2016年06月13日

「二ツ星の料理人」食と人のアンサンブル ブラッドリー・クーパー、凄腕シェフの再起好演 

chef_main.jpg

 ブラッドリー・クーパーは不思議な俳優である。「世界にひとつのプレイブック」(12)、「アメリカン・ハッスル」(14)、「アメリカン・スナイパー」(15)と3年連続で米アカデミー賞主演男優賞候補に。ハリウッドのトップに上り詰めているはずなのに、どこか自信なさげで決定打に欠ける。「二ツ星の料理人」はそんなクーパーの個性──突き抜けられない鬱屈をうまく生かした作品だ。

 凄腕シェフのアダム(クーパー)は、酒と女のトラブルで仏パリの二ツ星レストランを追い出された。3年後。英ロンドンで旧友トニー(ダニエル・ブリュール)の助けを借り、新規開店に奔走する。エレーヌ(シエナ・ミラー)、ミシェル(オマール・シー)ら優秀なスタッフを集め、「世界一のレストラン」を作って再起するつもりだった。

chef_sub1.jpg

 目標は料理ガイド「ミシュラン」で三ツ星を取ること。ミシュランの覆面調査員来店に備え、スタッフを教育し、入念に料理のメニューを考えるアダム。星を取ることは、アダムにとって過去の清算と再出発を意味していた。

 しかし、完ぺき主義で短気なアダムに、周囲は翻弄される。かんしゃくを起こし、出来上がった料理をぶちまけるアダム。厨房にはピリピリした空気が流れ、スタッフの気持ちはなかなか一つにならない。ぎくしゃくした空気が流れるところへ、ミシュランの調査員らしき客が来店する──。

chef_sub2.jpg

 二ツ星を辞めさせられた料理人が、起死回生で三ツ星獲得に挑む。すねに傷を持った男をクーパーが好演。女で一つで娘を育てるエレーヌに、強気でさばさばしたミラーがぴったりだ。シー、ブリュールとも過不足ない演技で脇を固める。エマ・トンプソン、ユマ・サーマンの抑えた演技も楽しい。

 監督はメリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツらの群像劇「8月の家族たち」(14)のジョン・ウェルズ。食と人のアンサンブルをうまく料理している。

(文・遠海安)

「二ツ星の料理人」(2015年、米国)

監督ジョン・ウェルズ
出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、オマール・シー、ダニエル・ブリュール、リッカルド・スカマルチョ

2016年6月11日(土)、角川シネマ有楽町、新宿ピカデリーほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://futatsuboshi-chef.jp/

作品写真:Artwork (C) 2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする