2016年12月10日

映画祭を振り返る(4)第17回東京フィルメックス エドワード・ヤン監督「タイペイ・ストーリー」ホウ・シャオシェン主演 台湾ニューシネマの盟友集結

taipeistory.jpg

 第17回東京フィルメックス(2016年11月19〜27日)。特別招待作品「フィルメックス・クラシック」で、台湾エドワード・ヤン(楊徳昌)監督の「タイペイ・ストーリー」(1985)が上映された。

 ホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督とともに台湾ニューシネマを牽引したヤン監督。日本では「クーリンチェ少年殺人事件」(91)以降の全作品と「恐怖分子」(86)が劇場公開されているが、長編2作目にあたる「タイペイ・ストーリー」はなかなか見るチャンスが少なく、ファンにとって貴重な上映となった。

 主たる登場人物は、30代とおぼしき幼なじみのカップル。マンションで同棲生活を送っているが、蜜月期はとうに過ぎているようで、甘いムードはかけらもない。実は2人とも、ほかの異性とひそかに関係を持っている。

 男は兄のビジネスを手伝うため、たびたび米国に出張しているが、今ひとつ何をやりたいかがはっきりしない。かつて少年野球の花形選手だったようで、今もたまに子どもたちをコーチしている。野球選手になりたかった過去から解放されていないのだろう。

 一方、女は建築設計会社で働いていたが、大企業との合併を機にリストラされてしまう。失業したことで生活基盤が揺るぎ、2人の関係はますます先が見えなくなっている。

 ある日、男が出張から持ち帰ったビデオから、男が隠していた密会の事実が発覚。女が男を問い詰めると、男は逆ギレして家を出ていく。女は男との関係を修復しようと、男の行きつけのカラオケ店に電話するが――。

 急速に発展する台北を舞台に、男女の不安定な関係をスタイリッシュな映像で描いた作品。男を演じたのはホウ・シャオシェン、女を演じたのは当時ヤン監督夫人だったツァイ・チン(蔡琴)。ほかにも「多桑 父さん」(94)のウー・ニェンチェン(呉念真)、「光陰的故事」(82)のクー・イーチェン(柯一正)など、ヤン監督の盟友だった映画作家たちが俳優として参加。ホウ監督は脚本、製作も手がけている。

 仏ヌーヴェルヴァーグに比肩する大きなうねりを引き起こした台湾ニューシネマ。斬新な映像スタイルもさることながら、盟友同士がスクラムを組んで製作した点でも、まさにヌーヴェルヴァーグ的な1本といえる。

 プロ野球や石原裕次郎のテレビCM、日本語カラオケ、日本企業のネオンサイン、さらには少女が口にする渋谷や原宿という名前まで、全編に散りばめられた“日本”も印象的である。

(文・沢宮亘理)

「タイペイ・ストーリー」(1985年、台湾)

監督:エドワード・ヤン
出演:ツァイ・チン、ホウ・シャオシェン、クー・イーチェン
posted by 映画の森 at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「RANMARU 神の舌を持つ男」初日舞台あいさつ 向井理「何度でも楽しめる作品」

RANMARU舞台あいさつ.jpg

 特殊能力“絶対舌感”を持つ男蘭丸(向井理)が数々の難事件を解決していく「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編」が公開中だ。初日の2016年12月3日に堤幸彦監督、向井理、佐藤二郎、木村文乃、木村多江、財前直見、黒谷友香、永瀬匡らが東京都内で舞台あいさつした。

 主演の向井は開口一番「皆さん理解できましたか。僕もよく理解していないので、あと2、3回は観ないと」と話して観客の笑いを誘った。佐藤も「(撮影が)3月から始まって9カ月。本当に公開されるのか。今も壮大などっきりなんじゃないか、と思っている」と冗談まじりに話した。

向井理.jpg

 向井は撮影を「朝の6時から、ふんどし一丁で自転車に乗って走った。金輪際ないと思う。大変でした」と振り返った。堤監督の演出には女優たちも苦労した様子。「堤組」初参加の財前は「無茶ぶりする人だと思ってはいたが、さらに輪をかけた感じ」と戸惑い気味。そんな財前に共演者は「アドリブを言う人、セリフを足した人は初めて」と賞賛していた。

 ドラマ、映画、宣伝活動と半年以上も時間をともにしてきた仲間らしく、監督と出演者の掛け合い漫才のような楽しいやりとりが続く。最後に向井が「ギャグ満載な作品ですが、社会的なメッセージも込められている。ギャグやパロディーで隠しつつ、両方を見せている。何度でも楽しめる作品」とコメント。堤監督も「年の瀬で大変なこともいろいろあると思いますが、この映画でニンマリして頂ければ」と締めくくった。

(文・写真 岩渕弘美)

ranmaru_main.jpg

「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編」(2016年、日本)

監督:堤幸彦、
出演:向井理、木村文乃、佐藤二朗、木村多江、市原隼人

2016年12月3日(土)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://ranmaru-movie.jp/

作品写真:(C)2016 RANMARUとゆかいな仲間たち

posted by 映画の森 at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする