2016年11月10日

「誰のせいでもない」ヴェンダース7年ぶり劇映画 3Dで描く 詩的で静かな原点回帰

dare_main.jpg

 作家のトマスはエゴイスティックな男である。執筆に邪魔なものや人間は極力遠ざけ、一人きりの世界へと逃避する。恋人のサラはそんなトマスに不満をいだき、2人の関係は破綻しかけている。その日も、雪原の小屋にこもって小説を書いていたトマスだが、一向にはかどらず、いったん家に帰ることに。

 車で帰宅する途中、前方の斜面から少年がソリで滑り降りてくる。とっさにブレーキをかけて難を逃れ、ほっと胸をなでおろすトマス。だが、少年の様子がおかしい。トマスが少年を自宅まで送り届けると、母親は少年に「弟は?」と尋ねる。無言の少年を残し、現場へ向かって走り出す母親。後を追うトマス。

dare_sub1.jpg

 何が起きたかは明白である。だが、それが具体的に映像で示されることはなく、次のシーンへと移っていく。サラと新生活をスタートさせるかに見える短い描写。だが、その直後、シーンは2年後に飛び、一人暮らしのトマスが映される。トマスは作家として成功を遂げ、あの日の少年クリストファーの母親ケイトと再会する。

 次のシーンで、トマスは結婚し、妻の連れ子と3人、平穏な暮らしを送っている。だが、3人で出かけた遊園地で観覧車が崩れる事故に遭遇。事故に巻き込まれた女性を救い出すトマスだが、そのあまりの冷静沈着な行動に妻のアンはかえって不安をかきたてられる。

 ある日、トマスのもとに1通の手紙が届く。成長して高校生となったクリストファーからだった。小説家志望で、トマスの小説の愛読者でもある彼は、トマスとの面会を望むのだが――。

dare_sub2.jpg

 一人の少年の死亡事故が、主人公トマスの心に波紋を投げかけ、遺族との人間関係が、彼の人生に影響を与えていく。カメラはそんなトマスの感情風景を深く静かに凝視していく。

 作家の主人公。母子との出会い。証明用写真。運河とフェリー。遊園地。そして、ケイトの読む新聞に掲載されたトマスの新刊タイトル“WINTER(冬)”が、「都会のアリス」や「さすらい」、「リスボン物語」など多くのヴェンダース作品の主人公名“ヴィンター”と同じ綴りである点など、“ヴェンダースの徴(しるし)”が全編にあふれる。

 さらには、すべてを語りきらないままの場面転換。的確で悠然としたカメラワーク。3Dという流行の技術を導入しつつも、作風は逆にニュー・ジャーマン・シネマを先導した1970年代の、静的で詩的なスタイルに立ち戻っているように見える。劇映画としては7年ぶりとなるヴェンダースの新作「誰のせいでもない」。まるで新人のような創作衝動が息づく傑作である。

(文・沢宮亘理)

「誰のせいでもない」(2015年、ドイツ・カナダ・フランス・スウェーデン・ノルウェー)

監督:ヴィム・ヴェンダース
出演:ジェームズ・フランコ、シャルロット・ゲンズブール、レイチェル・マクアダムス、マリ=ジョゼ・クローズ

2016年11月12日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.transformer.co.jp/m/darenai/

作品写真:(c)2015 NEUE ROAD MOVIES MONTAUK PRODUCTIONS CANADA BAC FILMS PRODUCTION GÖTA FILM MER FILM ALL RIGHTS RESERVED.
posted by 映画の森 at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

「ジュリエッタ」ペドロ・アルモドバル監督最新作 引き裂かれた母娘、悲しみと余韻と

juli_main.jpg

 カナダ人作家アリス・マンローの短編小説を映画化した「ジュリエッタ」。「オール・アバウト・マイ・マザー」(98)、「トーク・トゥ・ハー」(02)、「ボルベール 帰郷」(06)の“女性賛歌3部作”で知られるスペインの巨匠、ペドロ・アルモドバル監督最新作だ。

 引き裂かれた母娘の悲しい関係を描く作品。過去と現在が交差して展開する。中年のジュリエッタ(エマ・スアレス)は、恋人と住み慣れたマドリードを去り、ポルトガルへ移住する準備を進めていた。ところが偶然街で娘アンティアの幼なじみに再会。12年途絶えた娘の消息を知る。

juli_sub1.jpg

 ジュリエッタは恋人と別れ、移住もキャンセル。封印していた忌まわしい過去と向き合うように、行方の知れぬ娘に向け、長い手紙を書き始める。

 30年前。臨時教師だった25歳のジュリエッタ(アドリアーナ・ウガルテ)は、夜行列車でハンサムな漁師ショアンに出会い、一夜の情熱的な関係を結ぶ。ショアンの手紙で彼が妻を病で亡くしたことを知り、ジュリエッタは再び彼と再会。二人は正式に結ばれ、娘アンティアが生まれる。

 しかし、幸せは続かなかった。アンティアが9歳の時、ジュリエッタはショアンの不倫を疑い口論に。そのままショアンは漁に出て帰らぬ人となってしまった。深い喪失感に苦しむジュリエッタ。精神を患い「娘こそすべて」と生きるが、18歳のアンティアは旅に出たまま行方知れずに。夫も娘も失い、ジュリエッタはすべてを忘れて生きようとする。

juli_sub2.jpg

 一人の女性の波乱に満ちた生涯を、過去と現在を交差させてミステリアスに描く。女性描写が得意なアルモドバル監督らしく情熱的な作品となった。ジュリエッタは旅先で出会ったショアンを追い、妻の座に収まる。娘の消息を聞けば恋人と別れ、再会に全力を尽くす。生命力あふれる女性だ。逆に男性は総じて生命力が弱い。ショアンは漁で命を落とし、中年ジュリエッタの恋人も捨てられる。 

 展開は皮肉だが幕引きに余韻が残る。離れ離れの母娘を通し、女性の悲しい性を掘り下げた作品だ。

(文・藤枝正稔)

「ジュリエッタ」(2016年、スペイン)

監督:ペドロ・アルモドバル
出演:エマ・スアレス、アドリアーナ・ウガルテ、ダニエル・グラオ、インマ・クエスタ、ダリオ・グランディネッティ

2016年11月5日(土)、新宿ピカデリーほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://julieta.jp/
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 08:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

「小さな園の大きな奇跡」香港エイドリアン・クワン監督に聞く 幼稚園救った女性の実話 共感呼び大ヒット

監督.jpg

 閉鎖寸前まで追い込まれた小さな幼稚園。その園長を引き受け、さまざまな困難を克服しながら、見事に再建を成し遂げた女性の姿を感動的に描く「小さな園の大きな奇跡」。香港映画の定番であるアクションものを押しのけ、興行収入ナンバーワンに輝いた話題作だ。2016年11月5日の日本公開を前に、共同脚本家のハンナ・チャンとともにエイドリアン・クワン監督が来日した。クワン監督は「夢は困難を乗り越える力を与えてくれる」と語った。

エリート幼稚園から閉鎖寸前の幼稚園へ

 資金不足で経営難に陥り、園長も教員も辞めてしまった幼稚園で、新たに園長を募集している――。新聞にそんな記事が載ったのは09年。その数カ月後、エリート幼稚園の園長を務めていたルイ・ウェホンという女性が応募し、新園長に就任したと報じられた。クワン監督はこのニュースにひどく驚いた。

「月給はわずか4千5百香港ドル(約6万円)。エリート幼稚園の園長だった人が、こんな薄給で、たった5人しかいない園児のために働こうなんて。その理由が最初は理解できなかった」

sono_main.jpg

 しかし、その後、心理カウンセラーのハンナ・チャンとともに慈善団体で1年間、恵まれない子供たちを手助けする仕事をしてみて、ルイ先生の気持ちがようやく分かったという。

 2013年、クワン監督はルイ先生のもとを訪れる。「数々の障害を乗り越えながら、子供たちのために幼稚園を立て直すという夢をかなえた先生の話に、私はとても感動し、その場で大泣きしてしまった。ぜひこの話を映画化したいと思った」。

テクニックではなく共感力を求めた

 ルイ先生の役には“香港映画のラブコメ女王”と呼ばれる人気女優、ミリアム・ヨンをキャスティング。また、ルイ先生の夫役はアクション・スターのルイス・クーにオファーした。

 「ミリアムにはルイ先生に会いに行ってもらい、園長のあり方について学んでもらった。夫役のルイスには自然主義的な演技を求めた。オフィスを訪ねて30分役柄について説明したのだが、後で聞いたら、彼は最初の5分しか私の話が分からなかったそうだ。『だって残りの時間、君はずっと泣いていたからね』って(笑)」

 このインタビューの最中もしばしば涙声になったクワン監督。ハンナ・チャンによると、感動するとすぐに泣いてしまうらしい。

 そんなクワン監督は、俳優にも感動することを求めた。

 「重要なのはテクニックではなく、共感する能力だ。劇中で流される涙は演技ではなく、どれも本当の涙。実話を分かち合うことで、恵まれない境遇にいる子供たちの実情を感じ取り、彼らの気持ちを理解してもらうようにした」

sono_sub1.jpg

自然さを損なわないよう一発撮りにこだわった

 亡くなった両親を思い出してチュチュが泣くシーンでは、監督が母親を亡くしたときのことを園児に話して聞かせた。

 「私は話しながら泣いてしまった。すると、その子は『あ、監督泣いている』って言ったんだ。私が『そうだよ、家族を亡くすっていうのは、そういうことなんだよ』と答えると、その子は『分かったよ、監督』と言って、ようやくあの本物の涙を流すことができたんだ」。

 最も神経を使ったのは、クライマックスの卒園式シーン。すべてを完璧に準備して撮影に臨んだ。何度も撮り直しすると、自然な感じが損なわれるので、一発撮りにこだわった。

 「本番前、ハンナは卒園生を演じるカカを2時間も抱きしめていた。その間、スタッフもキャストも全員が沈黙したまま、2人を見守っていた。ハンナはまるで爆弾を抱えているようだった」

 そして撮影スタート。息を殺してモニターを見つめる。カット。成功だ。

 「終了後は全員で泣きました」

夢は困難を乗り越える力を与えてくれる

 この映画の興行的成功は、クワン監督に大きな自信をもたらした。本作は香港映画のレイティングでカテゴリーTに分類されている。つまり、あらゆる年齢層で誰もが見られる映画だ。だが、それは逆にいうと、特定の市場が存在しないということでもある。カテゴリーTはヒットしないというのが常識だった。

sono_sub2.jpg

 「ところが、この映画はそんな定説を覆した。愛と希望をもってチャレンジすることの大切さを訴える映画をつくること。それは意味のあることだと確信できた。“夢を持ち続けよう”“夢は困難を乗り越える力を与えてくれる”。今後も、そんなポジティブなメッセージを込めた映画を撮り続けていきたいと思います」

(文・写真 沢宮亘理)

「小さな園の大きな奇跡」(2015年、香港・中国)

監督:エイドリアン・クワン
出演:ミリアム・ヨン、ルイス・クー、リチャード・ン、アンナ・ン、スタンリー・フォン、サミー・リョン

2016年11月5日(土)、新宿武蔵野館ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://little-big-movie.com/

作品写真:(c)2015 Universe Entertainment Limited All Rights Reserved
posted by 映画の森 at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする