2017年03月07日

ゆうばり映画祭、グランプリは「トータスの旅」

トータスの旅.jpg

 北海道夕張市で開かれていた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」は2017年3月5日、ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門のグランプリに永山正史監督の「トータスの旅」を選んで幕を閉じた。永山監督には次回作の支援金200万円が贈られる。

 オフシアター・コンペティション部門は内藤誠監督を委員長とする5人の審査員が7本のノミネート作品の中から受賞作を決定。審査員特別賞は韓国のイム・チョルミン監督の「ベートーベン・メドレー」、北海道知事賞は横山翔一監督の「はめられて Road to Love」が受賞した。グランプリの「トータスの旅」は、父と息子を中心とする家族、それにペットの亀が繰り広げるロードムービー。永山監督の実体験をもとにしているという。

M.BOY.jpg

 インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門は韓国のキム・ヒョジョン監督の「M-Boy」がグランプリに輝いた。

(文・芳賀恵)

■受賞作■
【ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門】
グランプリ 「トータスの旅」永山正史監督
審査員特別賞「ベートーベン・メドレー」イム・チョルミン監督
北海道知事賞「はめられてRoad to Love」横山翔一監督
スペシャルメンション「堕ちる」村山和也監督
シネガーアワード(批評家賞)「ストレンジデイズ」越坂康史監督
【インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門】
グランプリ 「M.Boy」キム・ヒョジョン監督
審査員特別賞「歯」パスカル・ティボウ監督
優秀芸術賞 「あたしだけを見て」見里朝希監督
      「Mizbrük」ダニエル・ドランロー監督
      「タコ船長とまちわびた宝」飯田千里監督

作品写真:
「トータスの旅」オフシアターコンペグランプリ
「M.Boy」短編コンペグランプリ
posted by 映画の森 at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする