2016年10月19日

「ハッピーログイン」SNSで生まれる恋 チェ・ジウ主演、韓国群像ラブストーリー

hl_main.jpg

 インターネットのSNS(交流サイト)でつながった男女3組の韓国ラブストーリー「ハッピーログイン」。ドラマ「冬のソナタ」のチェ・ジウ、「ある会社員」のイ・ミヨン、「ビューティー・インサイド」のキム・ジュヒョク、「二十歳」のカン・ハヌル、「愛のタリオ」のイ・ソムが共演。

 気難しく強気な売れっ子脚本家ギョンア(イ・ミヨン)は、一人息子を愛するシングルマザー。新作を書き上げるが性格のせいでキャストがなかなか決まらない。そんなギョンアの作品でブレイクし、今や大スターになったジヌ(ユ・アイン)は兵役を終えたばかり。恩人ギョンアの出演依頼を受けるが気乗りしない。しかし、ギョンアのフェイスブックに載せられたある写真を見て気持ちが揺れる。

hl_sub2.jpg

 一方、結婚も出世もうまくいかないアラフォーCA(客室乗務員)のジュラン(チェ・ジウ)は、結婚相手に逃げられたシェフのソンチャン(キム・ジュヒョク)とひょんなことから同居人になる。最初はぶつかる二人だが、理想の相手との恋に必死なジュランに、ソンチャンが指南役を買って出る。SNSを使って見事相手の気を引くことに成功するジュランだが──。

 楽才にあふれルックスも抜群のスホ(カン・ハヌル)は、あるコンプレックスから恋愛の経験がない。ある日、慕っているソンチャンの店でナヨン(イ・ソム)に出会う。スホに一目ぼれしたナヨンは積極的にアプローチ。恋の駆け引きに出るが、真っ直ぐな性格で恋愛初心者のスホとは思うようにいかない。

hl_sub1.jpg

 素直に思いを伝えられず、なかなか恋が進まぬ6人。等身大の姿に共感を覚え、幸せな気持ちになれるラブストーリーだ。3組をつなぐのはSNS。世代と立場を越えて人を結びつけ、その先の「大切なもの」を見せる仕掛けになっている。

(文・岩渕弘美)

「ハッピーログイン」(2016年、韓国)

監督・パク・ヒョンジン
出演:イ・ミヨン、チェ・ジウ、キム・ジュヒョク、ユ・アイン、カン・ハヌル

2016年10月15日(土)、新宿バルト9、T・ジョイPRINCE品川ほかで限定公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://happylogin.jp/

作品写真:(C)2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「永い言い訳」家族と突然の別れ 幸せとは何か 葛藤や迷いとともに

nagai_main.jpg

 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(本木雅弘)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなった、と知らせを受ける。不倫相手と密会中だった幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、亡くなった妻の親友の夫でトラック運転手の陽一(竹原ピストル)、その子供たちに出会い、思い付きから世話を買って出る──。

 「永い言い訳」は本木雅弘が「おくりびと」(08)以来7年ぶりに主演した作品だ。原作、脚本、監督は「ゆれる」(06)、「ディアドクター」(09)の西川美和。2011年に発生した東日本大震災で、多くの人々が家族や友人と突然の別れを強いられ、心に深い傷を負った。震災から5年。西川監督は、不慮の事故で突然家族を亡くした人々を描く。

yes_sub1.jpg

 衣笠はカリスマ美容師の妻・夏子(深津絵里)と高級マンションで暮らしていた。結婚20年。子供はいない。ある日、幸夫は妻が親友のゆき(堀内敬子)とスキー旅行に出かけたことを確認し、愛人の編集者・福永(黒木華)を自宅に招き情事にふける。翌朝。警察から妻の死を知らされた。幸夫は泣くこともできないが、マスコミの前では悲劇の主人公を演じていた。そんな時、同じ遺族の間柄となったゆきの夫・陽一、中学受験を控えた長男の真平、長女で幼稚園児の灯と出会い、幸夫の人生は思わぬ方向へ動き出す。

 対照的な男二人を通し、家族のあり方が描かれる。金持ちでプライドが高く、自意識過剰なナルシストの幸夫。裕福ではないが家族に囲まれ、無骨でストレートな陽一。出会うはずのない二人が、互いに妻を亡くしたことで、疑似家族のような生活に入る。仕事で留守がちな陽一に代わり、子どもたちの世話をする幸夫。突然別世界に飛び込み、子どもとともに成長する。陽一は新たなパートナーを見つけ、幸夫に先んじて新しい人生を歩み始める。

nagai_sub1.jpg

 幸せとは何か。監督は問いかける。家族との別れによる動揺、迷い、葛藤はシリアスに、時にユーモアを交えて描く。演出は柔軟で掘り下げも自在。秀逸だ。自分本位で嫌味な幸夫を、本木がバランス良く演じている。正反対の個性の竹原とのスリリングな駆け引き。子どもたちとのかけあいもうまい。

 悲劇で始まるドラマは、時間の流れとともにポジティブに変わる。孤独だった幸夫が、慣れないママチャリに灯を乗せ、急な坂を何度も登る。残された者たちが他人と協力しながら、これからも続く人生を前向きに歩いて行く。今の時代を映した良作である。

(文・藤枝正稔)

「永い言い訳」(2016年、日本)

監督:西川美和
出演:本木雅弘、竹原ピストル、藤田健心、白鳥玉季、堀内敬子

2016年10月14日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://nagai-iiwake.com/

作品写真:(c)2016「永い言い訳」制作委員会

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする