2017年01月16日

ゆうばり映画祭がラインアップ発表 復活10年目、招待作品に「ひるね姫」「哭声」

ゆうばり会見.jpg

 2017年3月2日から6日に北海道夕張市で開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」は1月16日に札幌市内で記者会見を開き、ラインアップを発表した。招待作品部門は8作品で、オープニングは神山健治監督のアニメーション「ひるね姫 知らないワタシの物語」、クロージングは出演した國村隼の演技が韓国で評判となったナ・ホンジン監督の新作「哭声 コクソン」。新人監督を発掘し支援するファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門には国内外の7作品がノミネートされた。期間中に計86本の映画を上映する。

 映画祭が市の財政難で一時休止し、民間の手で2008年に復活してから今年で10回目となる。今回から実行委員長を務める作家の小檜山博氏は「映画は一回しか生きられないはずの人生を何度でも生き直すことができる素晴らしいもの。北海道は東京に次いでロケが多い地域だが、ゆうばり映画祭が北海道の文化の核になるよう発展していってほしい」とあいさつした。

ひるね姫.jpg コクソン.jpg

 招待作品部門には、俳優の斎藤工の初長編監督作品「blank13」や、韓国ドラマ「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が北海道を舞台に日本のキャストで撮った自身初の劇場映画「心に吹く風」、劇団EXILEの青柳翔が主演する時代劇「たたら侍」など、注目作が集まる。

 オフシアター・コンペティション部門には国内396本、海外136本の合計532本の応募があり、このうち7本がノミネートされた。内藤誠監督を審査委員長とする5人の審査員が受賞作を選ぶ。 

ゆうばりキー.jpg

 昨年スタートした18歳未満お断りのセクション「フォービデンゾーン」は、ゆうばりでしか体験できない強烈な世界が展開される。國村準のトークやゆうばり映画祭の歴史と未来を語り合うシンポジウムなど、さまざまなイベントも予定されている。

(文・写真 芳賀恵)

<招待作品>
【オープニング】「ひるね姫 知らないワタシの物語」神山健治監督
【クロージング】「哭声 コクソン」ナ・ホンジン監督
「ライオン」(原題)ガース・デイビス監督
「blank13」斎藤工監督
「KOKORO」(英題)ヴァンニャ・ダルカンタラ監督
「たたら侍」錦織良成監督
「心に吹く風」ユン・ソクホ監督
「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」パブロ・ラライン監督

写真:
映画祭実行委員会とご当地キャラ「メロン熊」=札幌市で

作品写真:
【オープニング】
「ひるね姫 知らないワタシの物語」(c)2017ひるね姫製作委員会
2017年3月18日(土)、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほかで全国公開
【クロージング】
「哭声 コクソン」(c)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

キービジュアル:
「大怪獣 雪山の大熱戦!」寒河江弘×飯塚貴士
posted by 映画の森 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする