2016年09月21日

「ある天文学者の恋文」オルガ・キュリレンコに聞く トルナトーレ監督最新作「真実の愛は永遠と信じている」

tenmon_sub2.jpg

 名作「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督最新作「ある天文学者の恋文」(2016年9月22日公開)。初老の天文学者と若き教え子の恋愛と死別、その後に起きる謎をミステリータッチで描く。前作「鑑定士と顔のない依頼人」に続き、いくつもの鍵を散りばめて観客を迷宮にいざない、時を超えた愛について問いかける人間ドラマだ。主演のオルガ・キュリレンコが書面インタビューに答え「真実の愛は永遠と信じている」と語った。

 著名な天文学者のエド(ジェレミー・アイアンズ)は、美しく聡明な教え子のエイミー(オルガ・キュリレンコ)との恋愛を満喫していた。ある時、授業中のエイミーの手元に、出張中のエドから「もうすぐ会える」とメールが届く。それと同時に、目の前の教壇に立つ教授が学生たちに「エドは数日前に亡くなった」と告げる。

tenmon_sub1.jpg

 突然の出来事に取り乱すエイミー。時を開けずエドからのメールや手紙、贈り物が次々と届く。エドが生前に手配していたのか。疑問を抱いたエイミーは、エドが暮らしていた英エジンバラへ向かう──。

 エイミー役のキュリレンコは、相手役のアイアンズが目の前にいない状態で演技を続ける。相手役不在の一人芝居に近い。さらに天体物理学の学生役だ。「難しかったけれど、面白かった」と振り返った。

 「恋愛が中心の作品ですが、同時に天体物理学にも焦点をあてなければならず、たくさん準備をしました。天体物理学の学生で、私のまったく知らないことを話す役。インターネットで論文、本の引用など多くの資料を読み、自分が話すことを理解しようとしました」

 トルナトーレ監督作品への出演は初めて。監督を「とても直感の強い人」とみる。

 「すべての監督には違いがあります。トルナトーレ監督についてとても興味深かったのは、脚本やセリフにとても忠実なことでした。脚本に描かれているすべての言葉がとても重要。その方向性に従うのが大事でした。監督はとても直感が強く、同時に人間の心理を完ぺきに理解していました」

tenmon_main.jpg

 愛する人からメッセージが届き続けるのに、本人は目の前にいない。失われたものへの愛情は成立するのか。薄れゆく記憶とどう向き合えばいいか。キュリレンコは「監督は二つとない物語を考え出した」と言う。

 「独特で、そして最も重要なことですがよく練られています。脚本を読んでとても驚きました。話の前提は気が利いていて観る人を引き付ける。主題は興味深い。死の数百万年後、私たちに見える星の一生が対応している点が、とても気に入りました。私は真実の愛は永遠だと強く信じています」

(文・遠海安)

「ある天文学者の恋文」(2016年、イタリア)

監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
出演:ジェレミー・アイアンズ、オルガ・キュリレンコ、シャウナ・マクドナルド、パオロ・カラブレージ、アンナ・サバ

2016年9月22日(木・祝)、TOHOシネマズ シャンテほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gaga.ne.jp/tenmongakusha/

作品写真:(C)COPYRIGHT 2015 - PACO CINEMATOGRAFICA S.r.L.

posted by 映画の森 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする