2016年12月10日

映画祭を振り返る(4)第17回東京フィルメックス エドワード・ヤン監督「タイペイ・ストーリー」ホウ・シャオシェン主演 台湾ニューシネマの盟友集結

taipeistory.jpg

 第17回東京フィルメックス(2016年11月19〜27日)。特別招待作品「フィルメックス・クラシック」で、台湾エドワード・ヤン(楊徳昌)監督の「タイペイ・ストーリー」(1985)が上映された。

 ホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督とともに台湾ニューシネマを牽引したヤン監督。日本では「クーリンチェ少年殺人事件」(91)以降の全作品と「恐怖分子」(86)が劇場公開されているが、長編2作目にあたる「タイペイ・ストーリー」はなかなか見るチャンスが少なく、ファンにとって貴重な上映となった。

 主たる登場人物は、30代とおぼしき幼なじみのカップル。マンションで同棲生活を送っているが、蜜月期はとうに過ぎているようで、甘いムードはかけらもない。実は2人とも、ほかの異性とひそかに関係を持っている。

 男は兄のビジネスを手伝うため、たびたび米国に出張しているが、今ひとつ何をやりたいかがはっきりしない。かつて少年野球の花形選手だったようで、今もたまに子どもたちをコーチしている。野球選手になりたかった過去から解放されていないのだろう。

 一方、女は建築設計会社で働いていたが、大企業との合併を機にリストラされてしまう。失業したことで生活基盤が揺るぎ、2人の関係はますます先が見えなくなっている。

 ある日、男が出張から持ち帰ったビデオから、男が隠していた密会の事実が発覚。女が男を問い詰めると、男は逆ギレして家を出ていく。女は男との関係を修復しようと、男の行きつけのカラオケ店に電話するが――。

 急速に発展する台北を舞台に、男女の不安定な関係をスタイリッシュな映像で描いた作品。男を演じたのはホウ・シャオシェン、女を演じたのは当時ヤン監督夫人だったツァイ・チン(蔡琴)。ほかにも「多桑 父さん」(94)のウー・ニェンチェン(呉念真)、「光陰的故事」(82)のクー・イーチェン(柯一正)など、ヤン監督の盟友だった映画作家たちが俳優として参加。ホウ監督は脚本、製作も手がけている。

 仏ヌーヴェルヴァーグに比肩する大きなうねりを引き起こした台湾ニューシネマ。斬新な映像スタイルもさることながら、盟友同士がスクラムを組んで製作した点でも、まさにヌーヴェルヴァーグ的な1本といえる。

 プロ野球や石原裕次郎のテレビCM、日本語カラオケ、日本企業のネオンサイン、さらには少女が口にする渋谷や原宿という名前まで、全編に散りばめられた“日本”も印象的である。

(文・沢宮亘理)

「タイペイ・ストーリー」(1985年、台湾)

監督:エドワード・ヤン
出演:ツァイ・チン、ホウ・シャオシェン、クー・イーチェン
posted by 映画の森 at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「RANMARU 神の舌を持つ男」初日舞台あいさつ 向井理「何度でも楽しめる作品」

RANMARU舞台あいさつ.jpg

 特殊能力“絶対舌感”を持つ男蘭丸(向井理)が数々の難事件を解決していく「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編」が公開中だ。初日の2016年12月3日に堤幸彦監督、向井理、佐藤二郎、木村文乃、木村多江、財前直見、黒谷友香、永瀬匡らが東京都内で舞台あいさつした。

 主演の向井は開口一番「皆さん理解できましたか。僕もよく理解していないので、あと2、3回は観ないと」と話して観客の笑いを誘った。佐藤も「(撮影が)3月から始まって9カ月。本当に公開されるのか。今も壮大などっきりなんじゃないか、と思っている」と冗談まじりに話した。

向井理.jpg

 向井は撮影を「朝の6時から、ふんどし一丁で自転車に乗って走った。金輪際ないと思う。大変でした」と振り返った。堤監督の演出には女優たちも苦労した様子。「堤組」初参加の財前は「無茶ぶりする人だと思ってはいたが、さらに輪をかけた感じ」と戸惑い気味。そんな財前に共演者は「アドリブを言う人、セリフを足した人は初めて」と賞賛していた。

 ドラマ、映画、宣伝活動と半年以上も時間をともにしてきた仲間らしく、監督と出演者の掛け合い漫才のような楽しいやりとりが続く。最後に向井が「ギャグ満載な作品ですが、社会的なメッセージも込められている。ギャグやパロディーで隠しつつ、両方を見せている。何度でも楽しめる作品」とコメント。堤監督も「年の瀬で大変なこともいろいろあると思いますが、この映画でニンマリして頂ければ」と締めくくった。

(文・写真 岩渕弘美)

ranmaru_main.jpg

「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編」(2016年、日本)

監督:堤幸彦、
出演:向井理、木村文乃、佐藤二朗、木村多江、市原隼人

2016年12月3日(土)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://ranmaru-movie.jp/

作品写真:(C)2016 RANMARUとゆかいな仲間たち

posted by 映画の森 at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

映画祭を振り返る(3)東京国際映画祭ブラジル映画「空の沈黙」事件と恐怖、燃え上がる復讐の炎 緊張途切れぬサスペンス

sora.jpg

 第29回東京国際映画祭(2016年10月25日〜11月3日)コンペティション部門出品のブラジル映画「空の沈黙」。アルゼンチンの作家セルジオ・ビジオ原作のサスペンスだ。監督は長編デビュー作「Hard Labor」(11)が、カンヌ映画祭「ある視点」部門に出品されたマルコ・ドゥトラ。

 映画は衝撃的に幕を開ける。主人公の女性ディアナ(カロリーナ・ジッケマン)はが自宅で見知らぬ若い男2人にレイプされ、男たちは逃走する。心身に深い傷を負ったディアナは、事件を心にしまい込み、いつも通り笑顔で帰宅した夫と子供を迎える。

 時は少し前に戻る。帰宅したディアナの夫マリオ(レオナルド・スバラーニャ)は、妻のレイプ現場を目撃してしまう。悲痛な声を上げる妻を助けたい一心で、マリオは犯人に立ち向かおうとするが、恐怖が先に立ちそのまま逃がしてしまう。

 夫妻は互いにおぞましい事件を心に隠し、何もなかったのように過ごすことを決意する。しかし、それぞれのどの奥に棘が刺さったように、重い気持ちに苦しめられる。マリオは自分を許せず、自責の念に苦しんでいた。妻の尊厳を踏みにじった男たちを許せず、復讐を決意する──。

 夫の視点で描かれた原作を、映画では妻の視点も加えて描いたという。事件に直面した夫妻の視点を少しずらして描くことで、二人のショックを観客は時間差で味わう。追い詰められた二人の心理はモノローグで吐露される。巧みな構成だ。夫はスペイン語、妻はポルトガル語が母語。交わらない言葉のように、夫妻は互いに沈黙する。

 随所にサボテンが登場する。直接的な痛みや恐怖の隠喩となり、マリオを復讐の迷宮へ導く。犯人の男2人は大きな園芸店で働いていた。都会の風景と隔絶した異空間。薄っすらもやがかかった迷宮で、犯人を見たマリオの心に復讐の花が開く。

 極限状態に置かれた夫が、復讐を実行に移す過程がスリリングだ。心理をじっくり掘り下げる演出は、ブライアン・デ・パルマ監督、アルフレッド・ヒッチコック監督に通じる。視点を前半は夫、やがて妻へと移し、対の関係にしたところもうまい。不条理な暴力を真正面から描き、復讐に揺れる心理を深く掘り下げる。一本筋が通った良作だ。

(文・藤枝正稔)

「空の沈黙」(2016年、ブラジル)

監督:マルコ・ドゥトラ
出演:レオナルド・スバラーリャ、カロリーナ・ジッケマン、チノ・ダリン、アルバロ・アルマン・ウゴン、ミレージャ・パスクアル

第29回東京国際映画祭コンペティション部門出品作。作品の詳細は映画祭公式サイトまで。

http://2016.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=27

作品写真:(C)RTFeatures
posted by 映画の森 at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

映画祭を振り返る(2)混迷する釜山映画祭 求心力を取り戻せるか、正常化への道遠く

1キム・ドンホ&カン・スヨン.jpg
 
 2016年10月6日から15日まで、10日間にわたり開かれた韓国の釜山国際映画祭。上映作品数は69カ国・地域の299本で昨年並みだったが、観客数は16万5149人と昨年を6万人以上も下回った。接待や金品授受を厳しく規制する法律(通称「金英蘭法」)の施行や開幕式前日に釜山地域を襲った台風も動員に影響した可能性があるが、最大の原因は韓国の映画人のボイコットだろう。釜山映画祭はこの2年間、「表現の自由」と「独立性」をめぐってスポンサーの釜山市と対立してきた。今年は開催こそしたものの、映画人の不満はいまだ解消されていない。

2キム・ウィソン.jpg

 今月に入り、釜山映画祭に対する政府や行政の圧力に青瓦台(大統領府)が関与したことをにおわせる証拠の存在が明らかになった。朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人による国政介入疑惑で社会が大きく揺れるなか、表現者の危機感はいっそう強まっている。

「独立性」訴える映画人
 映画祭期間中の週末、韓国独立映画協会が主催する「独立映画人の夜」に出向いた。前執行委員長のイ・ヨングァン氏を支援する集いだ。スピーチに立ったキム・ドンホ理事長は「独立映画が死ねば韓国映画は死ぬ」と力強く訴えた。

 メーン会場「映画の殿堂」の1階ロビーには、イ氏と釜山映画祭を支援する映画人たちのメッセージが展示されていた。「表現の自由のために」と書かれた手書きのボードを持つパク・チャヌク監督をはじめ、多くの監督や俳優が参加している。台湾の侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督、日本の黒沢清監督や是枝裕和監督も自筆のメッセージを掲げていた。愛着のある映画祭を守ってほしいという思いが伝わる。

3パク・チャヌク監督.jpg 4展示物.jpg 

釜山市との対立
 映画祭と市の対立の発端は2014年。旅客船セウォル号の沈没事故をめぐる政府の対応を批判したドキュメンタリー「ダイビング・ベル」の上映だった。事前に組織委員長であるソ・ビョンス釜山市長が「政治的偏向がある」として上映中止を求めたが、映画祭側は要請をはねつけた。政治的・社会的規制にしばられないことをモットーとしてきた映画祭としては当然の決定だった。しかし映画祭の終了後、釜山市は不正経理を理由にイ・ヨングァン執行委員長に辞任を勧告した。

 映画祭側は執行委員長の2人体制を提案し、国際的にも知名度が高い女優のカン・スヨン氏を新執行委員長に迎えて翌15年の映画祭をなんとか終えた。だが市側のイ委員長への圧力は激しさを増し、年末には業務上横領での告発に踏み切る。これに猛反発した映画人らが映画祭ボイコットを宣言する事態となった。

5是枝裕和監督.jpg 6黒沢清監督.jpg

 映画祭の中断を避けるための模索が続いた。執行委員会と組織委員会は、民間の理事会に運営を移管し、映画祭の定款を改正することで合意。今年の映画祭の開催が正式に決定したのは5月だった。理事長に就任したのは、政界や行政に太いパイプがあり映画関係者からの信頼も厚い初代執行委員長のキム・ドンホ氏。改正された定款には「作品選定は執行委員長とプログラマーの権限」との項目が盛り込まれ、キム理事長は「自立性と独立性を100%保障するもの」と胸を張った。

 それでも、すべてが解決したわけではなかった。映画関連9団体でつくる映画団体連帯会議が映画祭参加の可否を問う投票を行ったところ、ボイコット派とボイコット撤回派が同数(1団体は保留)となり、参加は個々の判断に委ねられた。ボイコット撤回派は作品発表の場であることを重視し、ボイコット派はイ・ヨングァン氏の名誉回復と市の謝罪が参加の前提だと主張したという。

7ポン・ジュノ&イム・スルレ監督.jpg 8侯孝賢監督.jpg

 オープニングのレッドカーペットに韓国人監督や俳優の姿が少なかったのは、こうした経緯からだ。例年は身動きできないほど混雑するカメラマン席には比較的余裕があり、レッドカーペットイベントも拍子抜けするほど早く終了。映画祭の独立性を訴えるメッセージボードを掲げていたのは俳優キム・ウィソンだけだった。抗議の意思をもつ多くの映画人が、晴れの舞台を拒絶したのだろう。

 映画祭の波乱を映し出すかのように、開幕前日の朝には台風18号が釜山地域を襲った。スターを目当てに一般客が詰めかける海辺の舞台が大破し、イベント会場は急きょ「映画の殿堂」の野外スペースに移動した。

 行政からの補助金が減った上に企業スポンサーも減り、一般客が楽しめるイベントは激減。さらに金英蘭法の影響で、韓国4大映画会社のパーティーは軒並み中止となった。映画祭の華となるイベントの縮小や中止で、お祭りムードが冷え込んだことは否めない。

有罪判決に反発強まる
 10月26日、釜山地方裁判所でイ・ヨングァン氏の判決公判が開かれた。俳優ユ・ジテやキム・ウィソンも駆けつけ傍聴席は支援者で埋まったが、下された判決は懲役6カ月、執行猶予2年という予想外のものだった。ともに起訴された元副執行委員長や事務局長も有罪判決を受けた。

 映画誌「シネ21」によると、判決理由は「イ氏が2750万ウォン(約248万円)をケーブルチャンネル業者に提供し映画祭に損害を与えた」というもの。裁判所は「決済に直接かかわっていなかった」とするイ氏側の主張を退けたが、担当弁護士は「私的流用ではなく、すでに補てんされている」と反論。イ氏はただちに控訴した。

9イ・ヨングァン前執行委員長.jpg 10支援ステッカー.jpg

 イ氏はキム・ドンホ氏らとともに釜山映画祭をアジア最大級の規模に育てた初代スタッフの一員。筆者は昨年の映画祭で、執行委員長だったイ氏と共同通信社のインタビューに通訳として同席した。答えにくい質問もあったはずだが、イ氏はひとつひとつの質問に丁寧に答えた。立花珠樹記者の記事(http://www.47news.jp/47topics/tsutaeru/post_20160617135016.html)にあるとおり、彼は「大学教授として30年間、学生を教えてきた。自分が(映画祭の)独立性を守れなければ学生に言う言葉がない」と静かに、しかしきっぱりと言った。その姿がいまも印象に残っている。

「民主化前に逆戻り」の危機感
 今年の韓国映画のラインアップに政治的なテーマの作品がほとんどなかったのは自主規制による結果ではないのか。昨年まで積極的に招待していた中国映画の数が日本映画より少なかったのは中韓関係の冷え込みを反映したためではないのか。韓国国内ではこうした憶測も飛び交っている。

 1996年に産声をあげた釜山映画祭がアジア最大級と言われるまでに成長した要因は、まさに規制に縛られず多様な映画を受け入れてきたことにある。なんといっても日本大衆文化の解禁以前から日本映画を紹介し、政治的・社会的理由で一般公開が困難とされる映画も上映してきた映画祭なのだ。今年は調整役としてキム・ドンホ氏が再登板し開催にこぎつけたが、映画人の間にはその対応に満足していない雰囲気もある。

 12月2日、韓国のメディア業界の労働組合「全国言論労働組合」は釜山映画祭への圧力の背後に青瓦台があったことを示す資料として、2014年に青瓦台に勤務していた幹部のメモを公開した。釜山日報によるとメモには「ダイビング・ベル」の関係者や映画祭関係者の名前、映画祭への補助金の額などが記されていた。青瓦台の関与はある程度予想されていたとはいえ、やはり衝撃的だ。政治不信は極限まで膨らみ、来年以降の釜山映画祭の形はまったく見えてこない。

(文・写真 芳賀恵)

写真
1:キム・ドンホ理事長(右)とカン・スヨン執行委員長(今年10月)
2:レッドカーペットでメッセージを掲げる俳優キム・ウィソン
3:「映画の殿堂」に展示された監督や俳優のメッセージ
4:パク・チャヌク監督
5:是枝裕和監督
6:黒沢清監督
7:ポン・ジュノ監督(上)、イム・スルレ監督(下)
8:侯孝賢監督
9:ゲストを迎えるイ・ヨングァン前執行委員長(右、昨年10月)
10:イ氏を支援するステッカー


posted by 映画の森 at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

映画祭を振り返る(1)第29回東京国際映画祭最高賞「ブルーム・オヴ・イエスタディ」ホロコーストから60年 被害者と加害者の孫が過去に向き合う

blm.jpg

 今年も残すところ1カ月を切りました。秋の映画祭シーズンを振り返り、レビューやレポートを連載でお送りします。まずは第29回東京国際映画祭(2016年10月25日〜11月3日)東京グランプリ(最高賞)受賞作ブルーム・オヴ・イエスタディ」のレビューです。

…………………………

 「ブルーム・オヴ・イエスタディ」は、ドイツ人男性とユダヤ人女性が、ホロコーストをテーマとするイベントの準備を進める中で、ぶつかり合ったり、ひかれ合ったりする姿を、ときにユーモラスに、ときにシリアスに描いた作品だ。

 ホロコーストの研究機関に勤めるトトは、頑固な性格が災いして担当を外される。だが、トトは引き下がらない。面倒を見るよう命じられたフランス人研修生のザジを巻き込み、独自にイベントの準備を進めるのだが――。

 エキセントリックなザジが、ナチに対する敵意丸出しで、いくぶん無神経なトトを悩ませる。トトの乗るメルセデスベンツを「ユダヤ人移送に使ったのと同種だ」とケチをつけたり、激高してトトの愛犬を走行中の車から放り投げたり――。序盤はドタバタの連続で大いに笑わせるが、中盤からトーンが変わってくる。

 実はザジはユダヤ人犠牲者の孫であり、トトはナチスの孫。2人が歴史とどう向き合い、過去の因縁にどう決着を付けるかが中盤以降の見どころだ。2人がそれぞれに抱える私生活の秘密。新たに発見される真実。物語は急展開に次ぐ急展開で、先の流れを読ませない。

blm2.jpg

 メガホンをとったのは、「4分間のピアニスト」(07)で注目されたドイツ人監督クリス・クラウス。自身の家族の過去について調べる中で、見聞きしたドイツ人とユダヤ人のエピソードに着想を得て、脚本を執筆したという。

 過去を決して水に流すことなく、未来への希望を示唆するエンディングの演出が心に沁みる。

(文・沢宮亘理)

「ブルーム・オヴ・イエスタディ」(2016年、ドイツ・オーストリア)

監督:クリス・クラウス
出演:ラース・アイディンガー、アデル・エネル、ヤン=ヨーゼフ・リーファース

作品写真:映画祭事務局提供 (C)2016 Edith Held / DOR FILM-WEST, Four Minutes Filmproduktion
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする