2017年09月27日

「ユリゴコロ」初日舞台あいさつ 吉高由里子「引きずられ、摩耗した作品。涙を絞り出した」

ユリゴコロ舞台あいさつ2.jpg

 沼田まほかるのベストセラー小説を映画化した「ユリゴコロ」が2017年9月23日公開され、東京・新宿で主演の吉高由里子、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、熊澤尚人監督が舞台挨拶した。

 松坂桃李演じる亮介が、父の部屋であるノートを発見。記された「殺人者の告白」の真相に迫る。過去と現在、愛情が絡み合い、真実にたどり着くサスペンスだ。絶望的な喪失感を抱えながら生きる主人公の美紗子を、吉高由里子が体当たりで演じている。

松坂.jpg 吉高.jpg

 吉高は上映後「自分が引きずられ、摩耗した作品。多くの人に見てもらいたい」とあいさつ。最後のシーンは「2日かかって撮影した。こめかみが切れるんじゃないかと思うくらい涙腺を絞り出して、ずっと泣いていた。毎カット、毎カット、本当に大変だった」と振り返った。

 一方、現在のパートで亮介を演じた松坂。出来上がった作品をみて「過去のパートにも出演したかった。過去と現在は静と動。静かな流れの中で動いていく過去パート。感情と空気感を肌で感じたかった」と話した。

ユリゴコロ舞台あいさつ1.jpg

 熊澤監督は「見終わって言葉にできない人、揺さぶられてる人がいると思う。主人公は矛盾と葛藤しながら生きていく。見終わって一日引っ張ると思う」と熱く語った。

 さらに熊澤監督は「吉高さんなくしては『ユリゴコロ』は作れなかった。血と涙を流しながら熱演してくれた。彼女の100年残る代表作だと思っている」と締めくくった。

(文・写真 岩渕弘美)

「ユリゴコロ」(2017年、日本)

監督:熊澤尚人
出演:吉高由里子、松坂桃李、松山ケンイチ、佐津川愛美、清野菜名

2017年9月23日(土)、新宿バルト9ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://yurigokoro-movie.jp/

作品写真:(C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017「ユリゴコロ」製作委員会
posted by 映画の森 at 09:55 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする