD ATOM CINEMA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 23:54 | Comment(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする