2017年08月19日

「ベイビー・ドライバー」犯罪+カーアクション、新たな切り口で新風

b1.jpg

 「ショーン・オブ・ザ・デッド」(04)、「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメ!」(07)のエドガー・ライト監督が、カーアクション満載の犯罪映画「ベイビー・ドライバー」で英国からハリウッドに本格進出した。

 逃げる銀行強盗団を乗せ、雇われドライバーのベイビー(アンセル・エルゴート)が、ご機嫌な音楽に乗り、天才的な運転テクニックを披露する。ベイビーがハンドルを握る真っ赤な日本車「スバルWRX」が、パトカーと凄まじいカーチェイス。まんまと警察を巻いてアジトに向かう。

b2.jpg

 続いてミュージカルパートに突入。ベイビーの仕事は終わらない。強盗団にコーヒーをふるまうため、アジトから少し離れたコーヒー店へ徒歩で使い走り。ベイビーは音楽に合わせて軽快なステップで動き、カメラもその姿をワンショットで追い続ける。観客は幕開けからアクティブな描写に心をわしづかみされる。

 幼い時に交通事故で両親を失ったベイビーは、後遺症で耳鳴りが止まらなず、iPodの音楽で耳鳴りを封じ込める。彼に一目置くのが、大物犯罪者ドク(ケビン・スペイシー)だ。ベイビーはドクに大損させた借りを返すため、強盗団の逃走専門ドライバーをしている。借りもあと少し。ベイビーは最後の仕事をこなした後、真っ当な人生を歩もうと計画していた──。

b3.jpg

 米犯罪映画とカーアクションは相性がいい。「ブリット」(68)や「ワイルド・スピード」シリーズなど多くのヒット作が生まれ、一ジャンルとして定着している。新たな切り口を見せたのが「ベイビー・ドライバー」だ。犯罪とカーアクションに音楽をシンクロさせた。監督はシーンに使う楽曲を先に決め、曲に合わせて脚本を書いたという。

 音楽は主人公の内心も代弁する。他人の前で心を開かないベイビーは大好きな曲に気持ちを重ね、口パクで歌うマネをしながら踊る。表向きは犯罪映画だが、繊細な主人公が運命を切り開く青春映画の一面も持ち、恋愛パートが隠し味となっている。

 ベイビーは行きつけのダイナーで働くデボラ(リリー・ジェイムズ)へ淡い恋心を抱く。しかし、ドクにバレて利用されてしまい、新たな犯罪に手を染めるきっかけとなる。繊細なベイビーと、それを悪用する大人たち。

 ドクを演じたスペイシーが貫禄の演技。オスカー受賞俳優のジェイミー・フォックスら、アクの強い個性派が若い俳優を脇からサポートしたエキサイティングな犯罪映画だ。

(文・藤枝正稔)

「ベイビー・ドライバー」(2017年、米国)

監督:エドガー・ライト
出演:アンセル・エルゴート、リリー・ジェームズ、ケビン・スペイシー、ジェイミー・フォックス、ジョン・ハム

2017年8月19日(土)、新宿バルト9ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.babydriver.jp/
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 11:31 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「LUCK-KEY ラッキー」韓国映画の名脇役ユ・ヘジン、主演コメディーで縦横無尽

l1.jpg

 韓国で2016年に大ヒットしたコメディー映画「LUCK-KEY ラッキー」(イ・ゲビョク監督)が公開中だ。原案は、堺雅人と香川照之の共演で話題を集めた日本映画「鍵泥棒のメソッド」(12、内田けんじ監督)。名バイプレーヤーのユ・ヘジンの起用が大当たりし、コメディー映画としては韓国映画史上最高の約697万人を動員した。重厚で骨太な映画が人気を集める中での異例の快進撃だった。

 眼光鋭い殺し屋の男が銭湯で石鹸を踏んづけて転倒し、記憶を失う。居合わせた貧乏役者は、脱衣所で男の財布に大金が入っているのを見ていた。そして男のロッカーの鍵を自分のものとすり替え、ふたりの人生が入れ替わる──。この「鍵泥棒のメソッド」の基本設定はそのまま生かし、大幅に脚色を加えて新たな世界を作り出している。

l2.jpg

 主演ユ・ヘジンの特徴的な風ぼうは、韓国映画ファンにはおなじみだろう。舞台俳優出身。スクリーンデビュー当時はチンピラややくざ者のイメージが強かったが、次第に重要な役どころを任されるようになり、「里長と郡守」(07)でチャ・スンウォンとのダブル主演に抜てきされる。

 「チョン・ウチ 時空道士」(09)では変化自在な犬、「ベテラン」(14)では財閥家に仕える従順で卑屈な社員、「極秘捜査」(15)では心優しい占い師、「共助」(16)では北朝鮮の刑事とチームを組む落ちこぼれ刑事と、演じる役柄は多種多様。物語にリアリティーを与える強力な存在でありながら、自らの役割をわきまえて決して主役を食うようなことはしない。いまや韓国映画になくてはならない俳優だ。

l3.jpg

 そんな彼のワンマンショーが堪能できるのが「LUCK-KEY ラッキー」。ユ・ヘジン演じる殺し屋ヒョンウクは記憶を失い、自分を駆け出しの役者と思い込む。銭湯で倒れた自分を助けてくれたレスキュー隊員リナに支えられ、地道な努力を重ねてエキストラからセリフのある役へと着実に進化していく。一方、貧乏役者ジェソンは殺し屋への電話を受けて仕事に足を突っ込んでしまう。そこに美貌の女性ウンジュが絡み、事態は予想外の展開を見せる。

 ユ・ヘジンはスクリーンを縦横無尽に駆け回り、コメディーにミステリー、アクションにロマンスと、ごった煮になりかねない要素をすっきり整理する。冷徹な殺し屋、駆け出しの役者、さらには劇中劇の登場人物といくつものキャラクターを演じ分け、カメレオン俳優の本領を存分に発揮。まるで彼自身の演技人生が投影されているかのような物語のクライマックスは、劇中劇のラストシーンとシンクロし、観客の心を震わせる。この映画が発信するのはまさしく「演技とは」、「人生とは」というメッセージなのだ。

 人気グループ・MBLAQ出身で、演技のキャリアを順調に重ねているイ・ジュンがジェソン役を好演。キュートなレスキュー隊員リナ役のチョ・ユニ、謎めいた美貌の女性ウンジュ役のイム・ジヨンが華を添える。

(文・芳賀恵)

「LUCK-KEY ラッキー」(2016年、韓国)

監督:イ・ゲビョク
出演:ユ・ヘジン、イ・ジュン、チョ・ユニ、イム・ジヨン

2017年8月19日(土)、シネマート新宿ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://klockworx.com/movie/m-405151/

作品写真:(C)2016 SHOWBOX AND YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED.
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 08:41 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする