2016年07月25日

「ターザン REBORN」新解釈と最新技術 現代に蘇るヒーロー

tz_sub2.jpg

 古典小説「ターザン」が、新たな解釈と最新技術で再びスクリーンに蘇った。今回のターザンは一味違う。監督は「ハリー・ポッター」シリーズのデビッド・イェーツ。主演はアレクサンダー・スカルスガルド、マーゴット・ロビー、サミュエル・L・ジャクソン。

 英国貴族のジョン・クレイトン(アレクサンダー・スカルスガルド)、またの名をターザン。生後間もなくアフリカの密林で動物に育てられた過去、ロンドンで妻のジェーン(マーゴット・ロビー)と優雅に暮らす現在。二つの顔を持つ男は政府の厚い信頼を受け、外交特使として故郷コンゴへの派遣を打診されていた。

tz_main.jpg

 一方、コンゴはベルギー国王のレオポルド2世の餌食となっていた。国王の右腕レオン・ロム(クリストフ・ヴァルツ)は有力な部族ムボロンゴに対し、ダイヤモンドと引き換えに怨敵のターザンを引き渡すことを密約していた。

 ジョンは米国人のジョージ博士(サミュエル・L・ジャクソン)、妻のジェーンと共に、ロムの陰謀と残酷なジャングルが待ち受けるコンゴへ旅立つ──。

tz_sub1.jpg

 ジャングルを疾走し、木から木へと飛び移る。トレードマークの雄叫びと蔦(つた)のスイング。今回のターザンは従来のイメージを踏襲しつつ、気品も感じさせる。スカルスガルドの役作りに工夫を感じさせる。

 躍動しているのはターザンだけではない。登場する動物は全てCG(コンピューター・グラフィックス)だが、存在感は圧倒的だ。ターザンの自然との調和がスクリーン全体から伝わってくる。

 弱肉強食のジャングルは、かつてそこに君臨したターザンにさえ牙をむく。自然の過酷さがターザンの強さを際立たせている。

(文・魚躬圭裕)

「ターザン REBORN」(2016年、米国)

監督:デビッド・イェーツ
出演:アレクサンダー・スカルスガルド、サミュエル・L・ジャクソン、マーゴット・ロビー、クリストフ・ヴァルツ、シャイモン・フンスー、ジム・ブロードベンド

2016年7月30日(土)、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://wwws.warnerbros.co.jp/tarzan/

作品写真:(C)2016 EDGAR RICE BURROUGHS, INC., WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする