2016年08月18日

「ソング・オブ・ラホール」パキスタン伝統音楽と米ビッグバンド・ジャズ、海を越えて奇跡の共演

sr_main.jpg

 パキスタン北部の都市ラホール。イスラム原理主義者に音楽は禁じられ、伝統音楽家たちは転職を余儀なくされていた。消えゆく文化の先行きに懸念を抱いた彼らは再起を誓い、畑違いのジャズ演奏に一歩を踏み出す──。

 パキスタンの伝統音楽とウィントン・マルサリス率いるビッグバンド・ジャズの共演を追った音楽ドキュメンタリー「ソング・オブ・ラホール」。監督は米アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を2度獲得したパキスタン出身の女性監督シャルミーン・ウベート=チナーイ、米出身アンディ・ショーケン。

sr_sub1.jpg

 タリバンの禁止令で演奏できなくなったラホールの音楽家たち。彼らのに英国で成功した地元生まれの実業家、イッザド・マジードが現れ、私財を投じてスタジオを建設。音楽家たちを集めて「サッチャル・ジャズ・アンサンブル」を結成する。古典楽器で奏でられるジャズはたちまち注目を集め、ネットの動画サイトで高アクセスを記録。英BBC放送にも取り上げられる。

 評判は海を越えて響き渡り、米ジャズ・トランペッターのウィントン・マルサリスの目に留まる。マルサリスは自ら率いるビッグバンドとの共演を計画。ラホールから音楽家たちを招き、ニューヨークでのコンサートを開催する。

 ジャズのスタンダード・ナンバーが、ラホールの音楽家の手で新たによみがえる。ところが異国の環境に萎縮したメンバーは、思うような演奏ができない。マルサリスに受けた厳しいダメ出しを糧に、猛特訓するメンバーたち。緊張に包まれ、ついに本公演の日を迎える。

sr_sub2.jpg

 パキスタンの伝統音楽が持つ精神と、米国で生まれ育ったジャズの出合い。ぶつかることで生じる化学反応が素晴らしい。言葉は通じなくてもメロディーとリズムで心が通う。ミュージシャンたちの静かな感動が伝わってくる。パキスタン伝統音楽の現状を知る上でも貴重な作品。音楽好き、ジャズ・ファンも必見のドキュメンタリーだ。

(文・藤枝正稔)

「ソング・オブ・ラホール」(2015年、米国)

監督:シャルミーン・ウベード=チナーイ、アンディ・ショーケン
出演:ニジャート・アリー、バーキル・アッバース、サリーム・ハーン、アサド・アリー、ラフィーク・アフマド

2016年8月13日(土)、渋谷ユーロスペースほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

作品写真:(C)2015 Ravi Films, LLC

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする