2017年10月23日

第22回釜山国際映画祭(2) 中山美穂、新作「蝶の眠り」でレッドカーペット キム・ジェウク共演の純愛作品

1中山美穂とキム・シ_ェウク.jpeg

 第22回釜山国際映画祭は、招待作品約300本のうち41本が合作を含む日本映画だった。映画祭の運営側と行政の対立がいまだ解消されていないため、韓国の一部の映画人は今年もボイコットを続け、スター不在の映画祭とも揶揄(やゆ)された。そんな中、日本から大勢のスターが釜山を訪れ、祭りを盛り上げるのに一役買った。

 韓国で「ラブレター」(95)の記憶がいまだ鮮烈な中山美穂は、新作「蝶の眠り」でレッドカーペットを歩き、ファンやメディアの熱い視線を浴びた。

2中山美穂とチョン・シ_ェウン監督.jpg

 「蝶の眠り」は、遺伝性の認知症に侵された人気作家の涼子(中山美穂)と、韓国から来た留学生チャネ(キム・ジェウク)の年齢を超えた純愛がテーマ。悲劇的運命を知りながらも自分を見失わない、自立した女性の強さを、中山が感情を抑制した演技で表現する。

 「子猫をよろしく」(01)のチョン・ジェウン監督を迎えて日本で撮影された。監督はここ数年、建築と都市空間をテーマにしたドキュメンタリーの製作に打ち込んでおり、劇映画の演出は12年ぶり。韓国では男性的な映画が全盛で女性が主人公の映画は多くないが、監督は「女性監督なので女性を描くのには自信がある」と完成度に自信をにじませた。

3中山美穂とムン・ソリ.jpg

 監督は当初から主演に中山を想定していたといい、会見で「中山が引き受けてくれたからこそ作れた映画」と感謝を伝えた。言葉が通じない環境での演出には不安もあったが、「俳優の選択と表現を信じた」。チャネ役のキム・ジェウクはネイティブレベルの日本語がキャスティングの決め手になった。監督が通訳以外で唯一、韓国語で会話ができる存在だったため、現場では心の支えになったという。

 韓国で「ラブレター」が封切られたのは、日本の大衆文化が解禁された直後の1999年。幻想的な雪景色を背景にしたラブストーリーは一大ブームを巻き起こし、中山の劇中のせりふ「お元気ですか」は流行語になった。13年と16年にもリバイバル上映され、人気は根強い。中山は会見で「ラブレター」がいまだに韓国人の記憶に残っていることを問われ、「長く愛されているのは作品の力。恩恵を受けてありがたい」と話した。

蝶の眠りスチール1.jpg

 徐々に記憶を失っていく「蝶の眠り」の役どころについては「実際には病気ではないので本当の気持ちは分からなく、難しかった。監督の考えている世界を演じられるように努力した」と振り返った。また、キム・ジェウクについては「感情を大事にしてそれを演技にぶつけてくる。その情熱に応えたいという気持ちで演じた」と話し、「先が楽しみな俳優」と付け加えた。

 「蝶の眠り」は来春、日韓で公開予定。

(文・芳賀恵、写真・岩渕弘美 芳賀恵)

【写真】
1:レッドカーペット 中山美穂×キム・ジェウク
2:記者会見 中山美穂×チョン・ジェウン監督
3:トークイベントでムン・ソリと登壇した中山美穂=いずれも同映画祭で
4:「蝶の眠り」場面写真=同映画祭事務局提供

posted by 映画の森 at 17:36 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする