2016年10月21日

「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」ニコラス・ケイジ全開 ハロウィンめぐるホラー・ミステリー

pay_main.jpg

 米ニューヨークの大学で教べんをとるマイク(ニコラス・ケイジ)はハロウィンの夜、7歳の息子チャーリーにねだられて祭り見物に出る。ところがチャーリーは「霊(ゴースト)に償ってくれる?」と謎めいた一言を残し、突然姿を消してしまう。手掛かりを必死に探し続けるマイクは、やがて恐るべき事実にたどり着く──。

 ティム・レボンの原作小説を、ニコラス・ケイジ主演で映画化したホラー・ミステリー映画「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」。監督は「ブルックリン最終出口」(89)、マドンナ主演「BODY ボディ」(93)を演出したドイツ出身のウリ・エデル。

 ハロウィンでにぎわう祭り会場で、ちょっとしたすきに息子がさらわれる。子供がこつ然と姿を消す事件は世界中で報告されており、事件性がなくても日本では「神隠し」という言葉があるほどだ。今回の場合は魔女狩りがキーワード。1679年、ニューヨークで起きた魔女狩りで、子供3人と一緒に火あぶりされた女性が魔女になり、毎年ハロウィンの夜、子供3人を生贄に連れ去る設定となっている。

pay_sub1.jpg

 悪霊と子供の失踪を描いた作品では「ポルターガイスト」(82)が有名だ。家の中の異空間に子供が連れ去られるが、今回の場合は息子の行方がまったく分からない。息子がいなくなって夫婦仲はこじれて別居。マイクは自責の念にかられ、警察に怒鳴り込んだり、息子の幻を見たり、周りが見えなくなってしまう。八方ふさがりの中、唯一の手がかりは、息子がいなくなる前につぶやいた「霊に償ってくれる?」の一言。マイクはそこから真実を探る。

 ホラー・ミステリー初挑戦のエデル監督。過去にテレビドラマ「ツイン・ピークス」(91)の演出が買われたように、ミステリアスな雰囲気作り、オカルト風味のショック演出を披露する。やはりかなめはなんといってもニコラス・ケイジだ。息子がいなくなって苦悩の表情を押し通し、焦ってパラノイア的行動にも出る。物語がシンプルな分、ケイジの演技力が物を言い、作品に説得力を持たせる。

pay_sub2.jpg

 精霊をまつるハロウィン本来の意味に立ち返り、真面目に物語に取り入れてふくらませた印象だ。魔女の怨念でケイジが1年苦しみ続け、作品が成り立ってしまうすごさ。視点を変えれば、息子を失い極限状態に置かれた父の愛情を、ホラー・ミステリータッチで描くひとひねりある作品ともいえる。

(文・藤枝正稔)

「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」

監督:ウリ・エデル
出演:ニコラス・ケイジ、サラ・ウェイン・キャリーズ、ベロニカ・フェレ、ジャック・フルトン

2016年10月22日(土)、渋谷シネパレスほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gaga.ne.jp/ghost/

作品写真:(C)2015 PTG NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

posted by 映画の森 at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする