2016年06月30日

「ブルックリン」二つの国、二つの愛 ヒロインが選んだ人生は

br_main.jpg

 1950年代、アイルランドの田舎町に暮らす少女、エイリシュ。勤務先の食料品店では、性悪な女主人にこき使われ、ほとほと嫌気がさしている。このまま働き続けても、明るい未来は開けない。エイリシュは会計士をしている姉のサポートを受け、米国で活路を開くことを決意する。

 渡航先はニューヨーク。故郷とは大違いの大都会だ。だが百貨店に職を得たものの、内気な性格が災いし、なかなか職場に適応できない。そんなエイリシュを見かねた同郷の神父から「夜学で簿記を学んではどうか」と勧められる。 

br_sub1.jpg

 会計のプロになるという目標ができたエイリシュ。表情が明るくなっていく。アイルランド移民が集まるパーティーでは、イタリア系の移民である好青年のトニーと出会い、やがて恋仲に。

 地味で野暮ったかった服装や髪型が洗練され、化粧も上達していく。いかにも移民然としていたのが、見る見るあか抜けて都会の女性らしくなっていく。シアーシャ・ローナンが、エイリシュの変化のプロセスを、セリフ、表情、メイクを駆使して、過不足なく表現。絶妙な演技によって、「つぐない」(07)以来2度目のオスカー候補となっている。

 やがて、エイリシュは会計の資格を取得。トニーと手を携え、輝かしい未来へと踏み出すであろうと思われたその時、故郷から悲報が届く。急きょ帰郷することになる。帰郷後の行動は見る者を驚かせ、いらいらさせるに違いない。すでにニューヨークで人生を見出し、トニーという伴侶も見つけた。そこに何の不満があるのか。不安なのか、迷いなのか。だとすれば、何がエイリシュを迷わせているのか。

 二つの国、二つの愛との間で揺れる女心。ラストの決断。見る者の期待を裏切るのか、それとも――。

br_sub2.jpg

 2月に公開された「キャロル」(15)同様、1950年代のニューヨークが忠実に再現されている。ただし今回は移民が住み集うブルックリンが舞台。下町の庶民の質素な生活ぶりに焦点があてられている。エイリシュがトニーの家に招かれ、慌ててスパゲティーの食べ方を特訓するシーン、文章の苦手なトニーが小学生の弟に手紙を代筆してもらうシーンなど、当時の移民社会の現実がユーモラスに活写されていて興味深い。

(文・沢宮亘理)

「ブルックリン」(2015年、アイルランド・英国・カナダ)

監督:ジョン・クローリー

出演:シアーシャ・ローナン、ドーナル・グリーソン、エモリー・コーエン、ジム・ブロードベント、ジュリー・ウォルターズ


2016年7月1日(金)、TOHOシネマズ シャンテほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.foxmovies-jp.com/brooklyn-movie/

作品写真:(c)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイルランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

「ふきげんな過去」二階堂ふみ&小泉今日子共演 18年を経てすれ違う過去と未来

fukigen_main.jpg

 東京・北品川のエジプト風豆料理屋「蓮月庵」で暮らす果子(二階堂ふみ)は、毎日が死ぬほどつまらない。とはいえ、抜け出してどこかへ行くこともできず、無為な夏を過ごしていた。ある日、果子たち家族の前に、18年前に死んだはずの伯母・未来子(小泉今日子)が戻って来る。「あたし生きてたの」。戸籍も抹消された前科持ちの未来子は「自分が果子の本当の母親だ」と言い出す。

 戸惑う果子の家族に対し、未来子はあくまで図々しい。果子と小学生のいとこのカナ(山田望叶)は冷めた目だが、未来子と父・タイチ(板尾創路)はなにやら怪しい関係にも見える。未来子は果子の部屋に居候を開始。つまらない果子の日常に変化が訪れる。

fukigen_sub1.jpg

 「ふきげんな過去」の見どころはなんといっても、二階堂と小泉の共演だ。昭和と平成世代の人気女優が、水と油の間柄を演じ、化学反応に期待が高まる。がむしゃらで正直な果子と、斜に構えて冷静な未来子。二人にあてがきしたようで興味深い。小泉が独特の空気感を作品に与え、一緒に現れた謎の男・康則(高良健吾)が物語のアクセントになる。

 果子の毎日が少しずつ輝き出す過程が、淡々と描かれていく。果子と未来子の家族の記憶は、18年の空白をはさんですれ違っている。未来子は拒絶され二人は対立するが、果子の心の方が変化していく。

fukigen_sub2.jpg

 品川駅前の近代的なビル群と対照的に、果子の住む料理屋の付近はレトロな建物が点在している。まるで過去と現在を象徴するようだ。未来子の「空白の18年」の現実味が薄く、ちょっと浮世離れした点が惜しい。家族が向き合い豆をむくシーンなど、舞台を思わせる演出も印象的。少し変わった時間が流れる不思議な作品だ。

(文・藤枝正稔)

「ふきげんな過去」(2016年、日本)

監督:前田司郎
出演:小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、山田望叶、兵藤公美

2016年6月25日(土)、テアトル新宿ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://fukigen.jp/

作品写真:(C)2016「ふきげんな過去」製作委員会
posted by 映画の森 at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」宮藤官九郎の地獄青春コメディー 神木隆之介、17歳妄想少年を好演

tyt_main.jpg

 普通の高校生・大助(神木隆之介)は、同級生のひろ美ちゃん(森川葵)が大好き。修学旅行中に大助は事故に遭い、目覚めると前には真紅に染まった空と炎。ドクロが転がり、人々が責め苦を受ける地獄だった──。

 宮藤官九郎監督、脚本の新作「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」は、事故で地獄行きとなった主人公が転生を繰り返し、大好きな女子へ思いを告げるまでを、監督ならではの奇想天外な語り口で描いた青春コメディーだ。

tyt_sub1.jpg

 監督の発想は相変わらず突飛で、今回は地獄と青春を組み合わせている。17歳の大助はキスもしたことがない童貞少年。現世への未練たっぷりで地獄に落ち、生への執着は人一倍だ。大助は幸運にも、えんま様の裁きを受ければ、現世に7度転生できるチャンスをつかむ。しかし転生しても人間に戻れるとは限らない。大助は「地獄農業高校」で特訓を積み、さまざまな生き物に姿を変える術を学ぶ。

 宮藤監督が描く地獄はおどろおどろしくない。観客が「行ってみたい」と思えるような、ヘビーメタルが流れる奇想天外な地獄。ポップで楽しい世界だ。監督の脳内には思春期の少年が住み着いているのではないか。その少年が抱く妄想こそが、創作の原動力になっているように感じる。大助を動かすのは「女子とキスしたい」童貞パワー。監督がいつまでも忘れない青臭い情熱が、輪廻転生コメディーに結実した。

tyt_sub2.jpg

 俳優たちの熱演も特筆に値する。地獄パートで悪魔メイクで熱演する長瀬智也をはじめ、桐谷健太、清野菜名、古田新太ら個性派のほか意外な著名人が地獄の住人となって怪演。かなり恥ずかしい役を堂々と演じた神木もいい。

 実際の事故を連想させる部分があるとして、一度は公開延期になった作品。監督の突き抜けた才能が炸裂した1本だ。

(文・藤枝正稔)

「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」(2016年、日本)

監督:宮藤官九郎
出演:長瀬智也、神木隆之介、尾野真千子、森川葵、桐谷健太

2016年6月25日(土)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://tooyoungtodie.jp/

作品写真:(C)2016 Asmik Ace, Inc./TOHO CO., LTD./J Storm Inc./PARCO CO., LTD./AMUSE INC./Otonakeikaku Inc./KDDI CORPORATION/GYAO Corporation
posted by 映画の森 at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

「ブレイク・ビーターズ」表現の自由なき東ドイツ ダンスに熱中した若者の軌跡

bp_main.jpg

 1985年、社会主義体制下の東ドイツ。18歳のフランクは、西ドイツのテレビが放送したブレイクダンスに驚く。それまで見たことがないおかしな動き。テレビの故障かと錯覚するほどだった。早速友人のアレックスを誘い、米国のダンス映画「ビート・ストリート」を見に映画館へ。フランクはすっかり映画に魅了され、友人たちと路上でダンスを踊り始める──。

 しかし、表現の自由が制限されていた東ドイツでは、常に当局が監視の目を光らせていた。「米国生まれの非社会主義的ダンス」はたちまち国家警察に見つかり、フランクたちは逮捕される。取り調べで機転を利かせ、なんとか釈放されるが、父との間に大きな溝ができてしまう。

bp_sub1.jpg

 一方、「ビート・ストリート」のせいで次々生まれる路上ダンスに、政府の「娯楽芸術委員会」は一計を案じる。「ブレイクダンスを社会主義化する」スローガンを掲げ、フランクのチームを招いて踊らせたのだ。委員会はブレイクダンスを「アクロバティック・ショーダンス」と命名。国の「人民芸術集団」として活動を認める。

 政府のお墨付きを得たフランクたちは、専属コーチに練習場、専用バスまで与えられ、国営クラブで巡業をスタート。またたく間にアイドル並みの人気を得る。しかし、チームを枠にはめようとする当局の圧力は次第に強くなり、見えない重石のようにのしかかり始める。

bp_sub2.jpg

 80年代東ドイツの実話をベースにした作品。ヤン・マルティン・シャルフ監督の長編デビュー作だ。ダンスを通じて生まれる友情、恋愛。青春の光と影が90分でコンパクトに、テンポよく描かれる。俳優がスタントなしで演じたダンスの高揚感に、観客が素直に共感できる。東ドイツが自由を得た今だからこそ、当時を振り返って描けた作品だ。

(文・藤枝正稔)

「ブレイク・ビーターズ」(2014年、ドイツ)

監督:ヤン・マルティン・シャルフ
出演:ゴードン・ケメラー、ゾーニャ・ゲルハルト、オリバー・コニエツニー、セバスチャン・イェーガー

2016年6月25日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.break-beaters.jp/

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

「葛城事件」砕け散る理想の家族 暴君の父演じた三浦友和、迫真の名演技

ka_main.jpg

 葛城清(三浦友和)は、父親から継いだ小さな金物屋を経営している。些細なことで癇癪(かんしゃく)を起こし、弱い者に攻撃の刃を向ける。家族はそんな清に逆らうこともできず、黙って耐え忍んでいる。だがある日、我慢もついに限界を超えて――。

 一人の強権的な男が招く家族の悲劇を描いた「葛城事件」。清は幸福な家庭には育たなかったのだろう。だからこそ、結婚したら理想的な家庭を築きたかったのかもしれない。そういう気持ちは納得できる。だが、やり方が間違っている。マイホームの設計から息子の進路まで、すべて自分で決めてしまう。妻の伸子(南果歩)には一切口出しさせない。異論は許さない。専制君主なのだ。


ka_sub1.jpg


 長男の保(新井浩文)は、いわゆる“いい子”。清の期待に応え、一流企業に就職して結婚もした。しかし、性格が弱いために営業成績が上がらず、リストラされてしまう。妻(内田慈)や清にはクビになったことを隠し、就職活動を続けるが結果が出ず、追い詰められる。一方、次男の稔(若葉竜也)は、バイトからバイトへと渡り歩くフリーター。清にとっては恥ずべき存在なのだろう。つねに邪険に扱われている。

 二人とも清という暴君の犠牲者である。伸び伸びと育てられなかった。それで対人関係、社会関係に問題が生じた。しかし、清はそれが自分の責任であることに気づかない。自分のやることは常に正しいと信じて疑わない。

 だから自分が非難されたり、反撃される理由が分からない。本人にすれば、家族への暴言も善意なのだ。愛想を尽かし逃亡した妻と次男の居場所を突き止め、踏み込む場面で見せる常軌を逸した暴力。それも彼らの理不尽な裏切りに対する、正当な仕打ちだったに違いない。

ka_sub2.jpg

 しかし、そんな清の行動は、崩れかけた家庭に対し、とどめの一撃ともいうべきダメージを与えてしまう。かくして家庭は無惨な結末を迎える。すべてを失った後もなお、思い描いた“理想の家庭”という幻影から逃れられないかのように、一人家に留まる清。狂気を帯びた姿にぞっとさせられる。

 誇張し過ぎればリアリティーを薄めるし、ステレオタイプに演じると嘘っぽくなる。三浦友和は感情や神経のすべてを絶妙にコントロールし、これ以上ないほどの迫真性を生み出している。一世一代の名演と言っていいだろう。

(文・沢宮亘理)

「葛城事件」(2016年、日本)

監督:赤堀雅秋
出演:三浦友和、南果歩、新井浩文、若葉竜也、田中麗奈、内田慈

2016年6月18日(土)、新宿バルト9ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://katsuragi-jiken.com/

作品写真:(c)2016『葛城事件』製作委員会

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする