2017年05月18日

「オリーブの樹は呼んでいる」祖父のために孫娘奮起 たった一人の無謀な挑戦

ol_main.jpg

 スペイン、バレンシア地方の小さな町カネット。20歳のアルマ(アンナ・カスティーリョ)は、気が強く扱いにくい女の子だ。オリーブ農園を営む祖父とは深い絆で結ばれていたが、祖父は何年も前に話すことをやめた。大切にしていた樹齢2000年のオリーブの樹を父が売ってしまったからだ。ついに食事もしなくなった祖父を見て、アルマは樹を取り戻す決意をする──。

 「オリーブの樹は呼んでいる」は「麦の穂をゆらす風」(08)、「わたしは、ダニエル・ブレイク」(16)でケン・ローチ監督とコンビを組むポール・ラヴァーティの脚本を、妻で女優のイシアル・ポジャインが監督したスペイン映画だ。

ol_sub1.jpg

 オリーブをめぐる祖父と孫娘の物語を知る前に、スペインの経済状況を理解する必要がある。不景気が続き、失業率は過去最高。建設業界の景気は低迷し、農家は自然を破壊して利益を得ているという。農園で育てられた樹齢1000年を超えるオリーブも、高値で売買されるありさまだ。

 作品に登場する農園も、景気悪化のあおりを受け、祖父のオリーブを手放さざるを得なくなる。家計は一時的に潤うものの、家族の絆は崩壊し、祖父はふさぎ込む。不仲な家族の現在をメーンにしながら、オリーブがあった平和なアルマの子供時代が回想される。

 アルマは樹木の仲介業者に樹を売った相手を聞き出す。樹はドイツの環境保護企業のシンボルとして使われ、会社のロビーに展示されていた。お金もコネもないアルマは、叔父のアーティチョーク(ハビエル・グティエレス)と同僚のラファ(ペップ・アンブロス)を丸め込み、大型トラックを会社から勝手に拝借。ドイツに向け無謀な旅に出る。

ol_sub2.jpg

 アルマの計画は周りの人々を巻き込み、SNSを通じて世の中に拡散され、大きな騒動に発展する。たった一人で挑戦する反骨精神は、ローチ監督の「わたしは、ダニエル・ブレイク」にも通じる。しかし、作家の目はシビアだ。困難を越えた末の安易な結末を示さず、厳しい現実を突きつける。

 スペインの現状を知らぬ身には、やや分かりづらい物語かもしれない。アルマの祖父へのまっすぐな思いが、壊れた家族の絆を修復する。現実を厳しくとらえた作品だ。

(文・藤枝正稔)

「オリーブの樹は呼んでいる」(2016年、スペイン)

監督:イシアル・ボジャイン
出演:アンナ・カスティーリョ、ハビエル・グティエレス、ペップ・アンブロス、マヌエル・クカラ

作品写真:(C)Morena Films SL-Match Factory Productions-El Olivo La Pelicula A.I.E
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」イタリアにまかれた“日本カルチャー”の種、40年を経て開花 大人向けダークヒーロー作品

jg_main.jpg

 テロの脅威にさらされる現代のローマ。孤独なチンピラのエンツォ(クラウディオ・サンタマリア)は、ふとしたことで超人的なパワーを得てしまう。初めは私利私欲で力を使っていたが、世話になっていた“オヤジ”が残した娘アレッシア(イレニア・パストレッリ)の面倒をみるはめになり、正義に目覚めていく──。

 「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」は、永井豪原作の日本製テレビアニメ「鋼鉄ジーグ」(75)をモチーフにしたイタリア初のダークヒーロー・エンターテインメント作品だ。79年にイタリアでテレビ放送された「鋼鉄ジーグ」は、40年近く経った今も人々の心に深く刻まれているという。監督、脚本、音楽を務めたガブリエーレ・マイネッティの長編デビュー作となる。

jg_sub1.jpg

 ハリウッドの「ヒーロー映画」は現在、3つに大別できる。まずは肉体と能力を生まれながらに持った「スーパーマン型」。次に普通の人間がコスチュームで強化され、武器を駆使して戦う「バットマン&アイアンマン型」。最後に実験の失敗や事故で特殊能力が身につく「ハルク&スパイダーマン型」だ。今回のエンツォは3番目のパターンといえる。

 元になったアニメ「鋼鉄ジーグ」は巨大ロボットが活躍した。一方、エンツォは放射性物質を全身に浴び、特殊能力を身につける。アレッシアは熱狂的な「鋼鉄ジーグ」ファン。現実と妄想の境がわからなくなり、チンピラに襲われた窮地を救ったエンツォを、「鋼鉄ジーグ」の主人公・司馬宙(シバヒロシ)と重ね合わせてしまう。やや強引な解釈だが、エンツォはこれを機に力を正義のために使うようになる。

 エンツォはもともとヨーグルトとアダルトビデオが好きな中年の泥棒だった。ヒーロー物としては異色の主人公だ。一方、そんなエンツォにゴロツキたちのボス、ジンガロ(ルカ・マリネッリ)は敵意を抱く。エンツォの能力のうらやみ、妬み、強引に本人から能力を得た方法を聞き出す。自分も「力」をつけたジンガロは、私利私欲のため悪用する。

jg_sub2.jpg

 正義のエンツォと悪のジンガロ。対等の力を持った関係はコインの裏と表、もしくはバットマンと悪役ジョーカーのような敵対関係に。クライマックスではローマ市民を巻き込み、壮絶なバトルを繰り広げる。

 40年前、イタリアにまかれた“日本カルチャー”の芽が、時を経て1本の映画として開花した。ハリウッド映画とはひと味もふた味も違う、大人向けのヒーロー作品だ。

(文・藤枝正稔)

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」(2015年、イタリア)

監督:ガブリエーレ・マイネッティ
出演:クラウディオ・サンタマリア、イレニア・パストレッリ、ルカ・マリネッリ、ステファノ・アンブロジ、マウリツィオ・テゼイ

2017年5月20日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.zaziefilms.com/jeegmovie/

作品写真:(C)2015 GOON FILMS S.R.L. Licensed by RAI Com S.p.A. – Rome, Italy. All rights Reserved.

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

「夜明け告げるルーのうた」心を閉ざした少年、島で人魚の少女に出会う 繊細で躍動的な青春アニメ

yo_main.jpg

 さびれた港町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年カイ(声:下田翔大)は、父と祖母の3人暮らし。両親の離婚で東京から引っ越してきた。親への複雑な思いを抱え、学校生活にも後ろ向きのカイ。ある日、同級生に「バンドに入らないか」と誘われ、練習場所の島へ行くと、人魚の少女ルー(谷花音)が現れた──。

 先月公開されたアニメーション映画「夜は短し歩けよ乙女」(17)を監督した湯浅政明が、初めて取り組んだ完全オリジナルの劇場用長編アニメだ。「マインド・ゲーム」(04)、「四畳半神話大系」(10)、「ピンポン THE ANIMATION」(14)など個性的な作風の湯浅。今回は人間の少年と人魚の少女の出会いを繊細に描く。

yo_sub1.jpg

 海に面した町を舞台に、少年が人魚に出会い、町の人々を巻き込む騒動を起こしながら、成長していく。甘酸っぱいジュブナイル(少年少女)作品だ。未知なる生物と少年の邂逅といえばスティーブン・スピルバーグ監督「E.T.」(82)を思い出す。が、今回の“生物”はかわいい人魚。片言だが話すこともでき、音楽を聴くと尾びれが二本足に。よちよち歩く子どものようだ。物語の主眼はカイの心の解放に置かれている。

 “ボーイ・ミーツ・ガール”の王道に、湯浅監督得意の疾走する躍動感が合わさっている。宮崎駿監督率いる「スタジオジブリ」作品に対抗できるクオリティーだ。キャラクターの随所にジブリ作品の影響を感じさせる部分があり興味深い。

yo_sub2.jpg

 親の離婚で心を閉ざした少年が、天真爛漫な人魚に寄せる初恋にも似た感情。心の動きが丁寧に、繊細に描かれる一方、“湯浅節”と呼ばれる躍動感が心地よく響く。細部まで精密に描き込まれた背景と相反するように、キャラクターは極端にデフォルメされ、ユニークだ。ジブリ作品と一線を画して見事。独創的な水の表現、レトロなダンスシーン。監督の魅力とアイデアが凝縮し、大人から子どもまで楽しめる作品に仕上がった。

「夜明け告げるルーのうた」(2017年、日本)

監督:湯浅政明
声の出演:谷花音、下田翔大、篠原信一、柄本明、斉藤壮馬

2017年5月19日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://lunouta.com/

作品写真:(C)2017ルー製作委員会

posted by 映画の森 at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

「STOP」キム・ギドク監督に聞く「ぜい沢をするために原発を作り、結果的に命を落とすのは愚かなことだ」

キム・ギドク監督.jpg

 福島から東京に避難した夫婦に、謎の男が堕胎を求める。汚染地域で暮らす女が奇形児を出産する。東京から来た男が、放射能にまみれた家畜をさばき密売する──。福島の原発事故が引き起こした不安や恐怖を衝撃的な映像で描き出し、世界各国の映画祭で物議を醸した問題作「STOP」。日本公開を前にキム・ギドク監督が来日し、取材に応じた。キム監督は「ぜい沢をするために原発を作り、結果的に命を落とすのは愚かなことだ」と語った。

 主なやり取りは次の通り。

増し続ける原発への不安

 ──「STOP」を撮ろうと思った理由は。

 2011年3月11日の東日本大震災で、多数の犠牲者が出た。原発事故で被災地は放射能に汚染された。事故はいまだに収束の目処が立っていない。この不安な状況を何とか映画にしたいと思った。

st_main.jpg

 ──福島の原発事故の後も、大飯や川内など原発が相次いで再稼働している。

 原発反対を叫んでいる人たちがいる一方で、再稼働に肯定的な人たちもいる。両者が対立している状況だが、政府は後者の立場をとっている。こういった状況は日本に限ったことではない。中国でも原発建設が進んでいるし、世界的には10年後に今の2倍、1000カ所くらいにまで増えるのではないかという話もある。やがてどこかで、チェルノブイリや福島の悲劇が繰り返されるかもしれない。怖いことだと思う。

 ──このまま原発が増え続けていったら大変なことになる。その危機感が「STOP」を撮るモチベーションとなったのか。

 私はいつも安全な環境の中で、映画を作りたい、人生を楽しみたいと思っている。でも、原発事故が起これば、私の願いは打ち砕かれてしまう。エネルギーを好きなだけ使って、ぜい沢な暮らしをする。そのために、原発を作り、結果的に命を落としたり、体に障害を生じたりするのは愚かなことだ。

st_sub1.jpg

危ぶまれた日本公開

 ──原発を正面から批判した作品。日本公開は危ぶまれたと聞いている。

 日本の原発を描いており、ロケも日本、俳優も日本人。だから、当然のことながら、日本で公開すべきと思っていた。ところが、これまで私の作品を上映してくれた映画祭も、今回は二の足を踏むところが多かった。そんな中、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で上映してくれたのは幸いだった。作品を見て感動した人が「ぜひ劇場公開してほしい」と私の手を握ってくれた。劇場との交渉は、本作のプロデューサーで出演もしている合アレンさんが引き受けてくれた。たぶん散々断られたと思うが、何とか私たちと志を同じくする劇場での公開が決まった。アレンさんの尽力に感謝している。

 ──韓国で公開されたときの観客の反応は。

 日本の話なので共感してもらうのは難しく、観客の入りもそれほどではなかった。少し遅れて「パンドラ」という、やはり原発の恐怖を描いた娯楽映画が封切られたが、そちらはかなりの動員を記録したようだ。私の作品は製作費が少なく、高いクオリティーも望めないので、どうしたって分が悪い。でも、作品を見た人は好意的な評価をしてくれた。主人公たちの恐怖を自分自身の恐怖と感じてくれた人もいたし、原発反対の意志がさらに固まったという人もいた。

st_sub2.jpg

原発は核爆弾と同じ

 ──監督自身で撮影を担当しているが、製作費を抑えるのが目的なのか。

 「嘆きのピエタ」では2台のカメラのうち1台を自分が担当した。その後は、自分ひとりで撮っている。プロのカメラマンはやたら撮影に凝るため、準備に時間がかかってしまう。ところが自分で撮ると、余計な準備もなく、必要なカットだけを効率的に撮れるので、製作費の割に多くのカット数が稼げる。もちろんプロのカメラマンは高いテクニックを持っており、その価値は認めるが、私の映画は外面的なデザインよりも、内面的なテーマに重きを置いているので、最近は私が一人で撮っている。いまドローン撮影を練習しているので、今後はその技術も使ってみたい。

 ──新宿や井の頭公園など都内でも撮影しているが、支障なく撮影はできたのか。

 使用したカメラは一眼レフ。誰も映画を撮っているとは思わないので、自由に撮ることができた。今は、こういうカメラを使えば、お金も人手もかけずに映画が撮れる。アイデアはあるが製作費がないという人に、映画は一人でも製作できるんだということを示したい。私をモデルにしてもらいたい。そんな思いもあった。

常に想像力を働かせている

 ──随所にショッキングな描写が見られる。一瞬、現実離れしているように思うが、よく考えるとあり得ることばかりだ。決してきてれつな話ではない。

 私には、何か事件が起きると、付随的に何が起こるだろうかと考える習慣がある。福島にこっそり侵入し、動物をさばいて肉を闇で売ってしまうということは、もしかしたら実際にあるかもしれないし、あったら怖いなと思わせる。つねにそういう可能性について想像力を働かせている。

 以前「うつせみ」という映画を撮ったが、誰もいない空き家に忍び込んで洗濯をしたり、人の真後ろに隠れたりするシーンがある。突飛な行動に思えるかもしれないが、あり得ることだ。一見あり得ないことを可能に見せるのが映画だ。ひいては映画はイコール想像力だとも言える。

 私はいつもそんな考えで映画を撮っている。今まで誰もやったことがない、誰も見せてくれたことがない、新しいイメージ、新しい物語を探し求めている。それが映画作家としての使命だと思っている。

質素倹約の姿勢が必要だ

 ──これから「STOP」を見る日本の観客にメッセージを。

 最初にも話したように、原発は世界的に増える傾向にある。日本も今後、原発がさらに増えたり再稼働したりすることがあると思うが、そのたびに不安は高まるだろう。原発は核爆弾のようなものだ。もし戦争になって、ミサイルが原発を攻撃したら、核爆弾が爆発するのと同じ結果になる。それに、戦争は防いだとしても、自然災害である地震は防ぎようがない。絶対安全な原発などはない。

 私たちに必要なことは、電気をできるだけ大切に使うこと、肉体労働をしてエネルギーに変えていくこと。質素倹約の姿勢だ。一つでも原発を減らしていくことが、人間の未来にとっては望ましいことだと思っている。「STOP」には、そんな私の思いが込められている。

 韓国同様、日本でも封切館が少なく、あまり多くの人に見てもらえないかもしれないが、見た人ができるだけ口コミで広げてくれて、少しでも多くの人に見ていただきたい。金もうけのために撮った作品ではないので、収益があったら無条件に被害者の方に寄付しようと思っている。

(文・写真 沢宮亘理)

「STOP」(2015年、韓国・日本)

監督:キム・ギドク
出演:中江翼、堀夏子、武田裕光、田代大悟、藤野大輝、合アレン

2017年5月13日(土)、新宿 K's cinema、キネカ大森ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://www.stop-movie.com/

posted by 映画の森 at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」すべてを失った男、絶望と再生の物語 ケイシー・アフレック好演

man_main.jpg

 主人公のリー・チャンドラー(ケイシー・アフレック)は、米国ボストン郊外で便利屋として働いている。水漏れ修理やペンキ塗りなど、何でも器用にこなし重宝がられているが、無愛想でけんかっ早く、トラブルもしょっちゅうだ。そんなリーが、かつて暮らしていた町、マンチェスター・バイ・ザ・シーに帰ってくる。兄のジョー(カイル・チャンドラー)が急死し、甥のパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人に指名されたからだ。

 リーはこの町で生まれ育った。結婚して子供も3人いた。幸せな生活だった。ところが、ある事件をきっかけにすべてを失い、故郷の町を去って行く。それほど悲痛な事件とは何だったのか。答えを明かさないまま、物語は進んでいく。

man_sub1.jpg

 リーが町を去った当時は幼い少年だったパトリックも、いまは高校生。アイスホッケーとバンド活動に夢中な普通の若者だ。リーの脳裏にかつてパトリック、ジョーの父子と3人で海釣りをした思い出がよみがえる。

 父親代わりとして、パトリックの面倒を見るリー。付き合っている彼女のことなど、親身になってパトリックにアドバイスする。事件以来、他人を寄せ付けなかったリーの固い心がしだいにほぐれていく。だが、心に巣食うトラウマはそう簡単に消えるものではない。

 映画は現在と過去を交差させながら、傷ついたリーの内面に迫っていく。圧巻はついに事件の真相が明かされるシーンだ。悲劇的予感をはらんだ音楽が流れ、観客は徐々に恐るべき瞬間へといざなわれる。そして映し出される、あまりに残酷で非情な光景。耐え難い現実を前に、リーは呆然と立ち尽くし、人格は崩壊する。

man_sub2.jpg

 ここからいかにしてリーは再生を果たしていくのか。故郷を離れても癒えることのなかった傷が、帰ってきた町で甥と交流する中で、どれほど回復していくのか。決して楽観的なストーリーではない。予定調和のハッピーエンドとは無縁だ。だからと言って、全編が暗いトーンに覆われているわけでもない。ユーモアもふんだんに詰まっている。絶望のふちにも希望の光は差し込むのである。

 この映画が見る者の心をとらえるのは、単純に割り切ることのできない人生を、真正面から見つめ、ごまかしのないやり方で、ありのままに描き出しているからだろう。隅々まで血の通った脚本が秀逸。リーに扮したケイシー・アフレックの演技が出色である。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞など、主要映画賞を席巻したのもうなずける。

(文・沢宮亘理)

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(2016年、米国)

監督:ケネス・ロナーガン
出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ、カーラ・ヘイワード

2017年5月13日(土)、シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.manchesterbythesea.jp/

作品写真:(c)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.
posted by 映画の森 at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする