2016年10月11日

釜山国際映画祭、危機乗り越え開催 「表現の自由」めぐり市と対立も

1.jpg

 韓国の第21回釜山国際映画祭が、釜山市で開催中だ。台風一過の秋晴れとなった初日の10月6日は、国内外のゲストがレッドカーペットに登場。詰めかけたファンを熱狂させた。2年にわたり表現の自由をめぐって映画祭側と釜山市が対立し、一時は開催すら危ぶまれたが、組織改編を行うなどしてなんとか初日を迎えた。15日まで69カ国・地域の計299本を上映する。

 オープニング会場の「映画の殿堂」には多くの市民が訪れ、次々に姿を見せるスターに声援を送った。開会セレモニーの司会を務めたハン・ヒョジュとソル・ギョング、新作「THE NET」を上映するキム・ギドク監督、「コーヒーメイト」で共演したオ・ジホとユン・ジンソらが登場。日本勢は「怒り」の李相日監督と渡辺謙、日活のロマンポルノ・リブート・プロジェクト作品「ジムノペディに乱れる」の行定勲監督と板尾創路らキャストが参加した。

2.jpg

 オープニング作品は、中国朝鮮族のチャン・リュル(張律)監督が韓国で撮影した「春夢」。小さな酒場を経営する女性(ハン・イェリ)と、社会の底辺で生きる3人の男の心の交流を描く。3人の男を演じるのは「息もできない」のヤン・イクチュン監督、「ムサン日記 白い犬」のパク・ジョンボム監督、「許されざるもの」、「群盗 民乱の時代」のユン・ジョンビン監督。キャスティングのユニークさも話題を呼んだ。

 釜山映画祭は14年、旅客船セウォル号の沈没事故に対する政府の対応を批判したドキュメンタリー「ダイビング・ベル」の上映をめぐり、釜山市と対立。韓国の映画人は表現の自由と映画祭の独立性を訴え、海外の映画界からもエールが送られた。

3.jpg

 映画祭側と釜山市側の交渉はなかなか妥協線を見いだせなかったが、女優のカン・スヨン執行委員長に加え、「釜山映画祭の父」と呼ばれるキム・ドンホ元執行委員長を新たに理事長に据えて開催への道筋をつけた。

 今年の映画祭は例年並みの規模で行われることになったが、この決着に納得しない映画人も多く、火種は残ったままだ。アジア最大級に成長した映画祭をどう維持していくか、試行錯誤はまだ続きそうだ。

(文・芳賀恵 写真・岩渕弘美、芳賀恵)

4.jpg 5.jpg

6.jpg 7.jpg

8.jpg 9.jpg

10.jpg 11.jpg

12.jpg 13.jpg

写真1:司会のハン・ヒョジュ
写真2:司会のソル・ギョング
写真3:アン・ソンギ
写真4:チェ・ミンホ(SHINee)
写真5:(複数写真は左から)オ・ジホ、ユン・ジンソ
写真6:キム・ギドク監督とチェ・グィファ
写真7:オープニング作品「春夢」のチャン・リュル(張律)監督とキャスト
写真8:カン・スヨン執行委員長とキム・ドンホ理事長
写真9:俳優キム・ウィソンは映画祭の独立性をアピール
写真10:「怒り」の渡辺謙、李相日監督
写真11:「ジムノペディに乱れる」の芦那すみれ、行定勲監督、板尾創路、岡本いずみ
写真12:「嫌な女」の黒木瞳監督
写真13:「シン・ゴジラ」の樋口真嗣監督、長谷川博己=いずれも釜山市で6日
posted by 映画の森 at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

「湯を沸かすほどの熱い愛」完成披露舞台あいさつ 宮沢りえ「出なければ後悔すると思った」

「湯を沸かすほどの熱い愛」完成披露.jpg

 映画「湯を沸かすほどの熱い愛」(2016年10月29日公開)の完成披露試写会がこのほど東京都内であり、主演の宮沢りえ、松坂桃李、中野量太監督らが舞台あいさつした。宮沢は「脚本を読んだ後に余韻が残り、この作品に出なければ後悔すると思った」と語った。

 余命わずかと宣告された母・双葉(宮沢りえ)が「死ぬまでに絶対やる」と決めたことを実行しながら、家族との絆を強めていく物語。「チチを撮りに」(12)などの中野量太監督が脚本も担当した。

 今回が商業映画デビューとなった中野監督。「映画学校を卒業して16年。商業デビューを目指してやっとここまで来た。絶対に面白いオリジナル脚本で勝負してやろうと思った」ときっぱり。脚本を気に入った宮沢が出演を快諾。俳優やスタッフも次々集まり、映画化が実現したという。「家族に見せたくなる映画を作ろうと思い、それが自分の映画らしさかな。家族で見に来てほしい」と語った。

wakasu_main.jpg

 監督とは同じ年の宮沢。「紙の月」(14)以来2年ぶりの映画主演となる。「脚本を読んだ後に余韻が残り、この作品に出なければ後悔すると思った。監督には現場で言いたいことを言い、紆余曲折もあった。みんなで同じ方向を向き、作品を作った日々を考えたら泣きそうになった」と振り返った。

 宮沢を「おかあちゃん」と呼んでいる娘役の杉咲花。「おかあちゃんに『どれだけ時間がかかってもいいよ』と言ってもらい、緊張がなくなった」と話した。そんな娘役を「器用な方ではないので、今もちゃんとできたか気になっている」と思いやった。

wakasu_sub1.jpg

 旅先で出会うヒッチハイカー役の松坂は「自分の人生に残る作品。見終えてそんなふうに感じたことはなかったので、自分でも驚いている。現場にも家族のような温かさがあった」と語った。そんな松坂に宮沢は「瞳の奥に底がなく、ずっと続いていて吸い込まれそうな感じ。もっともっと知りたい人」と表現していた。

 宮沢に「脚本も芝居もいい。これで面白くできなかったら、監督を燃やすからね」と言われたという中野監督。「いい作品が撮れた」と自信を見せた。宮沢は「命あって幸せで、健康でいる日常は当たり前ではない。いくつもの奇跡が重なり合ってできたもの。作品からそれを感じて、明日の風景がちょっと素敵に見えたらうれしい」と観客に語りかけた。

(文・写真 岩渕弘美)

「湯を沸かすほどの熱い愛」(2016年、日本)

監督:中野量太
出演:宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、松坂桃李、伊東蒼

2016年10月29日(土)、新宿バルト9ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://atsui-ai.com/

作品写真:(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会
タグ:イベント
posted by 映画の森 at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする