2017年07月30日

「ビニー 信じる男」事故から奇跡の復活 ボクサーの狂気、不屈の精神

b1.jpg

 交通事故から奇跡のカムバックを遂げた実在のボクサー、ビニー・パジェンサの半生を描いた「ビニー 信じる男」。ジャズ映画「セッション」(14)のマイルズ・ミラーが主演、トレーナー役に「ハドソン川の奇跡」(16)のアーロン・エッカート。監督、原案、脚本は「マネー・ゲーム」(00)のベン・ヤンガー、製作総指揮は巨匠マーティン・スコセッシが務める。

 ボクシングを題材にした映画には傑作が多い。シルベスター・スタローンをスターにした「ロッキー」シリーズ、スコセッシ監督の「レイジング・ブル」(80)、クリント・イーストウッド監督「ミリオンダラー・ベイビー」(04)など数々の名作がある。

b2.jpg

 米ロードアイランド州ブロビデンス。スター選手を金づるに、嘘と欲望が渦巻くボクシングの世界。うぬぼれ屋ビニー(マイルズ・ミラー)は、スーパーライト級チャンピオンに負けて引退を勧告される。これを機にビニーは奮起し、飲んだくれトレーナーのケビン(アーロン・エッカーと)から徹底した指導を受け、2階級上に挑戦。見事ジュニアミドル級チャンピオンの座を手に入れる。

 しかし、ビニーは友人が運転するスポーツカーの助手席に同乗中、正面衝突事故に遭い、首を折る大けがを負う。医師は「2度と歩けないかもしれない」と脊髄を固定する手術を勧め、ボクサーとして再起不能になると宣告する。ビニーは手術を決断するが、待っていたのは過酷な試練の日々だった──。

 主役のミラーは、音楽映画「セッション」でドラマー志望の学生役。鬼教師にしごかれ、狂気の世界に落ちる男を演じた。今回与えられた試練は、脊髄を器具で固定され、半年間積むトレーニングだ。家族に隠れ、痛々しい姿でトレーナーのケビンと体づくりに励む。

b3.jpg

 ボクシング映画として華麗に幕開けした作品は、中盤で主人公が奈落の底に突き落とされる。手術後の寝たきり状態、リハビリ生活、再び挑むチャンピオンへの道。ビニーは不自由な体で過酷な訓練に励む一方、女や賭け事にも興じる。不屈の精神、逆境の克服を演じると、ミラーは本領を発揮する。迫力ある試合シーンを含め、新たなボクシング映画の傑作が誕生した。

(文・藤枝正稔)

「ビニー 信じる男」(2016年、米国)

監督:ベン・ヤンガー
出演:マイルズ・テラー、アーロン・エッカート、ケイティ・セーガル、キアラン・ハインズ、テッド・レビン

2017年7月21日(土)、TOHOシネマズシャンテほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://vinny-movie.com/

作品写真:(C)BLEED FOR THIS, LLC 2016
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「海辺の生と死」島尾ミホと敏雄の恋 満島ひかりの熱演光る

海辺の生と死_メイン.jpg

 太平洋戦争末期。奄美群島のカゲロウ島。国民学校で代用教員をしているトエは、駐屯してきた海軍特攻隊の隊長である朔(さく)中尉と出会う。知的で軍人らしからぬ朔に好意をいだくトエ。ある日、朔がトエの家を訪ねたのをきっかけに、ふたりは急速に接近し、愛し合うようになるが――。

 島尾ミホと島尾敏雄の恋愛実話を映画化した「海辺の生と死」。トエと朔は島尾夫妻、舞台となるカゲロウ島は、奄美大島の南に位置する加計呂麻島(かけろまじま)がモデルとなっている。

海辺の生と死_サブ1.jpg

 物語の中心人物はトエだ。朔に対するトエの思いの激しさ、一途さが全編を貫いている。子どもたちに慕われるやさしい先生。そんなトエが、朔と知り合い、恋に落ちるや、見る見る“女”となっていく。朔からの手紙を読んで陶然とし、浜辺での密会に恍惚となるトエ。狂おしいまでの恋心に、トエは身も心も委ねていく。

 朔は、いずれ爆弾を積んだ舟艇で敵艦に体当たりして果てる運命。そのときは、後を追って自分も死ぬ。残された短い時間の中で、トエは朔との恋に燃え尽きる覚悟なのだ。死と隣り合わせであるからこそ、トエの恋心は極限まで高まるのである。

海辺の生と死_サブ2.jpg

 実話がベースとなっている以上、トエにはどうしても島尾ミホが重なって見える。つまり、夫の敏雄が書いた小説「死の棘」で、嫉妬のため精神を病むミホの若き日の姿として、つい見てしまう。夫を強く愛するがゆえに、浮気を許せないという、ある意味、情の深い女性。そういう女性の若き日の姿がトエということになる。

 この映画は、そういう見方をしても十分に納得できる作品となっている。その最大の立役者は、もちろん満島ひかりである。育ちは沖縄だが奄美大島にルーツを持つ満島は、奄美の言葉を完璧にマスターした上で、トエ=島尾ミホのイメージを鮮やかに造形することに成功している。満島によって具現化されたミホは、この後、敏雄と結婚し、浮気した敏雄を執拗に責め立てる。そんな女性になるであろうことを予感させるのである。

(文・沢宮亘理)

「海辺の生と死」(2017年、日本)

監督:越川道夫
主演:満島ひかり、永山絢斗、井之脇海、川瀬陽太、津嘉山正種

2017年7月29日(土)、テアトル新宿ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.umibenoseitoshi.net/

作品写真:(C)2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする