2016年09月30日

「永い言い訳」完成披露舞台あいさつ 西川美和監督最新作 本木雅弘「立場で受け止め方が異なる深い映画。身につまされて」

「永い言い訳」舞台あいさつ.jpg

 西川美和監督の新作映画「永い言い訳」(10月14日公開)の完成披露試写会がこのほど東京都内であり、主演の本木雅弘、西川監督らが舞台あいさつした。

 「ゆれる」、「ディア・ドクター」の西川監督が自身の小説を映画化。突然の事故で妻を失ったが悲しめない男が、同じ事故で母を亡くした子供たちと出会い、自分を見つめ直す姿を描く。

 西川監督は「発案は(東日本大)震災の年の暮れ頃。多くの人が突然の別れをした中で、誰にも打ち明けられない後味の悪い別れ、思い残しをしている人もいるのではないか、と。(彼らが)その後も続く長く険しい道をどう立て直していくか。体験取材をしながら小説を書き、ようやく完成した」と語った。

本木雅弘.jpg

 「おくりびと」以来7年ぶりの映画主演となる本木は、主人公の人気作家役。役名の「衣笠幸夫」にとても愛着があるという。幸夫との共通点を「自意識のかたまりみたいなところ。正直だけれど屈折しているところがそっくり」と即答。西川監督について「いたぶられるような演出。知性的な言葉を使いつつ低い声で、静かにサディスティックに攻められた」と話し、笑いを誘った。

 西川監督も「(本木と主人公が)ここまで似ていると思わなかった。人間の内面の弱さ、愚かさをあらわにする役。演じるには難しさもあったと思う。珍しく台本を読んだ本木さんの奥様が『あなたそっくり』と言ったと聞き、大丈夫だと思った」と話した。さらに「真剣に一つ一つ悩みながら取り組んでくれた。長い時間一人で作品を書いてきた自分にとって、一緒に船をこいでくれる間柄になってくれた。感謝している」と語った。

nagai_main.jpg

 二人の子供の父親を演じた竹原ピストルは「最初はえらいことになった、と思った。できるか不安はあったが、ベストは尽くせた。子役の玉季ちゃんが上手なうえ、台本にないセリフまでフリースタイルで炸裂させる。僕に即興性がなくてタジタジしてしまった」と話した。子役の玉季は西川監督に向かって「西川組が大好き。また使ってください」と堂々とアピール。大物ぶりを発揮していた。

 最後に本木は「西川監督はシビアな観察眼をもつ男っぽい方ですが、この映画からは母性や優しさを感じた。いろいろな立場で受け止め方の異なる深い映画。ぜひ身につまされてください」とあいさつ。西川監督も「5年かけてじっくりはぐくんだ。生々しく人の血の通った作品ができた。自分の作品で唯一、ほのかな幸福感とともに終わった。家族や大事な人に勧めてほしい」と締めくくった。

(文・写真 岩渕弘美)

「永い言い訳」(2016年、日本)

監督:西川美和
出演:本木雅弘、竹原ピストル、藤田健心、白鳥玉季、堀内敬子

2016年10月14日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

作品写真:(c)2016「永い言い訳」制作委員会
タグ:イベント
posted by 映画の森 at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする