2017年02月28日

「フレンチ・ラン」豪腕CIA捜査官と天才スリ、テロ犯を追い詰める

fr_main.jpg

 仏パリで起きた爆弾テロ事件を、一匹狼の米中央情報局(CIA)捜査官と若き天才スリがコンビを組んで解決する“バディ・ムービー”「フレンチ・ラン」。

 革命記念日前夜のパリ。天才スリのマイケル(リチャード・マッデン)は、広場の雑踏に全裸の美女を歩かせ、人々が気を取られたすきに財布をかすめ取っていた。同じころ、テロ組織が実行犯の女ゾーエ(シャルロット・ルボン)を使い、ビル爆破を企てる。しかし、女は未遂のまま現場を去る途中、マイケルに爆弾入りのバッグを盗まれる。マイケルは広場にバッグを置き捨て、その後爆発が発生。防犯カメラにはバッグを手にしたマイケルの姿が映っていた──。

fr_sub1.jpg
 
 ジェームズ・ワトキンス監督が目指したのは「1970年代アクション映画」という。クリント・イーストウッド主演「ダーティハリー」(71)、ジーン・ハックマン主演「フレンチ・コネクション」(71)など名作刑事アクションが多い時代だ。一匹狼的な刑事が単独で事件に挑み、生身のアクションで解決する。今回のCIA捜査官ブライヤー(イドリス・エルバ)も同じく、猪突猛進で犯人を追う。アパートの屋根を走り、廊下で犯人と接近戦。肉弾捜査スタイルが印象的だ。

 ポイントはそんなCIA捜査官とスリが即席でコンビを組み、犯罪組織を追い詰めていく点だろう。堅物のブライヤーに調子のいいマイケル。そこへ容疑者として確保した女ゾーエが加わる。テロ組織の「革命記念日にパリを制圧する」目論見を阻止するため、捜査のプロと素人2人が街を走る。

fr_sub2.jpg

 爆弾テロで始まった物語は、大勢のパリ市民を巻き込み、大掛かりなクライマックスを迎える。一人テロと戦うストイックなブライヤーは、仏映画「レオン」(94)のジャン・レノ演じる主人公を思い出す。テロ犯の正体、目的にはやや荒っぽさを感じるが、疾走感と謎解きのバランスがいい。ひとひねり加えたオチまで92分間、痛快なバディ・アクションが楽しめる。

(文・藤枝正稔)

「フレンチ・ラン」(2016年、英・仏・米)

監督:ジェームズ・ワトキンス
出演:イドリス・エルバ、リチャード・マッデン、シャルロット・ルボン、ケリー・ライリー、ジョゼ・ガルシア

2017年3月4日(土)、渋谷シネパレスほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

作品写真:(C)2016 Studiocanal S.A. TF1 Films Production S.A.S.All Rights Reserved
posted by 映画の森 at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

「ラ・ラ・ランド」人生の夢と希望、甘さと苦さ 50年代ミュージカル形式で描く

lala_main.jpg

 女優の卵とジャズピアニストとの恋を、ミュージカル仕立てで描いた「ラ・ラ・ランド」。高速道路上で繰り広げられる冒頭の群舞シーンから、1950年代ミュージカルのテイストがあふれ、目を引き付ける。俳優たちの歌い踊る姿や表情も、古き良き時代の雰囲気たっぷりだ。「キャロル」(15)や「ブルックリン」(15)などと同じ、50年代を舞台にした“レトロムード”な作品かと一瞬思う。しかし、違った。

 時代は現代、場所はロサンゼルス。登場人物はケータイを所有し、ファッションもイマ風である。要するに、今日の男女の恋物語を、50年代ミュージカルのスタイルで撮った映画なのだ。

lala_sub2.jpg

 だが、50年代ミュージカルといえば、歌も踊りも超一流。圧倒的なテクニックを備えたスターたちが、最高のパフォーマンスで観客を魅了したもの。主演のライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが、どこまでその境地に迫り得ているのか。

 フレッド・アステアやジーン・ケリー、シド・チャリシーやレスリー・キャロン。もちろん彼らの美技・神技には及ばない。とはいえ、数分間もの長回しに耐えるダンスの完成度は十分称賛に値する。ジャズピアニスト役のゴズリングの演奏シーンも吹き替えなし。たった3カ月の特訓でものにしたというから大したものだ。

 場面転換ごとに一変する服装。画面を彩るカラフルな色彩。いかにもミュージカルらしい楽しさ、華やかさが横溢(おういつ)している。若い男女が互いに夢を追いながら、励まし合い、愛し合う、青春の喜びに満ちたラブストーリー。

lala_sub1.jpg

 ところが、終盤から様相が変わる。2人の人生を揺るがす大きな転機が訪れ、物語にサスペンスの色合いが加わっていく。2人は夢を実現できるのか。幸福を手にできるのか。答えを出さないまま、映画は5年後のエピローグに飛ぶ。

 ここから本作は、ハッピーなミュージカルから厳しいリアリズムの世界に移行。2人の運命がドラマティックに紹介される。ともにゴールデングローブ賞を受賞したゴズリングとストーン。その視線の演技に注目したい。人生の苦味、酸味を凝縮したようなラストの数分間は圧巻だ。

 監督は、「セッション」(14)で脚光を浴びたデイミアン・チャゼル。単なる50年代ミュージカルへのオマージュに終わらせず、ずしりと心に響く人間ドラマに仕立て上げた手腕はさすがである。

(文・沢宮亘理)

「ラ・ラ・ランド」(2016年、米国)

監督:デイミアン・チャゼル
出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ソノヤ・ミズノ、J・K・シモンズ

2017年2月24日(金)、TOHOシネマズみゆき座、TOHOシネマズシャンテほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gaga.ne.jp/lalaland/

作品写真:(c)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 04:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

「愚行録」妻夫木聡「確実に心に傷跡を残す作品。人間の愚かさ感じ取って」

「愚行録」公開初日舞台あいさつ.jpg

 第73回ベネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門出品作「愚行録」が2017年2月18日公開され、主演の妻夫木聡、満島ひかり、小出恵介、臼田あさ美、石川慶監督らが東京都内で舞台あいさつした。

 直木賞候補となった貫井徳郎の同名推理小説を映画化。ロマン・ポランスキー監督らを輩出したポーランド国立映画大学で演出を学んだ石川監督の長編デビュー作。人間の嫉妬やねたみ、羨みや駆け引きなど、日常的に積み重なる「愚行」が絡み合う様を描いたミステリーだ。

妻夫木聡.jpg

 主人公の週刊誌記者・田中を演じた妻夫木は、出演を決めた理由を「直感。石川監督の存在、原作に興味を持ち、やりたいと思った。原作は田中の目線で描かれておらず、性格や人間像が想像できず期待も多かった。満島さんときょうだいを演じ、話をしなくても通じ合う部分があり、とても安心した。心強かった」と語った。

 妻夫木の妹・光子を演じた満島は「光子の生い立ちと似た人の話を石川監督と長くした。地に足がついていない感覚で『もしかしてこのやり方、間違っているのでは』と思った撮影だったけれど、一番シンプルに伝わる方法を見つけ、役を作り上げた」と振り返った。

満島ひかり.jpg

 撮影はポーランドのピオトル・ニエミイスキが担当。臼田は「監督の初長編作で、現場に新しい風が吹いていた。これほど共演者と顔を合わせてお芝居しない現場はなく、完成した映画を初めて見た時が一番新鮮だった。まるで知らない映画を見るような感覚」と話した。

 作品について妻夫木は「深い泥沼に浸かり、あまり明るい話ではないけれど、確実に心に何かの傷跡を残す作品。人間の愚かさを感じ取ることができ、皆さんに役立つものもあるのではと思う」と話していた。

「愚行録」(2017年、日本)

監督:石川慶
出演:妻夫木聡、満島ひかり、小出恵介、臼田あさ美、市川由衣

2017年2月18日(土)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gukoroku.jp/

作品写真:(C)2017「愚行録」製作委員会
タグ:イベント
posted by 映画の森 at 06:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

「百日告別」最愛の人を突然失った痛み 台湾トム・リン監督、実体験を映画化

100_main.jpg

 最愛の妻を突然亡くした実体験を、台湾青春映画「九月に降る風」(08)のトム・リン監督が映画化した。

 台湾の路上で多重事故が起きた。平和な日常が一瞬で非日常に変わる。シンミン(カリーナ・ラム)は婚約者レンヨウを亡くした。ユーウェイ(シー・チンハン)は妊娠中の妻シャオエンを失った。最愛の相手の死を受け入れられない二人は、喪失感に押しつぶされそうになりながら、初七日を迎える──。

 初七日、三十五日、四十九日と行われる合同の法事。縁のなかった他人同士が、事故に巻き込まれた共通点で山の上の寺に集まる。何度か顔を合わせるうち、奇妙な連帯感が生まれていく。しかし、法事が終われば再び、それぞれ孤独な喪失感と向き合わなければならない。

100_sub1.jpg

 シンミンは調理師のレンヨウと、レストランを開く夢があった。メニューの開発を兼ねて新婚旅行する予定だった沖縄に、シンミンは一人旅立ち、孤独を改めてかみ締める。一方、ユーウェイはピアノ教師だった妻の教え子の家を訪ね歩き、レッスン料を返していく。そして二人は、法事の節目である「百日」を迎える。

 「百日告別」は悲惨な事故シーンで幕を開ける。それぞれ事故車に乗り合わせ、一命をとりとめた二人。もうろうとする意識の中、病院で初めて現実を知る。怒りと悲しみが入り乱れ、我を失うユーウェイに、親族たちは理解を示さない。その姿は監督自身の体験から生まれたのではないだろうか。

100_sub2.jpg

 心に穴の開いた二人をよそに、時は無情に、刻々と過ぎていく。合同の法事を節目にしながら、二人は喪失感を埋めるため動き出す。一人向かった沖縄。島の人々の優しさや風景が、言葉の通じないシンミンの心を癒やしていく。

 残された人が亡き人を思う気持ちは、日を追うごとに募るものだろうか。監督自身が亡き妻への思いを整理し、映画にすることが、癒やしの儀式だったのかもしれない。監督の痛みがダイレクトに伝わり、観客も言い知れぬ痛みと悲しみを共有する。

(文・藤枝正稔)

「百日告別」(2015年、台湾)

監督:トム・リン
出演:カリーナ・ラム、シー・チンハン、チャン・シューハオ、リー・チエンナ、ツァイ・ガンユエン

2017年2月25日(土)、渋谷ユーロスペースほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.kokubetsu.com/

作品写真:(C)2015 Atom Cinema Taipei Postproduction Corp. B'in Music International Ltd. All Rights Reserved
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

「ラ・ラ・ランド」夢の街で出会った男女 歌と踊りで紡ぐ甘くほろ苦い人生 オスカー14部門候補の話題作

lala_main.jpg

 夢追い人が集まる米ロサンゼルス(L.A.)。女優を目指して映画スタジオのカフェで働くミア(エマ・ストーン)は、オーディションに落ちるばかり。ある夜、場末のバーでピアノを引くセブ(ライアン・ゴズリング)に出会う。前作「セッション」が注目を集めたデイミアン・チャゼル監督の最新作。米ゴールデングローブ賞7部門を制し、米アカデミー賞も14部門で候補となっている話題作だ。

 「ラ・ラ・ランド」はロスのハリウッド周辺地域の愛称で、「ハイになり陶酔する」、「夢の国」を意味するという。ハリウッドのミュージカル映画は1950〜70年代が最盛期。「シカゴ」(02)や「マンマ・ミーア!」(08)のように最近多い舞台の映画化ではなく、久しぶりに完全オリジナルなミュージカル作品だ。

lala_sub2.jpg

 チャゼル監督が目指したのは、仏ミュージカルの名作「シェルブールの雨傘」(64)、「ロシュフォールの恋人たち」(67)で知られるジャック・ドゥミ監督へ壮大なオマージュを捧げることだろう。せりふをすべて歌でつづった切ない恋愛劇「シェルブールの雨傘」に、男女の出会いと別れを歌い上げた「ロシュフォールの恋人たち」を重ね、ドゥミ監督の遺作「想い出のマルセイユ」(88)を隠し味に使っている。

 ドゥミ作品は原色の衣装や背景が視覚に訴え、ジャズベースのビッグバンドや甘いメロディーが耳を刺激する。そんなスタイルをチャゼル監督は現代の技術で再現した。ドゥミ作品を多く手がけたミシェル・ルグランの作曲法を徹底的に研究したようだ。ミアが演じる一人芝居の主人公“ジュヌヴィエーヴ”は「シェルブールの雨傘」の主人公と同じ。ドゥミ作品で特徴的に使われる画面転換法「アイリスイン&アウト」(黒字に丸枠が閉じて広がる表現)まで使われている。

lala_sub1.jpg

 プロローグ。高速道路で渋滞に巻き込まれた人々が、ワンカットで歌い踊る。高揚感あふれる幕開けだ。二人の出会いを描いた「冬」に始まり、四季でエピソードを区切りつつ、物語は進んでいく。男女が愛を育む過程が、シンプルな歌と踊りで語られ、監督は最後に「もう一歩」踏み込む。

 エピローグ。渋滞に巻き込まれたミアは、運命に導かれてたどり着いた場所で、「もしも」に裏打ちされたもう一つの人生を夢想する。「シェルブールの雨傘」のラストを観客に予感させ、さらに一歩踏み込んだことで、極上の深みが加わり、心地よい余韻が引き出された。ゴズリングは3カ月でピアノをマスターし、プロ級の腕前を披露している。歌と踊りを吹き替えなしで演じたゴズリング、ストーンが素晴らしい。

 同じ音楽を取り上げた「セッション」で、カリスマ教師のしごきで神経をすり減らす主人公の狂気を描いたチャゼル監督。今回は一転、ハリウッドが忘れていたミュージカルの夢を抜群のセンスで復活させた。美しい歌と踊りが高揚感を生み、ミュージカルの新たな可能性と醍醐味を存分に感じられる秀作だ。

(文・藤枝正稔)

「ラ・ラ・ランド」(2016年、米国)

監督:デイミアン・チャゼル
出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、ジェシカ・ローゼンバーグ、ソノヤ・ミズノ

2017年2月24日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gaga.ne.jp/lalaland/

作品写真:Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate. (C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする