2017年05月07日

「八重子のハミング」病を抱えた夫妻、喜びと苦難の12年 佐々部清監督渾身の自主映画

yae_main.jpg

 4度のがん手術から生還した夫が、若年性アルツハイマー病の妻を介護した記録「八重子のハミング」。陽信孝の同名原作を「半落ち」(04)、「夕凪の街、桜の国」(07)の佐々部清が監督。大手映画会社の出資を受けず脚本、製作も兼ねて完成させた自主製作映画だ。ベテラン俳優の升毅が映画初主演。「サンダカン八番娼館 望郷」(74)などに出演後、作家に転身した高橋洋子の28年ぶりの映画女優復帰作である。

 舞台は山口県。実在の八重子さんが好きだった場所でロケ撮影したという。幕開けは街が見渡せる高台の風景。石橋夫妻が覚悟を決めたような表情でたたずんでおり、一瞬不安がよぎる。時と場所は変わり、白髪の誠吾(升)が妻の介護について講演している。テーマは「やさしさの心って何?」。妻の八重子(高橋)との思い出が回想シーンとなり、夫婦と家族の12年が過去と現在を交差して描かれる。

yae_sub1.jpg

 夫のがんに妻のアルツハイマー症。重く難しいテーマだ。しかし、夫婦の苦難を丁寧に回想する一方、老いた誠吾が講演会で過去の出来事をユーモラスに話す様子や、心温まるエピソードに救われる。バランスをうまく取った演出と構成だ。

 自分も病に苦しむ誠吾が、次第に「赤ちゃん返り」する妻に優しく接する。排便など映像として見せるのが難しいシーンは、誠吾の講演会での話術で乗り切る。升の柔軟な演技が作品を引っ張る。物語の中心になる八重子役の高橋が、復帰作でこんな難役を演じ切ったことに心打たれた。高橋はデビュー作「旅の重さ」(72)の無垢な家出少女が印象深い。今回は教師同士の夫妻が出会った若き日から、病で天真爛漫になった晩年まで魅力的に演じた。

yae_sub2.jpg

 がん、闘病、若年性アルツハイマー病、介護、老い、死。ネガティブな要素を真正面から描く一方、夫妻が友人や家族に見守られつつ、困難を乗り越える過程をバランス良く描いた。一歩間違えればつらい作品になる恐れがあったが、重い部分は浄化させて夫婦愛に焦点をしぼった。佐々部監督渾身の1本だ。

(文・藤枝正稔)

「八重子のハミング」(2016年、日本)

監督:佐々部清
出演:升毅、高橋洋子、文音、中村優一、安倍萌生

2016年5月6日(土)、有楽町スバル座、新宿武蔵野館ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://yaeko-humming.jp/

作品写真:(C)Team「八重子のハミング」

posted by 映画の森 at 09:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全州国際映画祭(1)カン・ドンウォン、2カ月ぶりに公式の場

kan.jpg

 韓国全州市で開かれた「全州国際映画祭2017」で5月3日、韓国映画「マスター」の上映後に舞台あいさつが行われ、カン・ドンウォンとチョ・ウィソク監督が登場した=写真。イ・ビョンホン、キム・ウビンも出演し話題を呼んだ同作は昨年末に公開され大ヒット。会場は満員のファンで埋まった。

 カン・ドンウォンは今年3月に母方の曽祖父が日本植民地時代に反民族的活動をした「親日派」だったと報じられて以来、公の場に姿を現すのは初めて。舞台あいさつの冒頭、カン・ドンウォンは「公式の場で謝罪したかった。歴史と真実について反省し学びたい」と神妙な表情でコメントした。

kan3.jpg

 「マスター」はネットワークビジネス詐欺事件の首謀者(イ・ビョンホン)と、彼を追い詰める知能犯罪捜査班の刑事(カン・ドンウォン)の息詰まる闘いを描く。イ・ビョンホンは政官界に太いパイプを持ち権力をほしいままにしている設定。映画の編集作業中に朴槿恵大統領の友人による国政介入問題が明るみに出たため、チョ・ウィソク監督は「『現実のほうが面白い』といって映画を見に来る人がいなくなるのではないかと心配した」という。

kan2.jpg

 自身初の刑事役を演じたカン・ドンウォンは役作りについて尋ねられ、「いつも初めてシナリオを読んだときに感じたことを大切にしている。刑事が主役の映画はよく見ているので役作りに役立った」と話した。

 カン・ドンウォンの次回作は1987年6月の民主化闘争をテーマにした「1987」(チャン・ジュナン監督)。特別出演で、デモ中に催涙弾に当たり亡くなった実在の学生運動家を演じる。

(文・芳賀恵、写真・岩渕弘美)
posted by 映画の森 at 07:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする