2016年06月16日

「クリーピー 偽りの隣人」日常のゆがみにひそむ心の闇 香川照之が怪演 

cr_main.jpg

 犯罪心理学者の高倉(西島秀俊)は、刑事・野上(東出昌大)に6年前に起きた一家失踪事件の分析を頼まれる。事件唯一の生き残りである長女・早紀(川口春奈)の記憶をたどるも確信できずにいた。一方、高倉が妻の康子(竹内結子)と最近引っ越した新居の隣人・西野(香川照之)はどこか奇妙だった。病弱な妻と中学生の娘・澪(藤野涼子)を持つ西野との会話に翻弄され、困惑する高倉夫婦。ある日、高倉は澪に「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」と告げられ驚く──。

 前川裕の原作小説を、カンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞した「岸辺の旅」(14)の黒沢清が監督した「クリーピー 偽りの隣人」。日常と非日常のゆがみから生まれる恐怖を、独自のスタンスで描いてきた黒沢の新作は、未解決事件の真相を追う心理学者が主人公だ。

cr_sub1.jpg

 奇妙な隣人を演じる香川の怪演が、ねっとりした演技で周囲を巻き込んでいく。西島演じる高倉はかつて刑事だったが、ある失態から辞職。今も警察とつながりがあり、後輩の野上に捜査協力を頼まれるほど信頼されている。西野は一人娘の澪を溺愛している。なぜか昼間も家にいて、高倉の妻・康子と接点が多い。引越し先で近所付き合いを気にかける康子は、話がかみ合わない西野に振り回され、憔悴していく。

 点と点だったエピソードが線になり、驚きの事実が暴かれる。人間の心を闇を巧みにあぶり出す黒沢監督。冒頭の取り調べシーンで感じた違和感が、次第に何らかの予兆になり、西野の怪しさへつながっていく。人間関係をかき乱す香川の変幻自在の演技が作品を引っ張っていく。

cr_sub2.jpg

 しかし、現実的な日常を描く中盤までと、作り込み過ぎたセットが気になる後半のバランスが悪くなったのが惜しい。とはいえ、人気俳優をそろえただけのスリラーにとどまらず、犯罪に巻き込まれる心理、犯罪者の身勝手な欲望を大胆に描いている。最後まで緊張感が持続し、監督の円熟を感じた。

(文・藤枝正稔)

「クリーピー 偽りの隣人」(2016年、日本)

監督:黒沢清
出演:西島秀俊、竹内結子、川口春奈、東出昌大、香川照之

2016年6月18日(土)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://creepy.asmik-ace.co.jp/

作品写真:(C)2016「クリーピー」製作委員会

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする