2016年07月09日

「カンパイ!世界が恋する日本酒」小西未来監督に聞く 知るほどに深く「一生追いかけられるテーマに」

「カンパイ!」小西未来監督.jpg

 「日本酒に興味を持って調べていたが、切り口がつかめなかった。そんな時、たまたまロサンゼルスで(岩手の酒造メーカー『南部美人』の蔵元)久慈浩介さんの試飲会に参加した。つたない英語、ジェスチャーと勢いでファンを作る姿に感動し、一緒に日本酒を勉強したいと思った」

 小西未来監督のドキュメンタリー映画「カンパイ!世界が恋する日本酒」が2016年7月9日公開された。英国人の杜氏(とうじ)、米国人のジャーナリスト、日本人の蔵元らの視点から、日本酒の魅力と現在を多角的に切り取る作品だ。

 まず外国人初の杜氏、フィリップ・ハーパー氏。1988年に英語教師として来日し、その後奈良県の酒造メーカーで修行。01年に杜氏試験に合格。今は京都で杜氏として働く。続いて米国人ジャーナリストのジョン・ゴントナー氏。ハーパー氏と同時期に同じプログラムで来日。日本酒の魅力を英語で世界に発信する。さらに南部美人の久慈氏。日本酒の魅力を知らせるべく世界を飛び回る。

「カンパイ!」記者会見.jpg

 小西監督自身も米ロサンゼルス在住。映画ジャーナリストとして活動する傍ら今回の作品を撮り上げた。ところが、米国で接してきた日本酒のイメージは、決して良いものではなかったという。

 「レストランへ行くとたいてい、やけどするぐらいの熱燗(かん)で出てくる。アルコールがたくさん添加された甘ったるいお酒。それが日本酒だと思われていて、ファンがなかなかできない状態だった」

 しかし、取材を通じてハーパー氏の作る日本酒「玉川」に出合い、虜(とりこ)になった。

 「とても濃くて深み、こくがある。マニアックなお酒。作るハーパーさんの人柄も自分にどんぴしゃりだった。久慈さんが作る『南部美人』とは両極端で、同じコメと水でこれだけ違うものができる。幅がすごい。二人に偶然出会って幸運だった」

 作り手と接するほどに日本酒に魅せられていった小西監督。久慈氏は24カ国に製品を売り込み、ゴントナー氏は日本酒の輸出、日本酒について英語で教えるセミナーを開催するなど、世界への発信に力を入れている。ではさらに日本酒の魅力を海外へ広めるには、何が必要だろうか。

 「海外で日本酒を飲むのは、主に現地に住む日本人。日本酒は用語や知識の面で敷居が高い。外国人に『本醸造』、『大吟醸』と言ってもなかなか違いが伝わらない。一番いいのは、日本酒を扱うレストランや店の人が詳しくなること。彼らから直接説明を受け、おいしいと言われれば興味も深まる。僕自身にとっても、一生追いかけられるテーマができた」

kanpai_main.png

(文・遠海安) 

「カンパイ!世界が恋する日本酒」(2016年、日本)

監督:小西未来
出演:ジョン・ゴントナー、フィリップ・ハーパー、久慈浩介

2016年7月9日(土)、シアター・イメージフォーラムほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://kampaimovie.com/

作品写真:(C)2015 WAGAMAMA MEDIA LLC.

posted by 映画の森 at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする