2016年10月20日

「スター・トレック BEYOND」新シリーズ第3弾 救済と裏切りテーマに ニモイ、イェルチンに捧ぐ

st_main.jpg

 2009年に始まったリブート(再起動)シリーズ第3弾「スター・トレック BEYOND」。監督は前2作のJ・J・エイブラムスから、「ワイルド・スピード」シリーズのジャスティン・リンにバトンタッチ。エイブラムスは製作に回った。同シリーズで俳優がスタッフに参加する伝統が受け継がれ、スコッティ役のサイモン・ペッグが共同脚本を担当している。

 宇宙探査3年目に入ったU.S.S.エンタープライズ号。未知の惑星に不時着した宇宙船救出に向かうが、到着直前に無数の飛行物体に襲われる。船は壊れ、クルーは散り散りに救命艇で脱出。宇宙空間に放り出される──。

st_sub2.jpg

 まず作品の鍵となる「パワーストーン」をめぐり、エイリアンとカーク(クリス・パイン)が軽妙にやり取りして物語は幕を開ける。航海3年。船がわが家になったクルーの恋愛、生活をテンポよく描きながら、カーク、スポック、マッコイ、スコッティらおなじみの面々にスポットをあてる。船が大破した後は、ばらばらになったクルーが単独で動き、個々のエピソードが並行して進む。意表を突く展開だ。

 今回のテーマは「救済」と「裏切り」だろう。不時着船を助けに行ったエンタープライズ号は、敵のエイリアン、クラール(イドリス・エルバ)のわなにはまって撃破されてしまう。ショッキングでファンも驚きの描写に違いない。船を失ったクルーたちは、不時着した星からどう脱出するか。新登場のエイリアン、ジェイラ(ソフィア・ブテラ)が運命の鍵を握る。

st_sub1.jpg

 新シリーズ3作目で監督が代わり、作品のテイストがやや変わった。「スター・トレック」といえば宇宙船同士の戦いだが、今回は無数の飛行物体に攻撃され、異星人に船内に侵入されたクルーが、フェイザー銃で応戦する描写も登場。エンタープライズ号の円盤状の外見を意識した斬新なアクションも展開する。不時着した星に残された100年前のオートバイにカークが乗り、おとりとなって敵に立ち向かう。「ワイルド・スピード」で超絶カーアクションを見せたリン監督が、持ち味をいかんなく発揮している。

 作品の質は申し分ないが、リブート版の難点は決定的なテーマ曲を欠くことだ。旧シリーズはテレビ版のA・カレッジによる軽快なメロディー。旧映画版はJ・ゴールドスミスの重厚な調べを思い出すが、リブート版にはそれがない。音楽担当のマイケル・ジアッチーノが劇伴に徹したことが惜しい。

 「スター・トレック」はリブート版と旧シリーズが別次元、いわゆるパラレル・ワールド(並行世界)で描かれる。今回はその境界線を交差させる演出も取られて心憎い。旧シリーズで長くスポックを演じ、昨年亡くなったレナード・ニモイ、今年事故死したチェコフ役のアントン・イェルチンに捧ぐ、シリーズ屈指の感慨深い作品となった。

(文・藤枝正稔)

「スター・トレック BEYOND」(2016年、米国)

監督:ジャスティン・リン
出演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、サイモン・ペッグ、カール・アーバン

2016年10月21日(金)、IMAX3D、デジタル3D、2Dで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.startrek-movie.jp/

作品写真:(C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする