2016年09月15日

「イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優」公開記念シンポ「女性の生き方、模範示した」

burg_main.jpg

 往年の名女優イングリッド・バーグマン生誕100年を祝し、2015年にカンヌ国際映画祭でプレミア上映された「イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優」。日本公開記念シンポジウム「女優イングリッド・バーグマンの生涯からみる男女役割の変化」がこのほど東京都内で開かれた。基調講演を行ったジャーナリストのウルリカ・クヌートソン氏は「バーグマンはフェミニストの象徴的存在だった」と語った。

 米アカデミー賞主演女優賞を3度も受賞した名女優であるとともに、“恋多き女”として奔放な人生を送ったバーグマン。「イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優」は波乱万丈の生涯を、バーグマン自身が撮影したホームムービーや日記、手紙、家族や関係者へのインタビューなどを通して浮き彫りにしたドキュメンタリー映画だ。

クヌートソン氏.jpg

 クヌートソン氏は、同作の内容を踏まえた上で、女優として、また女性としてバーグマンが歩んだ道を振り返り、彼女が映画界や社会に与えた影響について話した。

 母国スウェーデンで女優デビューしたバーグマン。「女の顔」(38)では顔にやけどを負った女性、ハリウッドに招かれて撮った「ジキル博士とハイド氏」(41)では酒場の女と、イメージにそぐわない役に敢えて挑戦し、役柄の幅を広げていった。「誰が為に鐘は鳴る」(43)では、自慢の長い髪を切り、戦うヒロインを熱演。「この作品を認めなかった原作者のヘミングウェイも、バーグマンの演技には絶賛を惜しみませんでした」

 その後、「白い恐怖」(45)や「汚名」(46)などのヒッチコック作品で全盛を極めるが、イタリア映画「ストロンボリ 神の土地」(49)への出演をきっかけに、監督のロベルト・ロッセリーニと恋に落ち、妊娠。歯科医の夫と離婚し、ロッセリーニと再婚したバーグマンは、非難轟々の末にハリウッドから追放される。

burg_sub1.jpg

 しかし、1956年にハリウッドに復帰するや、「追想」(56)で2度目のオスカーを獲得。たちまちトップスターに返り咲く。その後も順調にキャリアを重ね、晩年は母国の巨匠イングマル・ベルイマン監督の「秋のソナタ」(78)で大女優の貫禄と輝きを見せた。

 「教師、看護師、ピアニスト、アーティスト、宣教師……。50年以上にわたるキャリアを通して、バーグマンは多様なキャラクターを演じ、女性の生き方の模範を示しました。さまざまな意味でフェミニストの象徴的存在でした」

 男性の人生に付き従うのではなく、自らの意思で人生を切り開く――。スクリーンの中でも、実人生においても、バーグマンは女性の模範であり、憧れであり続けた。

 そんなバーグマンの魅力を余すところなくとらえたドキュメンタリー「イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優」。女性の自立と活躍が強く求められる今こそ見ておきたい、先駆的女性の貴重な記録だ。

(文・沢宮亘理)

「イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優」(2015年、スウェーデン)

監督:スティーグ・ビョークマン
出演:イザベラ・ロッセリーニ、イングリッド・ロッセリーニ、ロベルト・ロッセリーニ、ピア・リンドストローム、リヴ・ウルマン、シガニー・ウィーバー

渋谷Bunkamuraル・シネマほかで公開中。作品の詳細は公式サイトまで。

http://ingridbergman.jp/


作品写真:(c)Mantaray Film AB. All rights reserved. Photo: The Harry Ransom Center, Austin
タグ:イベント
posted by 映画の森 at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする