2017年03月08日

斎藤工の長編監督デビュー作「blank13」、ゆうばり映画祭で観客賞

blank13舞台あいさつ2.jpg

 北海道夕張市で開かれた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」で、俳優の斎藤工が“齊藤工”名義で監督した初の長編作品「blank13」がプレミア上映された。斎藤とキャストの村上淳が登壇するとあって、夕方からの上映にもかかわらず早朝から熱心なファンが行列を作り、約600席の会場はほぼ満員に。6日に発表された観客賞のファンタランド大賞も手にした。

 「blank13」は13年間行方をくらましていた父親と家族の再会と別れの物語。放送作家のはしもとこうじの経験をもとにしたストーリーで、リリー・フランキー演じる父と高橋一生演じる次男の関係が軸となっている。

blank13_main.JPG

 前半では父と家族の関係性が描かれる。ギャンブル好きの父のせいで極貧生活を強いられる母と二人の息子。家を出た父は13年ぶりに現れたとき病に冒され、死を目前にしていた。後半の父の葬儀のシーンでは、ギャンブラーやニューハーフなど一風変わった友人たちが次々に惜別の言葉を述べる。佐藤二朗や蛭子能収といった個性派俳優たちがアドリブをきかせた演技で家族の知らない人間味にあふれた男の姿を浮き彫りにし、13年の空白を埋めていく。

 斎藤は「あこがれの俳優の村上さんといっしょにゆうばりに帰って来れたことを映画の神様に感謝します」とあいさつ。村上は斎藤について「俳優も監督もどちらも男前。撮影現場でも潔い」と絶賛した。斎藤は、葬儀のシーンはキャストに自由に演じさせ、編集スタッフにも「脚本を無視していい」と伝えたという。かっちりした構成の前半と、予測不可能な展開となる後半の落差が観客をひきつける作品だ。

 斎藤は監督を務めながら長男役で出演もしている。当初キャスティングしていた俳優が撮影直前にキャンセルし、スタッフの勧めで出演を決めたという。

blank13舞台あいさつ1.jpg

 ゆうばり映画祭は斎藤がブレーク前から参加し、映画談義に花を咲かせていた場所。「blank13」も企画段階からゆうばりでの上映を目標にしていたという。斎藤は「映画を通じて人と人が交流できる祭りは他にない」とゆうばり愛を吐露し、集まったファンに感謝していた。

(文・写真 芳賀恵)

写真:
1と3:(右から)斎藤工、村上淳
2:「blank13」

posted by 映画の森 at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする